メインメニューを開く

Uncyclopedia β

追銭

追銭(おいせん)とは、追加で支払う銭金のこと。「追い銭」とも表記する。通常は「盗人に追銭(ぬすっとにおいせん)」という慣用句で用いる。なお、2010年ごろから同じ意味で「元横綱に特別功労金」という慣用句も現れた。

目次

概要編集

とは、広義には紙幣を含む貨幣のことを指すが、狭義には硬貨の意味に使われる。追銭とは、本来支払う必要がある銭に加えて、さらに追加する銭のことを指す。この場合、小額である場合は硬貨で追銭を支払う場合もあるが、多額の場合は紙幣あるいは小切手・銀行振込などを利用して追銭を支払うこともある。

歴史編集

 
銭形平次が追銭に使ったとされる寛永通宝。神田明神賽銭箱より発見された。

日本における硬貨の歴史は、中国大陸から渡来したものを除けば、和同開珎の鋳造(708年)に始まる。当時は銭は貴重なものであり、追銭を払うような馬鹿な人間は存在していなかった。

歴史上で追銭を初めて行ったのは、江戸時代寛永期の岡っ引銭形平次であるとされる。彼は、寛永通宝(一文銭)を大量に懐にしのばせ、盗賊を見つけると一文銭を投げつけて追銭をしたとの記録が残されている[1]。一説によると、彼のまさにこの行為から「盗人に追銭」という慣用句が生まれたという。

なお、追銭のルーツとして、銭形平次から遡ること約400年前の鎌倉時代末の武士、青砥藤綱の故事[2]を挙げる場合もあるが、銭を支払った相手は盗賊ではなく松明屋であるから、「盗人に追銭」を払ったわけではない。

経済効果編集

経済学の観点に立てば、多くの通貨が流通することは、経済活動が活発になり景気に刺激を与える。したがって、たとえ相手が盗人であろうとも、多くの金を流通させるために追銭を支払うことは、好ましいこととされている。

  この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

盗人に功労金編集

無人の時に泥棒が侵入するのに対抗するために、予め現金を置かないようにする場合がある。ところが泥棒によっては、苦労して侵入しても何も成果が無い場合に逆ギレして、破壊活動や放火に及ぶものもいる。こういう事態を防ぐため、「泥棒さんご苦労様」と小額の功労金をわざと置いておく人々もいる[3]

特殊業界用語編集

2010年に報道された某業界での特別功労金と呼び方を変えた追銭には、従来の用語の意味とは異なる意味が隠されていると言う説が出ている。すなわち、「業界から追い出すために支払う手切れ」というものである。関係者らの内規によって、5年間はその金額も真の意味も伏せられている[4]

脚注編集

  1. ^ 銭形警部盗賊団に親近感を抱いていたり、銭形一族が犯人を確保する際に物を投げつけるなど、子孫たちにも先祖である銭形平次の影響が残されている。
  2. ^ 川に落とした銭10文を探すために、銭50文を支払って松明を買い求めたと伝えられる。
  3. ^ 金があってもなくても、証拠隠滅に放火する泥棒もいることは考慮に入れていない。
  4. ^ その後、マスゴミによる精力的な取材によって、追銭は約1億2千万円であったという推定が報道されている。


この項目「追銭」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)