メインメニューを開く

Uncyclopedia β

雪渓

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「雪渓」の項目を執筆しています。

雪渓(せっけい)とは、雪山において登山者の時間を奪うトラップであると共に、知ったかぶりの奴をあぶり出すバカ発見器でもある。

目次

雪渓の危険性編集

登山時編集

登山時における雪渓の危険性としては、やはりその美しさがあげられる。白馬大雪渓は日本でも指折りの雪渓だが、ここでは多くの人が登山道にもなっている雪渓に見とれて時間を奪われた。また、ルーデルの友人は雪渓に時間を奪われた結果、死亡したのである。このように、雪渓に時間をとられすぎることは極めて危険な行為であると言える。

日常生活における危険性編集

この雪渓、実は冬ではなく夏の季語なのである。つまり、知ったかぶりをして、雪渓を冬の季語だと言ったが最後、その者は少なくとも1ヶ月間は辱められるであろう。このように、雪渓は知ったかぶりの奴をあぶり出す優秀なバカ発見器なのである。

関連項目編集

  執筆コンテスト
本項は第38回執筆コンテストに出品されました。