メインメニューを開く

Uncyclopedia β

差分

ゲルマニウム

4 バイト追加, 2011年7月13日 (水) 23:23
工業分野での利用法
[[ラジオ]]やダイオードの原料に長らく利用されてきた。
最近の研究で明らかになったことであるが、固体ゲルマニウムは32℃以上に加熱すると自由電子(マイナスイオンとする異説あり)を永久的に放出するという性質がある。この性質は現在ブレスレットやネックレスといったつまらない健康グッズの類にしか利用されていない。しかし、固体ゲルマニウムが32℃以上になる環境下で自由電子(またはマイナスイオン)を放出し続けるということは、最近の研究で明らかになったことであるが、固体ゲルマニウムは32℃以上に加熱すると自由電子([[マイナスイオン]]とする異説あり)を永久的に放出するという性質がある。この性質は現在ブレスレットやネックレスといったつまらない健康グッズの類にしか利用されていない。しかし、固体ゲルマニウムが32℃以上になる環境下で自由電子(またはマイナスイオン)を放出し続けるということは、'''固体ゲルマニウムから無限に電気的なエネルギーを取り出し続けることが可能であることを意味している'''。もし放出された自由電子(またはマイナスイオン)を有効に利用できれば、'''32℃以上の環境下で動作する[[永久機関]]を制作することも可能'''と考えられる。
そう、この事実が分かってしまった以上、もはやラジオやらブレスレットやら岩盤浴やらツボ押し器やらに熱を上げている場合ではないのだ。人類の夢と希望がかかったゲルマニウム永久機関の研究・開発が、今後いっそう発展していくことを願ってやまない。
46,607
回編集