メインメニューを開く

Uncyclopedia β

差分

緊急警報放送

24 バイト追加, 2012年2月1日 (水) 12:14
編集の要約なし
{{ウィキペディア}}
'''緊急警報放送'''(きんきゅうけいほうほうそう)とは、地震が予知された場合に、放送に特殊な信号を乗せ、受信装置のスイッチを強制的にONすることで、地震の危険を伝えるものである。通称EWS。
[[デジタル放送]]でも、このシステムは継承されており、対応する受信装置では、デジタル放送を受信して常時その伝送情報[[TMCC]]を解析するだけで緊急警報放送に対応することができる。なお、電源OFF時に伝送情報を解析するには、デコーダー以外のほぼ全回路を動作させておく必要がある。
[[NHK]]は毎月1日の正午前、民放の多くは月に1回程度、放送終了時にテスト信号を流している。<ref>過去に2回、テスト信号と間違えて本物の信号を流した事があるが、誰も気がつかず全く実害は無かった。良かったよかった。過去に2回、テスト信号と間違えて本物の信号を流した事があるが、誰も気がつかず全く実害は無かった。良かったよかった。</ref>
== 註 ==
匿名利用者