メインメニューを開く

Uncyclopedia β

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「空港」の項目を執筆しています。
理想的な空港建設地
バビロン空中庭園

空港(くうこう)とは、空中にあるのことで、空想上の存在である。

港とは河川に接続していることが大前提となる。当然、陸上に水場から孤立したものを作ることは自由だが、ただ自由なだけで現実には意味がない。大型船舶用に対地高度2~10メートル程度の空中に作ることは理論上可能であるといえるが、現実にはタラップなどを利用すればすむため、費用対効果の面からみて意味がなく、実際に作る人間はキチガイ馬鹿にすぎない。

目次

「空港」批判編集

本来、空港は空想の産物にすぎないのだが、現実に空港を作っているキチガイもいる。ただし、空中につくらず、陸上に建設した上、船でなく航空機を運用するための基地になっている。そのため、識者からは、「ああいうものは空港とはいえず、空港という言葉はレイプ換骨奪胎されている。」と批判されている。しかたないので、本稿ではそんなぴーがつくった、いわゆる「空港」についても解説する。

いわゆる「空港」に要求される機能編集

 
いわゆる「空港」の一例
 
これもいわゆる「空港」

航空機運用能力編集

上述したように、本来必要とされるのは船舶の運用能力なのであるが、いわゆる「空港」では航空機を運用する能力が必要とされており、そのための施設を備えている場合も多い。

CIQ編集

国際路線の就航する空港に必要な機能としては、「Circus」(サーカス)「Internets」(インターネッツ)「Question」(問題)が重要であり、略してCIQといわれる。その他にもおまけとして「Polish」(研磨)を追加して「CIQP」とする場合もある。

間違っても、「Customs」(通関)「Immigration」(出入国管理)「Quarantine」(検疫)「Police」(警察)の略称ではない。そんなこといってると、検閲により削除されるよ。

主な空港編集

関連項目編集


  この空港は一生懸命作られましたがマスコミの評価は手抜き工事です。
優しい業者さんに補修工事をしてもらえたら国民も現場の人も喜ぶでしょう。 (Portal:スタブ)