メインメニューを開く

Uncyclopedia β

自粛警察

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「自粛警察」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「自粛警察」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「自粛警察」の記事を執筆しています。
過激な捜査手法で知られる自粛警察

自粛警察(じしゅくけいさつ)は、高等警察の機能を持つ民間警察組織である。

目次

概要編集

高等警察とは、一般的な警察組織よりも強い警察権[1]をもち「国家組織を危うくする行為を除去する為の警察組織」と定義される[2]。法律違反をいとわない強引な捜査手法と「銭湯の冗談も筒抜けになる」ほどの組織力から大戦中は国民から大変恐れられていた。しかし1945年の敗戦を機に、GHQの指示で高等警察組織は全て解体されている。その為組織機能を民間に移したものの一つが、自粛警察である[3]

自粛警察が取り締まり対象とするのは、「合法の範囲内だが好ましくない行為」すなわち今で言うグレーゾーン全般となる。戦後復興期の日本は法律体制が不十分であり、娼婦物乞いが街角に立ったり当たりの無い朝鮮クジが流行するなど風紀が乱れた状態になっていた。それを「国民目線で」「一般人として」取り締まるのが自粛警察の主な活動となったのである。あくまで民間ではあるものの、同調圧力を強く意識し「世間の目」に逆らえない日本人にとっては寧ろ国家組織の声よりも強い強制力となり、「自粛を求める」というフレーズは行動規制の定番となった。

自粛警察の活躍はのちに石原プロモーションによって西部警察として1979年にドラマ化された。日本の法律では考えられない派手なカーアクションと爆破は、自粛警察の過激な行動をもとにしたと言われている

活動編集

ドラマ化により一般的に認知された自粛警察だが、とにかく車を爆発させる、街中での銃撃戦など、昨今[いつ?]のコンプライアンス意識の高まりにより、「新車を爆発させてすぐに廃車させるのは環境に良くない」、「街中で銃撃戦なんてテロを連想するから不謹慎」など人気が下火になっていった。

一時期は活動が鈍化した自粛警察だが、過激な行動はそのままに逆にコンプライアンスを強く打ち出すことで近年その活動が活発化しつつある。2011年の東日本大震災でのパニックを防ぐ為に大規模行動に出た事で注目を集めるようになり、またインターネットを通じた自粛思想の浸透もあって今ではまるで公的な警察組織のようにメディアで取り上げられる事も珍しくない。2020年春の時点では、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐ為の活動に重きを置いており、休業要請に応じない店舗への説得やマスクをしない通行人への注意などを活発に行う事で緊急事態宣言下においてはカルト的な人気を受けている。

2020年新型コロナウイルス下での主な活動編集

 
自粛警察により爆破された県外ナンバー車
 
パチンコ店をパチンコで取り締まる自粛警察
  • ライブハウスで無観客配信を行っている最中に「店を閉めろ、次は警察を呼ぶ」と貼り紙
  • 駄菓子店に「コドモアツメルナ。オミセシメロ。マスクノムダ」と貼り紙
  • 自粛要請に従わない飲食店に対して爆破予告を行い、実際に爆破する[要出典]
  • 他県ナンバーの車を破壊
  • 公園の砂場にカッターの刃を混入。
  • 自粛要請に従わないパチンコ店にパチンコで取締り。
  この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

動画編集

その他編集

メディアにおける「自主規制」も多くは自粛警察及びその周辺組織によるものだが、こちらは組織構成メンバーの世代交代もあって基準が変わる速度が早いのが特徴となる。10年もすれば自主規制の範囲は大きく変わり、過去の規制基準は通用しなくなる[4]

脚注編集

  1. ^ 警察という組織は私人公人を問わず「限定的な人権制限をかける権限」を有する。それにより、憲法により保証されている自由権を否定した拘束行為が可能。
  2. ^ 戦前戦中に治安維持を行った「特高警察」が有名。
  3. ^ こういった「網を掻い潜る方法」は、戦後の所謂「オキュパイド・ジャパン」の時代には常態化していた。例えば料飲店禁止令が発布された際にも、貸し座敷や旅館を装って多くの料理店が営業を続けていた。
  4. ^ 1980年代には規制対象だったヘアヌードも、現在では既に合法化している。刑法における猥褻表現の規定が変化していない以上、これは自主規制組織による働きかけと考えて間違いない。

関連項目編集

この項目「自粛警察」は、嘘です。よく近所の物知りおじさんが教えてくれた豆知識も大抵は嘘です。アンサイクロペディアを真に受けてはいけないのです。大事なのは、ジョークを笑い飛ばす心の広さです。