メインメニューを開く

Uncyclopedia β

直視の魔眼

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「直視の魔眼」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

直視の魔眼(ちょくし-まがん)とは、特殊な眼力により他人の心理的健康を害する能力の名称。選ばれし者のみが使用できるという高等スキルである。

目次

概要編集

 
実に不快である。

そのスキルは主に密閉空間(教室や電車等)において存分に発揮される。気になる対象を見つめ続けることにより、限りないくらいに対象に不快感を与えることが出来る。 連続使用は白黒パンダな方々がお迎えにきてしまう可能性があるのでお勧めできないが、選ばれし者はハッキリ言って空気が読めないので気にはならない。

詳細編集

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、ガンダルフがファンゴルンの森で再び現れることや、俺こそが伝説の怪物(I am Legend)だったことや、アンチスパイラルはスパイラルネメシスから宇宙を救おうとした螺旋族の成れの果てであることや、フィーネの魂が宿ったのは暁切歌ではなく月読調であることや、電人HALを展開するパスワードは「1/1000000000000000000」であることや、ヴァン・ホーエンハイムは人の形をした賢者の石であることや、クラウド・ストライフはソルジャーではなく一般兵であることや、月宮あゆは生霊のようなものであることや、ガタノゾーアに石にされたティガは、世界中の子供達から贈られた「光」によって復活することや、吾輩」は偉そうな事言った挙句に酔っ払って溺れ死ぬことや、ウィキペディアアンサイクロペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、救急箱を手放さないようにしてください。

元々は、近視と呼ばれる、物がぼやけて見える目である。症状が深刻になるにつれて、目を細めないと物が見えなくなり、いつの間にか人を不快にさせるレベルに達してしまった。普段は眼鏡をかけることで能力を抑えているが、近視が強力になれば、それも不可能となる。

野比のび太が能力を発動させると、目が3になることは、あまりにも有名である。

魔眼反し編集

  • ヤクザやDQNなど、ガンをとばす能力者に魔眼を使用すると、逆に直視し反される恐れがある。その際は、「なに見てんだよ」の呪文を併用される為、こちらの能力は行使できない。
  • また、女子高生と呼ばれるモンスターに使用すると、集団で魔眼反しを受けるうえ、「ナニアレヤーダ」や「この人痴漢です!」等の呪文をかけられる。
  • 何故か能力者同士は、互いに目を反らし合う。

注記編集

一部において、これをエクストリーム・スポーツだと解釈する研究者もいるが真偽は不明。

関連項目編集


この項目「直視の魔眼」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)