「X-メン」の版間の差分

2,074 バイト追加 、 2011年5月24日 (火) 06:55
編集の要約なし
:ウルヴァリンの元フィアンセである女サイボーグ。別名、付き指知らず。本名はユリコ・オーヤマ。
;アバランチ
:自信をつける・・・じゃなくて地震を起こす能力。[[金正日]]といっしょ。
;スカーレットウィッチ
:能力は[[ハルヒ]]といっしょ。通称歩くもしもボックス。思い悩んだすえに、MによってSが支配される世界を作りあげた。そして、Sに支配されることを望んだMの一族と、Mを支配しないことによって痛め付けようとしたSの一族との戦争が始まったのだ。
=== その他===
[[Image:Deadpool.jpg|thumb|デッドプール]]
{{ニコニコ大百科|デッドプール}}
;デッドプール
:ウルヴァリンの知り合いである、後天的ミュータント。当時肺がんを患っていた彼は、ミュータントになって、『死ににくい程度の能力』を得た際、がん細胞が全身に転移し、精神に異常をきたし、キ×ガイになった。
:ウルヴァリン愛称は[[くま知り合いプーさん|プーさん]]、デップー。口癖は「俺の右に出るウルヴァリンはいねえ!」。
:あまりにもキ×ガイだったため、日本のアメコミファンに広く知られている。さらに、MARVEL VS. CAPCOM 3 Fate of Two Worldsへの参戦が決まり、今まで以上に有頂天になった。そして、[[昇龍拳]]を乱発するようにしたり、ライフバーどで人を殴ったりやりたい放題やった。
:てか、この項目おかしくねぇ?俺ちゃんだってX-MENだぜ?
:ちなみに恋人は[[死神|死の女神・デス]]。デスに惚れてたサノスというゴリライモがやきもちを焼いたため、デッドプールに不死の呪いをかけたが、当のデスはデッドプールと何度も会ってた。
:お前ミュータントじゃなくてミューテイトだろって?いんだよ細けぇ事は!日本人でミュータントとミューテイトの違いが分かる奴なんていないだろ?
 
:いいからさっさと俺をX-MENの項目に移動させろよ'''''バンバンバンバンバンバーン!!!!'''''
:<span style="background-color: #FFFF00">てか、この項目おかしくねぇ?俺ちゃんだってX-MENだぜ?</span>
:<span style="background-color: #FFFF00">お前ミュータントじゃなくてミューテイトだろって?いんだよ細けぇ事は!日本人でミュータントとミューテイトの違いが分かる奴なんていないだろ?</span>
:<span style="background-color: #FFFF00">いいからさっさと俺をX-MENの項目に移動させろよ'''''バンバンバンバンバンバーン!!!!!!!!'''''</span>
:<span style="background-color: #FFFF00">てかフキダシ邪魔!!</span>
 
;X-23
:ウルヴァリンのクローン。元娼婦。
:ウルヴァリンいわく「[[俺の妹がこんなに可愛いわけがない|俺のクローンがこんなに可愛いわけがない]]」。
;ダケン
:ウルヴァリンの息子。モヒカン。
:ウルヴァリンいわく「[[俺の妹がこんなに可愛いわけがない|俺の息子がこんなに高身長でバイなわけがない]]」。
 
他にも、[[チューバッカ]]ぽいのとか、手から[[火]]が出るのとか、[[氷]]が出るのとか、たくさん出てくるよ。来週も見てね。
 
;[[ディズニー]]・アマルガム
:ディズニーがマーベルを買ったため、他のマーベルコミックのキャラクターともどもディズニーキャラクターと融合した。
[[Image:Marvel zombie.jpg|thumb|ゾンビ化したウルヴァリン]]
;マーベル・ゾンビーズ
:マーベル世界のキャラクターがほぼ皆[[ゾンビ]]化した作品。正史ではない。
 
== 他メディアでの活躍 ==
:ウルヴァリン単独主演作品。
=== コンピュータゲーム ===
[[Image:Marvel team.JPG|thumb|MARVEL VS CAPCOMシリーズより]]
;X-MEN Children of The Atom
テレビ版X-MENの冠スポンサーが[[カプコン]]だった故に実現したゲームソフト。[[豪鬼]]が隠しキャラとして出ていたことをマグニートーから教わったアポカリプスが後々に彼を拉致して洗脳して改造した。
;MARVEL SUPER HEROES
『インフィニティ・ジェム』を原作としたゲーム。『[[ヴァンパイア]]』シリーズからアニタが応援に駆けつけてくれた。
;X-MEN VS. STREET FIGHTER
[[ストリートファイター]]シリーズとのコラボ。サイクロプスが[[リュウ]]と握手を交わしたことで話題となった。しかし、その際アポカリプスが豪鬼を洗脳して[[サイボーグ|メカ豪鬼]]にするという狼藉を働いた。
また、アポカリプスが豪鬼を洗脳して[[サイボーグ|メカ豪鬼]]にするという狼藉を働いた。
;MARVEL SUPER HEROES VS. STREET FIGHTER
上記の続編。この際、ウルヴァリンは『X-MEN Children of The Atom』から出演していたため、皆勤賞メダルをもらった。
また、オメガレッドがリュウを殺害した。(ただし、これは正史に数えられなかった)
;MARVEL VS. CAPCOM CLASH OF SUPER HEROES
『オンスロート』を原作としたゲーム。ガンビッド、ウルヴァリンがプレイアブルキャラクターとして参加。ローグやマグニートーらもスペシャルパートナー(ストライカーおよびアシスト)として参加。
また、マグニートーは騒ぎを起こしたお詫びとして、自分の能力をコピーして[[ロックマン]]にそれをプレゼントした。
;MARVEL VS. CAPCOM 2 NEW AGE OF HEROES
ウルヴァリンらのほかに、サイクロプス達が参戦。
;MARVEL VS. CAPCOM 3 Fate of Two Worlds
ウルヴァリンらが参戦。デッドプールの参戦が彼のファンを狂喜させた。
ただし、サイクロプスの参戦が見送られたため、ブーイングも起き、フェニックスが参戦したことでプレイヤーたちはガンメン蒼白となった。
 
=== 実写映画版 ===
;X-MEN
;ウルヴァリン : X-MEN ZERO
実写版X-MENのスピンオフ。デッドプールが原作とかけ離れていたため、原作のデッドプールが映画版のデッドプールを殺すファンアートまでできた。
また、MVC3ではデッドプール本人がこの映画を否定する発言をした。
 
== 各界の評価 ==
匿名利用者