資金洗浄

日本では1950年代まで、このような看板を掲げて営業していた

資金洗浄(しきんせんじょう)とは、貨幣紙幣などの汚れてしまった通貨洗濯するサービス業マネーランドリーともよばれる。

概要編集

このサービス業は、汚れた通貨を洗浄する事で、清潔で気持ち良く使えるようにするもので、洗浄から乾燥・アイロン掛けを通して、新札のようにしてくれる。家庭でうっかり洗ってしまった紙幣も、ここでなら新品同様にしてもらえたほか、麻薬取引の失敗でで汚れてしまった紙幣や、稼ぎ方の都合で銀行に預けられず庭に埋めてあったためにで汚れた紙幣も、やはり新品同様にしてもらえた。

歴史的には、鎌倉時代にこのサービスは開始された。鎌倉には銭洗い弁財天という資金洗浄専用の設備がある。

後にドライクリーニングの技術が導入され、頑固な汚れも落とせると好評を博したが、洗い過ぎると模様まで消えてしまうため社会問題となり、現在では旧来の手洗いも含めて通貨変造として違法なサービスとなってしまった。

しかし需要は絶えることはなく、現在でも細々と秘密裏に行われているようだ。

洗浄方法編集

今日では技術の発達により、硬貨の洗浄は個人でもできるようになっている。普通は法律違反なのだが、このページを見ている人にのみ特別に方法を伝授する。

画像手順
 ① 今回は5円玉と10円玉を洗浄する。
 ② 先ず硬貨を水に浸す。
 ③ ボールの中に酢を100ccほど入れる。
 ④ 牛乳を適量入れる。
 ⑤ 愛情をたっぷりと入れる。
 ⑥ もし愛情が大きすぎる場合は、適度な大きさにズタズタに切り裂いてから入れる。
 ⑦ 冷凍庫の中で3時間ほど寝かせてから取り出す。
 ⑧ よく拭いて完成。①と比べると明らかに光沢が増しているのが分かる。

また、専用の容器も市販されている。(例えばこちらこちらなどで購入できる。)容器の販売や購入自体は違法行為とならない。このような容器を使用することで浄財の効果が有意に高くなることが最新の研究で明らかになった[1]。また、愛情が用意できなかった場合にも、このような容器を使用することで愛情の効果を補うことができる。

脚註編集

  1. ^ 詳細はこちらのリンク先等を参照されたい。[1]

関連項目編集

ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「資金洗浄」の項目を執筆しています。