メインメニューを開く

Uncyclopedia β

錦織圭

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「錦織圭」の項目を執筆しています。

錦織 圭 (にしこり けい、1989年12月29日~) とは、漫才コンビ・修造チャレンジのツッコミ役である。趣味はテニスで、ちょっとだけ本気を出して世界4位になってしまったり、ちょっとだけ本気を出して四大大会の全米オープンで準優勝してしまうぐらいの実力である。人呼んで芸能界の羽生善治、あるいは芸能界の山本昌好きな食べ物日清カップヌードルチキンラーメン。服はいつもユニクロを着ていると公言している。

目次

経歴編集

1989年12月29日に神在月の県庁所在地に生まれた錦織は、5歳のころにのちの趣味となるテニスを始める。12歳の時に下校中に友人と話しながら「布団が吹っ飛んだ」という冬のオホーツク海沿岸並に寒いダジャレを披露すると、なぜか松岡修造にスカウトされる。スカウトされた修造チャレンジでは、やはりテニスが趣味だった松岡と意気投合し漫才コンビを組むことを決意。しかし、地元のFMラジオにしか出られないような日々が続き、一時解散。

14歳で「本場のコメディを学ぶ」と単身で渡米。趣味のテニスでは四大大会のジュニアダブルスを制覇するぐらいの実力となっていた。以降、2010年までは芸能人としてさっぱり芽が出ずに、一時期は趣味のテニスが本業となっていたが、2011年正月のテレビ朝日系とんねるずのスポーツ王は俺だに相方の松岡修造と共演すると、再度コンビを組むこととなるが、それでもやはり表立った活躍はなかった。しかし、毎年とんねるずの特番に呼ばれると、2013年に熱血漢で熱くなる松岡修造に冷や水やファブリーズを掛けて落ち着かせる芸風でブレークの兆しを見せる。この年の11月に、海外でマイケル・チャンと漫才コンビ「MICHAEL・K」を組むと発表。日本では松岡と、海外ではマイケル・チャンと漫才コンビを組むこととなった。2014年は趣味のテニスが本業の漫才の時間を奪う結果となり、松岡はピンとして、錦織はテニスプレイヤーとして大活躍した。

漫才師として編集

漫才師としては低迷が続いていたが、2013年にブレーク。基本的にはずっと松岡が喋り通し、三分経過し錦織がカップラーメンを食べ始め、松岡が怒り終わるパターンや、熱くなりすぎた修造にファブリーズを掛けることなどがある。なお、2014年は全般的に氷水を被ることが流行したため、ファブリーズではなく氷水を掛けたこともあった。

テニス選手として編集

趣味はテニスで、2007年からはたまーにプロに出場し優勝することもある。最終セットに極めて強く、2014年は90%を越している。

最高峰のバックハンドと攻撃的リターンを持つ。ストロークのセンスも抜群であり ボールを左右にうち分ける力は一番上手いとも言われている。攻撃的なバックハンドを起点とし、左右に相手を振り回し相手にラリーの主導権を渡さず 相手の得意な展開にはなかなか持ち込ませない強さがある (だがジョコビッチには通じない)

奇数年の呪いがあり、その年では怪我に悩まされたり パッとしなかったりする その分、偶数年では覚醒しプレーのレベルを格段に上げる だが 彼の才能に肉体がついていかないので ケガに悩まされることもある。(全力を出すと3セットで全身がボロボロになると言われている)

2014年は本気で戦ったら全米オープンで決勝に行ってしまうなど 加減していると言いつつも、2015年3月に世界4位になってみたり、2014年にアジア出身選手として始めてATPファイナルツアーに出場してしまうなどしている。一応リオ五輪銅メダリスト。

関連項目編集


  この項目「錦織圭」は、エキサイト不足のようだね。
さあ、君もこの記事に胸が高まるような文付け足してみよう。レッツトライ! (Portal:スタブ)