メインメニューを開く

Uncyclopedia β

認知・行動・両方

出典: 八百科事典アンサイクロペディア(大丈夫、本当の項目名は認知行動療法だから。君は間違っていないよ。
医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「認知行動療法」の項目を執筆しています。

認知・行動・両方』とは、人間の「認知」と「行動」はお互いに強い依存関係にあり、切っても切れない関係であるという事を説いた理論である。

目次

概要編集

認知について
通常は五感によるものとされており、視覚・味覚・嗅覚・触覚・聴覚の5つによる対象の認知とされ、それに「行動」は含まれない。
行動について
通常はその人の意思による身体のコントロールを指し、五感の一つのようには扱われない。
認知・行動・両方での概念
「行動」自体も五感の一つのように扱われ、本人の行動自体で対象の認知が行われる、という理論である。

主な理論構成編集

ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ニューラルネットワーク」の項目を執筆しています。
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「ツリー構造」の項目を執筆しています。

コンピュータ人工知能の発達により、人間の記憶の構成が明るみに出た。すなわちニューラルネットワークと呼ばれるツリー構造である。

行動の記憶は音の記憶、つまり聴覚に近い。そもそも聴覚は空気の振動を周波数ごとに捉えているものであるが、触覚も原理的には振動を捉えているものであるため、それらが合成されて記憶されているものと考えられている。

過去に行っていた行動を取る事で、忘れていた過去の記憶がフラッシュバックする事は広く知られている通りである。

視覚的情報も組み合わせると、より効果的に過去の記憶が思い出せるようになる。

また逆に、人間の行動は過去の記憶に無意識的に基づいたものになる、という説もあり、無意識レベルで事前に取りうる行動の選択肢が決まっているという理論も合わさっている。そのため、過去の記憶で今後の行動の幅が決定されると見られており、黒歴史が多いほど消極的な行動を取りがちで、過去の記憶を改善する事が今後の行動の幅を広げる事になると重要視されている。

主な利用方法編集

トラウマの消去編集

過去にトラウマとなってしまった出来事も、心身共に成長した後で思い返し分析するなら、大した事では無かったと再評価でき、トラウマを消去する事ができる。

例としてホホジロザメに人が足元から食われるシーン[1]、子供にはトラウマになるだろうが、大人なら別に映画だと分かるので大した事では無い。ホホジロザメの生態としてボートに乗り上げて来るような事も無いし[2]

よってPTSDの治療などでは患者の状況に応じて積極的にトラウマに踏み込んでいく手法が取られる事もある。

行動改善編集

過去にミスした出来事も、心身共に成長した後で思い返し分析するなら、ミスの原因の特定とその対策を立てる事ができ、再度同様のミスを起こす事を回避できるようになる。

自分の行動分析編集

過去を思い返し分析する事で自分の得意分野と苦手分野を知る事ができ、今後の戦略に生かす事ができる。

修行編集

ひたすら自分の過去を思い返し分析する事で自分の人格改善を図り、より聖人に近い人格を手に入れる事ができるようになる。茨木華扇などが行っていた事で有名な修行方法である。

この修業で改善可能なのは己の人格のみで、他人の人格を改善する事はできない。その人自身で修行するしか無い。なぜならその人自身にしかその人の全ての記憶は存在しないから。なので他人に押し付けないで下さい。

子供の場合編集

お子さんの場合は過去を思い返そうにもそもそも履歴が少ないし、分析能力が足りていない場合が多い。そのためこの方法は使えない事が多いが、読み物などが好きであれば歴史から学ばせる事が可能である場合がある。

今後の行動の幅を決める記憶を作成している段階でもあるので、親であれば子供に良質な記憶を作るように心がけると良いと言われている

脚注編集

 
この項目には、グロテスクな記述が含まれています。
脳と消化器官の連携が強い等の理由で吐き気がする方は、お医者様に相談して閲覧を中止するなどしてください。
  1. ^ "Jaws (1975) - Quint Is Devoured Scene (9/10) | Movieclips". Movieclips (2011年5月27日). 2018年7月7日閲覧。
  2. ^ "ホホジロザメがボートに飛び乗る、乗っていた漁師は無事に生還 豪". AFPBB News (2017年5月29日). 2018年7月7日閲覧。

関連項目編集