メインメニューを開く

Uncyclopedia β

音楽室

音楽室(おんがくしつ)とは、学校によくある騒音倉庫。深夜になると誰もいないのにピアノを弾く音が聞こえる事でも知られており、学校の七不思議に必ず登場する特別な部屋である。

目次

概要編集

その名の通り、音を楽しく鳴らすために設置されている部屋で、小中学校のほとんどに存在する。一般的には楽器を使って音を出すが、実際は楽器でなくても音が出るものであれば何を使っても構わない。また、他の部屋とは違う特殊な壁が貼られているので、どんなに爆音を出しても安心である。

また夕暮れ時に一人で音楽室に入ると、壁にある昔の作曲家達の肖像に驚く事もある。授業中も肖像画を凝視していると絵の中の目が動く事があるので、チラ見程度に留める事が肝要である。尚、作曲家達に似ている先生がいるからといって、先生にベートーベンモーツァルトなどのあだ名をつけてはいけないとされている。因みに教頭先生はバッハに似ている比率が高い。

音楽室の中編集

ピアノ
音楽室で最も重要なアイテム。一般教室においてある電子オルガンより高級なため興味をそそられるが、ほとんどは「猫ふんじゃった」をいかに早く弾くかの競争に用いられる。ピアノを覚え始めの奴に限って弾きたがるケースが見受けられ、そんなに上手くないのでクラスメイトを微妙な表情にさせる楽器としても知られている。また深夜2時頃になると宿直の先生をびびらせる自動演奏機能がついている。
リコーダー
1人一本持っているもの、可愛い女子のリコーダーは男子によくなめられるので、管理に気を付ける必要がある。学校によってはアルトとソプラノ2本の所もあるので管理の手間が2倍になる事も考えられる。
太鼓
男子に人気の楽器。大抵は太ったリズム感の無い男子がやりたがるが、皆で音を合わせるときに完全にリズムを外してしまうため、授業終了後いけ好かない不細工な女子に「あの人太鼓から外してください」と先生に直談判されるので注意が必要である。
ギター
それまで俺はギターが上手いと言い張っていた奴の化けの皮を剥がす楽器。最初の内は突き指でごまかすが、小中学生のしつこさにより、嘘つきがばれる。
三味線
みんなこの楽器を珍しがって一目散に弾きに行く、でもネコシャミセンのために死んでいるんだよ。沖縄では三線(さんしん)が使われるが、こちらは蛇なので安心である。
トランペット
吹ける人が少ないためあまり目にしない楽器。もし吹ける人がいても音楽の授業で使う事はほとんど無い。でも古びたトランペットてのはいいもんだよ。
ヴァイオリン
お嬢様専用。あまりに入り込んで弾いている姿が少し怖いため、演奏中は表情にも気を付けなければならない高度な楽器。
シンバル
周囲で演奏している人にとってはかなり迷惑だが、やっている当人にとってはストレス解消になる痛快な楽器。

音楽教師編集

二次元三次元問わず人気の職業である。特に二次元では「音楽教師マリエ」の人気により音楽教師を目指す者が後を絶たない。三次元でも若い音楽教師は保健の先生に次ぐ人気を誇り、男子のおかずとして重宝されている。実際佐賀県では女性音楽教師が教え子の16才少年にわいせつな行為をした事で逮捕されるなど、エロ教師全開ぶりを見せつけている。まあ女教師つっても42才だったんだけど…。

用途編集

  1. 音楽の練習
  2. 音楽会
  3. つぼから魔物を出す
  4. 殴る

音楽室は音を出す所なのだ

写真集編集

関連項目編集