メインメニューを開く

Uncyclopedia β

近鉄奈良線

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「近鉄奈良線」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「近鉄奈良線」の項目を執筆しています。

近鉄奈良線(きんてつならせん)とは、その名の通り近畿日本鉄道奈良県に通す数多の鉄道路線の中でも、大阪からふらふらせずに奈良へと行ける、奈良のために存在する路線である。奈良県が近鉄王国であることの最も重要な証。上本町から難波からは難波線と変わるが、基本的に運行は一体化している。

目次

運行傾向と状況編集

田園都市線の惨状を知らない関西人には、「相手が近すぎて口を開けようものなら他人の首を舐めてしまうほどの近鉄奈良線」と説明するとよい。つまりはそういうことである。

表向きは、大阪線の特急よりもよりシビアに、東大阪市を華麗にスルーする快速急行という種別が存在するが、これは「快適に速く移動するようで実は急がない難波or奈良行き電車」の略である。布施と石切に停車して東大阪の人民にアジア的優しさで接する急行と交互に運転される。この急行も「急がず河内まで行ける電車」の略であり、速度という快適さは田園都市線と同程度であると川島令三は結論付けている。

この他には中央快速線における快速のような準急・区間準急と、中央・総武緩行線の各駅停車のような普通が存在する。

また、平日は朝晩の快速急行を中心にエクストリームスポーツ(通称、エクストリーム近鉄奈良杯)が開催されている路線である。このエクストリームスポーツは、関西ではエクストリームJR新快速杯、エクストリーム地下鉄御堂筋杯に並ぶ満員電車として知られている。このエクストリームスポーツの出場者は当然ながら近鉄王国民のみである。したがって、大阪民国へ通勤、通学する国民は避けて通れないものである。また、女性に対してはイージーモードである女性専用車両が存在するが、一部列車は阪神車両を使用するというミスチョイスが設定されているため、阪神車両の場合は強制的にハードモードとなってしまう。その阪神車両においては近鉄車両(ノーマルモード)と比較して定員が少ない、ドア数が少ない、吊り革も少ないという制約があるため、ハードモードにおける乗客の大半はジョジョ立ちを強制される運命にある。しかし、夕ラッシュにおいてはベリーイージーモード(特急)があるのでその限りではない。そのため、かなりのリピーターを獲得しているのが現状である。ただし、地元住民以外(特に関東人)には、この程度の混雑ではエクストリームスポーツの範疇に入らない、という意見もあるといわれる。

重要性編集

奈良の中心と外界を行き来するのにこの路線以外の選択肢は無い。

  • 大阪から奈良の中心部へお越しのお客様は、難波鶴橋等から当線をご利用ください。
  • 京都から奈良の中心部へお越しのお客様は、西大寺から当線をご利用ください。
  • 神戸から奈良の中心部へお越しのお客様も阪神なんば線経由で当線をご利用ください。
  • 名古屋から奈良の中心部へお越しのお客様は、八木と西大寺を経由し当線をご利用ください。
  • 東京から奈良の中心部へお越しのお客様は、京都から西大寺を経由する近鉄特急をご利用ください。
  • リニア中央新幹線開業後も、奈良のリニア新駅から近鉄をご利用ください。
  • その他あらやる都市からお越しのお客様も、関空伊丹神戸各空港から難波・鶴橋経由で、また神戸港から阪神線経由で当線をご利用ください。
  • 宇宙の果てよりお越しのお客様も、種子島フロリダエリア51天理等から関空・伊丹および難波・鶴橋・西大寺経由で当線をご利用ください。

このように、奈良の中心へ向かうには絶対に利用することが避けられない路線である。 一応JRが大和路線とかいうのを苦し紛れに引いてきているが、通るのは奈良の中心ではなく、奈良という地方都市の中心である。その上学研都市線なんていうのも引いてきているが、どちらもダーツの的にギリギリ入らない形でピントがずれており、はっきり言って土地とカネの無駄遣いである。

理由編集

以上のように高を括り過ぎていたので若干はJRに移る客も見られるが、そんな輩が10人もいたら6人は天邪鬼、残りは全員ひねくれ者である。それというのも奈良線は、本来奈良新幹線としての運用を想定し、あの政府国立戒壇という2つの奈良の中央から大阪民国中心地へと向かって真っ直ぐ水平にぶち抜いた路線であるからである。

ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「生駒トンネル」の項目を執筆しています。

例外である箇所もあるが、大和路線はもちろんリニア中央新幹線諏訪ルートよりは的を得た経路であることは確かであり、また生駒の山を越えるトンネルは時代の要請に応えて1回、より直線的に堀り直されている。2度のトンネル掘削で湯水のようなと人の生きが流され、麓の石切神社参道では東大阪の技術の粋が投入された結果、世界で初めてバカにつける薬が発明された。名が体を示す近鉄の会社としての体質はこれら2つのトンネル掘りに由来しており、昔のトンネルも勿体ないのでけいはんな線に使われている。なお、犠牲者の霊を愉しませるために作られた施設が生駒山上遊園および近鉄あやめ池遊園地である。

地下化編集

奈良時代までは都大路を車列がゆうゆうと往来し、交通の妨げとなっていた。また付近の工業化による汚染が深刻となったため首都機能は大阪、ついで京都に移転され、奈良の旧市街は立ち入り禁止となった。現在も、かつての首都にあたる地区は木一本生えない荒野となっている。

しかし、奈良線の末端には、当時最先端の研究を行っていた、東大および附属寺子屋学園、あるいは馬鹿田大学があり、汚染地域を横断する交通の確保が急務となった。当時の官僚は、土をいじることは穢れているというイメージがあり地下工事に従事することはできず、付近の農民や商人に臨時の官職を与えて地下鉄工事に従事させた。彼らは官僚として庶民のなかでは名誉ある存在であったが、宮殿への昇殿は許されず、地下人と呼ばれた。

これら地下人の家系も、明治維新後は高度な技術を生かして日本の近代化に貢献し、大林組や前田建設など日本有数のゼネコンに成長した。

種別編集

主に奈良~難波までは全種別が走っている。特急は近鉄線のみ運行だが、快速急行は阪神本線の神戸三宮まで直通しており、準急以下の種別は尼崎まで走る。また圧倒的に本数が多いのが特徴で過密ダイヤとなっている。 準急以下は大和西大寺で力尽きる電車が多い。

特急 (Limited Express)編集

停車駅
大阪難波・大阪上本町・鶴橋・生駒・学園前・大和西大寺・近鉄奈良
近鉄として特急も運転しているが、乗客は重役出勤の会社員と帝塚山学園の生徒くらいしかいない。
何故か奈良方面は午前中は1本しか特急がこない。近鉄日本橋・新大宮を通過する以外は快急と停車駅が同じなので、有料で走る特急の存在が疑問視されている。

快速急行(Rapid Express)編集

停車駅(阪神は割愛)
大阪難波・近鉄日本橋・大阪上本町・鶴橋・生駒・学園前・大和西大寺・新大宮・近鉄奈良
終日走っている奈良線の最上格。かなりの本数が朝から出ている。大阪は完全にスルーするが、急行と停車駅は2つしか変わらない。過密なダイヤで渋滞を起こすなど速達種別としての自覚が足りない。基本的に奈良と神戸三宮を発着する。難波から三宮方面では赤い方向幕から青い方向幕に変身し、10両だと尼崎で綺麗に斬られる。早朝や深夜は難波止まり、稀に尼崎行きがある。近鉄では唯一女性専用車両を設けている。旧遊園地の学校に通う人がいたり、ラグビーの試合が行われるといずれの最寄り駅にも臨時停車する。

急行(Express)編集

停車駅
大阪難波・近鉄日本橋・大阪上本町・鶴橋・布施・石切・生駒・学園前・大和西大寺・新大宮・近鉄奈良
朝のラッシュ時以外は運行しており、こちらは快急に乗れない東大阪市民を拾う形となっている。終点まで先着するが、たまに特に急がず座るためだけに運行される特急に抜かれることがある。この種別のみ阪神線には直通しない。というより行先を変更して化けることがない。

準急(Semi Express)編集

停車駅
大阪難波・近鉄日本橋・大阪上本町・鶴橋・布施・河内小坂・東花園・石切から大和西大寺or近鉄奈良までの各駅
ラッシュ時によく走っており、東大阪の主要駅に止まるので下のやつとあまり変わらないが、8両で走ることができるので瓢箪山は無視する。基本難波と奈良間の運行でごく稀に尼崎まで踏み出すことがある。特急に抜かれることがあるも、距離が短いので終点まで先着する場合もある。

区間準急(Sub-Semi Express)編集

停車駅
大阪難波・近鉄日本橋・大阪上本町・鶴橋・布施・河内小阪・東花園から大和西大寺or近鉄奈良までの各駅。
2006年に新たに導入された唯一の種別。後に大阪線にも生まれたが。主に日中および深夜帯を走る。準急停車駅に敗れた残念賞として、瓢箪山と奈良線のワースト駅が加わった。一応尼崎まで行くが曜日によって異なり、難波止まりもある。停車する駅は変わらないのに東花園で普通と連絡するカオスなやつもある。よく止まるのでコスト削減とは言い難いが、大阪線と比べればマシ(そもそも路線の規模が違う)。

普通(Local)編集

停車駅
各駅。
終日尼崎もしくは難波から半分は奈良とラグビー場までの運行で、曜日により尼崎まで行けるやつがある。ラッシュ時は東生駒まで頑張ってみたり、終電とかにはひょっこりひょうたんじま=瓢箪山、カッティングストーン=石切行きも存在する。過密ダイヤで痺れを切らした速達組には抜かれるも、区間準急からは逃げ切ってゴールにタッチダウンできる。

駅一覧編集

駅名 区間準急  準急 急行 快速急行 特急 コメント
布施駅 大阪線に別れを告げて奈良線スタート。但し奈良線の特急は全て通過(大阪線では一部の乙特急が停車)。
河内永和駅 JRおおさか東線は乗り換え。
河内小阪駅 近くに近畿大学などがあり、通学生の利用が多い。
八戸ノ里駅 隣の河内小阪駅よりも乗降客が多いのに普通以外は全て通過。当駅付近の学校が入試をする際は準急以下の一部が臨時停車。
若江岩田駅 高架化工事完了によりエレベーター・エスカレーターと、最近は駅放送も導入された。最近例のサイトあのサイト中毒の人の聖地となっている。
河内花園駅 隣の東花園駅に準急・区間準急が停車するようになってから利用者は減少。
東花園駅 花園ラグビー場の最寄り駅。試合開催時は快速急行・急行も一部が臨時停車。この駅で普通の半数が折り返す。区間準急は当駅から奈良まで各駅に停車。
瓢箪山駅 かつて準急停車の要望が多かったが、ホームが延長できず断念。それでも区間準急は止まってくれる。深夜は当駅止まりもあり。
枚岡駅 生駒山に向かう急勾配の途中に駅設置。奈良線では隣の額田駅に次いで2番目に利用者が少ない
額田駅 奈良線では最も乗降客が少ない駅なのに、律儀に区間準急が停車する。
石切駅 生駒トンネル建設中地表陥没事故の補償等の理由で急行も停車。近鉄線の駅としては大阪府内で最も北東に位置する。準急は当駅から奈良まで各駅に停車。
生駒駅 ここから奈良県。全列車停車。生駒線・けいはんな線・生駒ケーブルの乗換駅
東生駒駅 ホームから生駒山と生駒ケーブルを眺望できる。車庫があり、ラッシュ時に運転される普通の一部が当駅で折り返す。
富雄駅 利用者が多いため急行停車の要望も、未だに実現せず。準急以下が停車する駅としては栄えている方とも言われる。
学園前駅 全列車停車。けいはんな線の開通後は利用者減少の傾向あり。
菖蒲池駅 かつて近鉄あやめ池遊園地があった。近畿大学付属小学校・幼稚園の開校日に下り快速急行の一部が臨時停車。
大和西大寺駅 全列車停車。京都線橿原線との乗換駅だが、ダイヤ乱れが多発。
新大宮駅 かつて快速急行は通過していた。当駅より奈良へ地下に入る。遊ぶ、歌うなら奈良駅よりこっちの方が良い。
近鉄奈良駅 奈良線の終点。奈良県内で唯一の地下駅。シカ君にハイキックされるのでBe careful!!!

とある噂編集

生駒から先には、空を飛ぶ電車がいるらしい。

関連項目編集