「アイアンマン」の版間の差分

351 バイト追加 、 2011年6月29日 (水) 00:34
編集の要約なし
[[Image:Hulk Final.JPG|thumb|逆ギレ合戦の様子]]
;ワールド・ウォー・ハルク 逆ギレ合戦
:地球で暴れすぎたため、ドクター・ストレンジらによって宇宙に追放されたハルクが、宇宙で得た仲間たちを連れて地球をめちゃくちゃにしようと飛来してくる逆ギレストーリー。
:ヒーローたちの間ではすっかり悪者と化していたトニーだが、当然地球のピンチとなれば立ち向かう。また、シビルウォー以降アンチ・トニーとして結成されたニューアヴェンジャーズも登場し、地球のためにしぶしぶ共闘することになる。
;ダークレイン
:S.H.I.E.L.D.の長官にまで上り詰めていたトニーだが、ノーマン・オズボーン(映画でもお馴染みのグリーンゴブリンの人。この頃は公にも顔が利く地位にいる)の策略によりクビにされるだけでなく社会的にも危うい状態に立たされる。
:ノーマン相手に力で勝てないと知ったトニーは、ノーマンの悪者っぷりをニコ生に放送し、彼の地位を奪うことに成功すると言うセコい勝ち方をした。
:そして、オズボーンの天下も長くは続かず、オズボーンは友人であるドクター・ドゥームに反乱を起こされるわ、タスクマスター&デッドプールに自分の預金を引きだされるわで、アイアンマンにしてきたことがオズボーン自身に跳ね返った結果となった。
 
===実写映画版===
:身長42メートル。体重は5200トン。スピードはマッハ20である。
:太陽光をエネルギーとしたエコなロボットなのだが、地球上では3分間しか活動できない。制限時間が過ぎると、しぼんでしまう。
:「大怪獣バトル ウルティモ銀河伝説 THE MOVIE」では、数え切れないほどのウルティモが出演し、さらには光の国の初映像化が話題を呼んだ。さらに、2010年冬には続編の「ウルティモゼロ THE MOVIE 超決戦!宮迫銀河帝国」が公開され、そのPRとしてウルティモゼロが主役のVシネマを二本発売予定。
 
[[Image:ドゥーム.jpg|130px|right|thumb|ぼくらの悪魔博士]]
:外見と言い、立場と言いすべてに置いてバットマンのアルフレッドとキャラがかぶっているため、実写映画版では被るのを避けるためにプログラムにされ、声のみの存在となった。
 
;ハッピー・ホーガン
:映画版の監督。
:アイアンマンの運転手。[[ハルク・ホーガン|「アイアムナンバーワン!」]]
:盲目のヒーローが営む行列のできない法律相談所に勤務していたが、経営難で倒産したため、トニーの運転手兼、映画監督兼、ボクサーとして働き出したところ、見事に大当たり。
;[[X-メン]]
:云わずと知れた[[ミュータント]]団体。毎週日曜日の朝7時半から絶賛放送中。
:「DX超合金センティネル・ロボ」「レーザー眼鏡」「アダバン付け爪」「えっくすめんソーセージ」「えっくすめん変身パジャマ」など、数々のヒット商品を生み出した。
:2000年にハリウッドにて実写化され、2010年現在4作品の映画が公開されている。また、今後も映画版を製作していく予定である。
:最初はサイクロプスが主役で始められたシリーズだが、監督と脚本家がウルヴァリンに惚れ込み、またサイクロプスが監督と脚本家に意見したことがきっかけで、ウルヴァリンが主役のシリーズへと変わった。
:それに伴い、実写版もウルヴァリンが主役である。
:何度かアイアンマンの世話になっている。また、彼らの敵であるオンスロート(実はX教授とマグ[[ニート]]の融合体)はアイアンマンの所属するアベンジャーズに何度も嫌がらせを行っている。
[[Image:スパイだー.jpg|70px|thumb|すぱいだー  まん]]
;デアデビル
:ホーガンの元上司。盲目のヒーローその人である弁護士。
 
;[[スパイダーマッ]]
:日本でもおなじみの特撮ヒーロー。本名、ピーター・パーカー。
:悪の組織ケツ十字団から、ホ☆いつの間にか地獄から来たあどけない野生の少女を守る男に希望を見た男に咽びく男に味方する男の友情を信じる男を粉砕するマシーン☆デブの服臭に萌えるキノコ狩りの男キラーの100m先に落ちた曇りなき真実を爆弾で粉砕する男の停電を阻止する哀れな「スパイダーマとモンスター教授」をリーダーとするケツ十字団が地獄に落ちた音を聞き取る正義のクソマァ退治の専門家とすり替えておいた情け無用の男の友達である。
:アイアンマンとは金蔓(トニー)と金食い虫(ピーター)という関係だった。
:トニーは彼に機械のスーツを作ってあげるなど、優しく接していたが、シビルウォーではクモ男が反対派に付いたため、トニーに無残にも血祭りに挙げられた。
[[Image:FF4.jpg|130px|thumb|リード・リチャーズ]]
;[[ファンタスティック・フォー]]
:ヒーロー団体。ドクター・ドゥーム討伐のために共闘したことがある。
:シビルウォーでは、リーダーであるリードがトニーの味方に、その妻であるスーザンが反対派についた。そのことが切っ掛けで、二人は離婚寸前にまで追い込まれた。
:所詮、夫婦の愛なんてそんな程度である。
 
=== S.H.I.E.L.D. ===
スタークインダストリーズの株主集団。
[[ファイル:サミュエル.jpg|thumb|ニック・フューリー|100px]]
;[[ニック・フューリー]]
:アイアンマンをモノクロにしたような感じの男。[[ウンジャマラミー]]とウラミーのような関係ではない。
:ライダーマンのような立ち位置。トニーに面倒を押しつけられてグレて対決したり、独自に犯罪者相手に虐殺行為を行ったり、共通の目的のために手を組んだりを繰り返している。
:マヴカプ1ではアイアンマンが版権関係で出られないので代わりに出て上げた。
 
=== アベンジャーズ ===
アメリカを守るコスプレ集団。アイアンマンが所属している。
 
;[[キャプテンアメリカ]] [[ファイル:キャプテン.jpg|thumb|キャプテン アメリカ|100px]]
:なお、グレイハルクという別人格がおり、そっちの知能は科学者と同じぐらいだが、[[皮肉屋]]で[[快楽主義者]]。そのため、用心棒になったこともあった。
 
;ハッピー・ホーガン
:映画版の監督。
:アイアンマンの運転手。[[ハルク・ホーガン|「アイアムナンバーワン!」]]
:盲目のヒーローが営む行列のできない法律相談所に勤務していたが、経営難で倒産したため、トニーの運転手兼、映画監督兼、ボクサーとして働き出したところ、見事に大当たり。
[[Image:スパイだー.jpg|70px|thumb|すぱいだー  まん]]
;デアデビル
:ホーガンの元上司。盲目のヒーローその人である弁護士。
 
;[[スパイダーマッ]]
:日本でもおなじみの特撮ヒーロー。本名、ピーター・パーカー。
:悪の組織ケツ十字団から、ホ☆いつの間にか地獄から来たあどけない野生の少女を守る男に希望を見た男に咽びく男に味方する男の友情を信じる男を粉砕するマシーン☆デブの服臭に萌えるキノコ狩りの男キラーの100m先に落ちた曇りなき真実を爆弾で粉砕する男の停電を阻止する哀れな「スパイダーマとモンスター教授」をリーダーとするケツ十字団が地獄に落ちた音を聞き取る正義のクソマァ退治の専門家とすり替えておいた情け無用の男の友達である。
:アイアンマンとは金蔓(トニー)と金食い虫(ピーター)という関係だった。
:トニーは彼に機械のスーツを作ってあげるなど、優しく接していたが、シビルウォーではクモ男が反対派に付いたため、トニーに無残にも血祭りに挙げられた。
[[Image:FF4.jpg|130px|thumb|リード・リチャーズ]]
;[[ファンタスティック・フォー]]
:ヒーロー団体。ドクター・ドゥーム討伐のために共闘したことがある。
:シビルウォーでは、リーダーであるリードがトニーの味方に、その妻であるスーザンが反対派についた。そのことが切っ掛けで、二人は離婚寸前にまで追い込まれた。
:所詮、夫婦の愛なんてそんな程度である。
[[Image:Antman-001.jpg|90px|thumb|蟻と戯れるアントマン]]
;[[アントマン]]
[[Image:X Men chibi.jpg|120px|thumb|突変戦隊     えっくすめん]]
 
;[[X-メン]]
:云わずと知れた[[ミュータント]]団体。毎週日曜日の朝7時半から絶賛放送中。
:「DX超合金センティネル・ロボ」「レーザー眼鏡」「アダバン付け爪」「えっくすめんソーセージ」「えっくすめん変身パジャマ」など、数々のヒット商品を生み出した。
:2000年にハリウッドにて実写化され、2010年現在4作品の映画が公開されている。また、今後も映画版を製作していく予定である。
:最初はサイクロプスが主役で始められたシリーズだが、監督と脚本家がウルヴァリンに惚れ込み、またサイクロプスが監督と脚本家に意見したことがきっかけで、ウルヴァリンが主役のシリーズへと変わった。
:それに伴い、実写版もウルヴァリンが主役である。
:何度かアイアンマンの世話になっている。また、彼らの敵であるオンスロート(実はX教授とマグ[[ニート]]の融合体)はアイアンマンの所属するアベンジャーズに何度も嫌がらせを行っている。
;ミス・マーベル
:マーベル・コミック社社長秘書であり、アヴェンジャーズのメンバー。力が強い。
匿名利用者