メインメニューを開く

Uncyclopedia β

目 (描画エンジン)

(め)とは、プレイステーション3も裸足で逃げ出す超ハイスペックな3D描画エンジンである。

概要編集

3D描画エンジンは複雑な計算を用いるため、その発展は日進月歩だった。初期の3D描画エンジンとしては、コンピュータゲームのスターフォックスバーチャファイターに実装されていたものが身近に知られている。そしてそこから3D描画エンジンはコンピュータゲームなどを中心として、熾烈なスペック競争を繰り広げた。その中で生まれたのが、美麗なグラフィックを謳い文句としたプレイステーション3Xbox 360である。しかし、その熾烈なスペック競争に圧倒的な高スペックで終止符を打った3D描画エンジンが現れた。それがである。

描画スペック編集

 
膨大な数のポリゴンで描かれた映像。床へのリアルな映り込みも再現している。この映像が滑らかに動く。
 
複雑な光の反射と屈折を再現した映像。柔らかい影も複雑な描画計算で再現されている。
秒間数兆ポリゴン
目は1秒間に数兆ポリゴンを描画する。このため、滑らかな物体においてもポリゴンの角はまず検知できない。
高いフレームレート
膨大な数のポリゴンを描写するのにも関わらず、フレームレートは60FPS以上を維持し、処理落ちは発生しない。
反射・映り込み
目は複雑な光の屈折・反射・映り込みも計算し、リアルな映像を再現する。
目は複数の光源や反射光から作られる複雑な影も計算し、リアルな映像を再現する。
超高解像度
目の解像度は、個体によって差があるが、最高で22,000×15,000を発揮する。これはフルHDの実に160倍の解像度である。個体によって解像度が落ちたり劣化したりすることがあるが、付属品の眼鏡を装着することで最高に近い解像度を再現できる。アンチエイリアス処理も施されており、ジャギーはまず確認されない。
3D表示
目は物体を立体的に表示できる。しかも、ニンテンドー3DSや3Dテレビのような画面酔いは発生しない。

関連項目編集