メインメニューを開く

Uncyclopedia β

翔顎館

翔顎館(しょうがくかん)とは日本発祥の武術体型及び、その習得発展を目的とする武術団体である。

目次

概要編集

東京都を拠点とし、全国に支部を構える巨大武闘集団。武術に通じた門下生のもと、多数の練習生を抱えている。

歴史編集

戦後、国家発展のために要求された文武芸術工業経済の成長において、武術の発展に貢献した団体である。その歴史は、かの大山倍達師範発祥の極心空手より古い。

本来、陰拳である蹴影灑(しゅうえいしゃ)に対応する陽拳であり、戦闘での敵兵殲滅を目的とした殺人拳であったが、上記の理由で新たな人材育成が開始された。その際、門下生の反抗もあったが、当事の最高師範の「武は学問にすら通じうる」といった発言は、戦争で荒みきった多くの士の心を動かした。

現在では、日本で一、二を争う巨大な武術団体に成長し、多くの優秀な門下生を輩出している。

特徴編集

散手(さんで)と呼ばれる徒手格闘に特化された武術を中心とした、総合格闘技である。階級は二段階あり、奥義を極めることを目的とする門下生と、基礎の習得を目標とする練習生である。この仕組みは戦前から変化していない。

翔顎星編集

翔顎館の中でも、特に武術に通じた6人の拳法家は、翔顎六念星(しょうがくろくねんせい)と呼ばれている。彼らは海の生き物の名を冠する拳法を操り、翔顎館に貢献している。

翔顎壱念星編集

翔顎壱念星球星・翔顎青鮫拳

代表的な拳法家・あだち充

翔顎弐念星編集

翔顎弐念星沽星・翔顎白鯨拳

代表的な拳法家・高橋留美子

海を割る鯨のごとき剛拳。その拳は、乱れる馬を両断したという。

翔顎参念星編集

翔顎参念星飾星・翔顎蒼鮭拳

代表的な拳法家・安西信行

翔顎四念星編集

翔顎四念星闘星・翔顎翠鰤拳

代表的な拳法家・雷句誠

雷の如く荒々しく無慈悲な拳法。

翔顎伍念星編集

翔顎伍念星笑星・翔顎黒鰺拳

代表的な拳法家・久米田康治

魂を直接えぐり出すような拳法を使う。相手は恐怖に狂って笑いながら最期を迎えるといわれる。

翔顎六念星編集

翔顎六念星萌星・翔顎紅鯖拳

代表的な拳法家・畑健二郎

ハヤテのごとく鋭利な拳で相手を切り裂く。その傷口は萌えるように熱いといわれる。

奥義編集

翔顎館の拳は散手に始まり、それを極めることで奥義となる。

翔顎館神人込勾大掌編集

翔顎館神人込勾大掌(しょうがくかんしんじんこみくたいしょう)とは、翔顎館の奥義の基礎である。習得には散手の修練が必須であり、この奥義の体得をもって、晴れて練習生は門下生となる。

散手による体重移動で掌の威力を最大限に発揮する。それは、人が神に通じる道への一歩である。

焼燃散手編集

焼燃散手(しょうねんさんで)とは、散手の最終形態である。門下生は、この奥義の体得をもって弟子をとることが許される。

翔顎館万牙掌編集

翔顎館万牙掌(しょうがくかんまんがしょう)とは、翔顎館に伝えられる神技である。その体得は困難の極みであり、翔顎六念星ですら一握りの使い手が習得しているのみである。

終完原罪編集

終完原罪(しゅうかんげんざい)とは、一子相伝門外不出の秘奥義である。その詳細は継承者が知るのみだ。

文化的な活動編集

翔顎館は武術に限らず様々な文化的活動に参加している。

毎週日曜日の清掃活動は、発足当事からの恒例行事である。また、毎月20日を文化記念日とし、その日の午後は読書を楽しむ。さらに、クリスマス七夕などに道場を解放し、地域の人々との交流の場とする。

東京オリンピックでデモンストレーションを行ったが、空手柔道のように正式種目になることはなかった。それからは国際発展を目標に、積極的に外国人を受け入れている。

緑化運動を重要視して、武術とは離れて子供たちと自然で遊ぶ活動をおこなっている。

過去の受賞編集

  • 文部科学大臣賞
  • 総理大臣賞
  • オリンピック空手男子銀メダル
  • ツンデレ・オブ・ザ・イヤー
  • 最萌トーナメント16位

関連項目編集

  この項目「翔顎館」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)