メインメニューを開く

Uncyclopedia β

福袋争奪戦

Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「福袋争奪戦」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

福袋争奪戦(ふくぶくろそうだつせん)とは、正月の百貨店などで発生する、コミケとも似た福袋をかけた人間の死闘、あるいは老若男女多彩な人たちが集って行うおしくら饅頭大会オフのことである。捉え方は貴方次第。一般向けコミケとも。

目次

概要編集

 
福袋争奪戦の様子。

主に有名百貨店などで開催される。福袋自体はどこでも売られているが、争奪戦が行われるのはごく一部である。しかしその一部ではコミケに向かう戦士も真っ青な状況となる。参加者は主に女性で、女による血みどろの戦いが繰り広げられる。百貨店などの初売りなどに合わせて行われ、徹夜で並ぶ客が大量発生する。眉間に皺を寄せ、怒涛の勢いで迫る大勢の客に可愛い売り子も冷や汗ダラダラになる。(しかし営業スマイルは忘れない)

…実はコミケの方が平和ではないかという説も。コミケはその分暑いけど。

有名開催地編集

コミケでいうシャッター前などに当たる、有名かつ危険な、玄人向け開催地。

  • 松屋銀座
  • 日本橋三越本店
  • 銀座三越
  • 伊勢丹新宿店
  • 高島屋東京店
  • 阪急百貨店うめだ本店
  この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

近年の新たな福袋争奪戦編集

最近の不景気の傾向を見て、西武百貨店の池袋本店などでは野菜詰め放題といった、実用型のものが人気となっている。福袋ではないのでは?という意見もあるが、そんなことは争奪戦には関係無い。ひたすら他人を押しのけ、目的の商品をゲットするだけである。

また、マンションといったものを入れる場合もあるが、流石に袋に詰めるのは無理(四次元ポケットを使えば可能)なので目録という名の紙切れを入れたりする。

争奪戦の後編集

無事に争奪戦に勝利した者は、他の勝利した者と喜びを分かち合い、中身を交換し合ったりする。ここらへんもコミケと似ている。また、福袋の中身がオークションに出展されることも多い。このときの中身交換などで道路の通行の妨げとなり、警察が出動する。しかし当の本人たちは誰も気にしない

…やっぱりコミケの方が平和な気がしなくもない。

関連項目編集


この項目「福袋争奪戦」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)