メインメニューを開く

Uncyclopedia β

この記事には冗長性が不足しています。
改善には十分なメモリーとブロードバンド回線と大きなディスプレイくじけぬ心が必要です。
アンサイクロペディア法
を熟読した上で、分量を増やして下さい。

風力牧場(ふうりょくぼくじょう、英語Wind farm)とは、アンサイクロペディアに電力を供給している永久機関のことである。

目次

概要編集

この装置は五つの物質から構成される。

  • 大麻 - 典型的なアッパー系大麻であり、ヒッピーを惹き寄せる効用がある。
  • 豆腐 - 植物性タンパク質から構成される、大量生産品は味のしない食品であり、健康オタクを惹き寄せる効用がある。
  • タバコ - タバコの葉と紙により構成される。
  • ウッドチップ ー 燻製に使われる。
  • ボイラー - これにより煙と水蒸気が混合する。

この装置は 煙草の煙は常に非喫煙者のほうへと流れる という物理法則を利用している。まず大麻で作られた円柱を豆腐で作られた円柱のそばに設置する。大麻はヒッピーを集め、彼らは喫煙を始める。豆腐は健康オタクを集め、タバコはヘビースモーカーを集め、煙はそちらへと流れ続ける。その間に風力発電機を置けば、理論上はいくらでも電力を取り出すことができる。また、引き寄せられた人間による電力発生も可能であるとされている[要出典]

問題点編集

現在のところ、風上側、風下側それぞれに対する健康被害が懸念されており、実用化にはまだいくつかのブレークスルーが必要と考えられている。ただし、風上側については「自業自得」の呪文を唱えることにより健康被害を無効化できるとの説もあり、検証が待たれている。

また、大麻の煙は煙草の煙と同様に移動するか、という疑問点もまだ解消されていないため、実験の必要性も存在するが、ほぼすべての地域において大量の大麻を用いた実験を行うことは法律上禁止されており、実証が不可能な状況となっている。又、大麻のコストが検閲により削除な所を解決せねばならない。

これが実現すれば現在麻を密造している国々の大麻も日の目を浴びられ、ヒッピーも社会貢献できる。失業者をどちらかに充てる案もある。

解決策編集

今流行りのアイコスを使えば大麻の健康被害を減らせるが、アイコスも高いのでコスト対策がまだまた必要だ。

関連項目編集