メインメニューを開く

Uncyclopedia β

振動障害

白蝋病から転送)
医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。

振動障害(しんどうしょうがい)とは、体力の衰えた建設作業員や山林労働者が作業現場での労働に嫌気がさし、「通院するだけの簡単なお仕事」に転職するための、仮病の一つである。

目次

概要編集

ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「振動障害」の項目を執筆しています。

削岩機、チェーンソー、電マとか、振動する道具を長期間にわたって使うと、手がしびれる。しびれたって、日常生活に支障はないが、偉い人が、これは病気であると言ったものだから、病気になってしまった。 年をとって手が震えるのも、正座をして足がしびれるのも、広義の振動障害である。

労災保険編集

病気なんだから、様々な人が振動障害になっていてもいいようなものだが、不思議なことに、振動障害の療養をしている人に健康保険で療養している人はいない、日本中どこを探しても労災保険で療養している人しかいない。

認定基準編集

建設作業員か山林労働者として、通算して1年以上働くと、振動障害として扱われるので、ニートは振動障害にはならない。実際、振動障害になっているかどうかは関係がないが、人生のどこかで1年以上は働かないといけないため、この認定基準は過酷すぎるという意見がある。

通院が仕事編集

振動障害と扱われると、そこから通院生活が始まる。この通院生活は、1年2年ではない。10年20年、場合によっては死ぬまで通院しなければならない過酷な人生が始まる。意味のない長期間にわたる通院をしなければならない制度は人間の尊厳を踏みにじるものである。

人生最期のとき編集

振動障害で死ぬことはない(肩こりや腰痛で死なないでしょ?)が、死ぬ直前は悲惨である。家族に看取ってもらえない。(理由は、wikipediaの履歴を読め。)

感染性編集

労災保険における振動障害は、ウイルス性であり、他人に感染するものである。だって、3丁目の○○さん、家族全員が振動障害だし、向こう三軒両隣に振動障害の患者がいるよ。

  この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)