メインメニューを開く

Uncyclopedia β

第三次世界大戦

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「第三次世界大戦」の項目を執筆しています。

第三次世界大戦(だいさんじせかいたいせん WW3)とは、世界各国で開催が望まれている一大イベントである。

目次

概要編集

第二次世界大戦終了後、冷戦という湿った嫌がらせの応酬はあったものの「世界大戦」と呼べるものは長らく起きていない。その為、次の戦争に向けての軍備拡張や拳銃外交などが行えず世界情勢は静かに混沌としていった。また「戦争ほど素敵な商売はない」と言うように[要出典]、戦争による特需は世界経済に於いて非常に重要なものである。

知っての通り敗戦後の日本は、朝鮮戦争特需をバネとして大きく経済的に成長する事で、関東大震災以降長らく機能不全を起こしていた[1]金融システムを見事に建て直している。加えて技術開発に関しても、例えば軍事用ネットワークシステムが現在のインターネットの祖となったり衛星監視システムが航空機や船舶のGPSとして旅の安全を保証してくれたりと、戦争によって技術に革新が起こることはしばしばある。

また、格差が固定され社会が硬直化していく状態に陥っている事で、若い世代を中心に開催の支持者が増えつつある。収入後のドサマギで一気に人生を大変革出来るチャンスとあって、「戦争したくて震える」という若者も少なくない。アニメやゲーム等に於いても、第三次世界大戦によって社会が大きく変わった後を舞台とした作品は数多い[2]

そんな中にあって、多くの国が「新しい世界大戦」を望むのは当然と言えよう。

各国における世界大戦へのアプローチ編集

  • 日本
敗戦による大きな打撃を経て「やるなら勝つべし[3]」「WW1の経済効果をもう一度」と考え、如何に平和体制を維持したまま戦争をして勝利するかを画策しており、あくまで内密に事を進めていく事で与党内の見解が一致している。
ただし野党勢力は中韓を抱き込んだアジア連合軍の結成と即時開戦を求めており、「憲法改正議論をしたら、すぐに戦争が出来るようになる」と与党へアピールを繰り返している。
  • アメリカ
莫大な軍事費の行き場と共にバカとクズの巣窟である下級軍人どもをどうにかするべく、中東を仮想敵として現在開戦へ向け調整中。一度として本土での交戦がない為に世界大戦には若干不安もあるが、第二次世界大戦での活躍を踏まえて今回も資金と物量を最大限に活かした戦線を展開する予定。
テロリスト相手に行う空爆ゲームや無人兵器など、新技術の開発にとても熱心な事でも知られており、前回と同じく台風の目となるか。
  • 中国
眠れる獅子から死んでいる獅子となって70余年、アジアだけでなく世界の覇権を求めて参加予定。戸籍がなく使い捨てられる黒孩児を含めれば兵数は億を大きく超え、どんな困難も死山血河を築いて越えていくガッツが売り。
しかし2020年初頭、うっかりと新しいBC兵器を国内でブチまけるというドジっ子ぶりを見せてしまってからは、そちらの後始末に集中せざるを得ない状況にある。
  この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

終了後の予定編集

第三次世界大戦による様々な影響は経済/技術へ大きく貢献することになり、特に既存の技術体系は全て過去の物となる事が予想されている。車も空を走るようになるだろうし現実と区別が付かない程の仮想感覚も得られるだろう。そして彼のアルバート・アインシュタインは第三次世界大戦による技術革新が「次の戦争の為」ではなく真に平和の為だけに利用されるようになると予見し、「もし第四次世界大戦があれば、石とこん棒くらいしか武器がない小規模なものになるだろう」と書き残している[要出典]

脚注編集

  1. ^ 震災の影響を鑑みて行われた金融政策が悪用され、昭和は事実上恐慌から始まっている。その後も金融の癌としてその悪影響は残り続け、経済発展を妨げ続けていた。
  2. ^ 例えば北斗の拳は、名前こそ出なかったものの「最終戦争」によって激変した世界を描いている。
  3. ^ 現に第一次世界大戦の戦勝による経済効果は凄まじく、各地に戦争成金が表れた。お金を燃やして「どうだ 明るくなつたろう」と笑う成金の風刺画は、現在も歴史の教科書によく掲載されている。

関連項目編集



 
来年のことを言うと鬼が笑う。
このページはいずれ生まれるであろう人物、いずれ設立されるであろう団体、いずれおきるであろう事件について取り扱っています。
故に多くの禁則事項を含むかもしれません。