「X-メン」の版間の差分

409 バイト追加 、 2011年12月30日 (金) 21:06
編集の要約なし
;オメガレッド
:ウルヴァリン個人の敵であるKGB関係者。やっぱりウルヴァリン個人の敵であるヤクザでニンジャの円谷(ツラヤバ)さんとつるんでいる。特技は[[おねしょ]]。抱くと吸われる。
;センチネル
:反ミュータントを掲げる科学者が開発したミュータント殺戮ロボ。しかし一般人までをも殺してしまい取り返しのつかないことになった。
 
==== ブラザーフッド ====
;MARVEL VS. CAPCOM 2 NEW AGE OF HEROES
:ウルヴァリンらのほかに、サイクロプス達らが参戦。この作品ではウルヴァリンが2種類(アダマンチウム有りとアダマンチウム無し)も選べる。
:本作のみ『X-MEN』からケーブルとマロウが参戦している。また、この作品からセンチネルが隠しキャラ扱いで参戦するようになった。よっぽど高性能だったのか、続篇のマブカプ3にも参戦し、人気を博した
;MARVEL VS. CAPCOM 3 Fate of Two Worlds
:シリーズ初の3D作品。ウルヴァリンらが参戦。デッドプールの新規参戦が彼のファンを狂喜させた。また、『X-MEN』からはX-23という<del>一人[[ニトロプラス]]</del> 美少女も新しく参戦した。
匿名利用者