メインメニューを開く

Uncyclopedia β

高田延彦

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「高田延彦」の項目を執筆しています。
「俺は褌マニアだってかまわないで食っちまう人間なんだぜ」
高田延彦 について、阿部高和
「うほっ、いい男尻(おしり)!」
高田延彦 について、道下正樹

高田 延彦(たかだ のぶひこ 1962年4月12日 - )は、元PRIDE統括本部長・プロレスラー格闘家向井亜紀の夫・が似合う男の中の男である。

高田は、ノンケであるがホモから狙われている。どうやら、あの筋肉質な尻がホモの性欲を掻き立ててるようである。

目次

概要編集

大晦日のPRIDE男祭りではピアノ・タップダンス等の多彩なゲイ芸を披露し、オープニングの褌一丁で太鼓を叩く男らしい勇姿は男女性癖(ホモレズ佐渡マゾゲイ変態ノンケ)の区別なく、その迫力に圧倒された。

格闘家としては、PRIDEヒクソン・グレイシーと二度に渡り死闘を繰り広げた。結果は想像通りであったが、初期のPRIDEを牽引していた。偏った事典では、高田のことを八百長無責任等と悪く書いているが、どうやら偏った連中の単なる逆恨みのようである。なんでK-1魔娑斗の批判はすぐ削除するのに、高田を攻撃するかなあ?

引退後は、PRIDE統括本部長として、PRIDEの発展に大きく貢献してきた。ただし、その運営方針は極端な秘密主義のようで、イベントのPRの特番中[1]に、選手の背景や試合に掛ける意気込みはどのようなものかを、終始自分から言うのではなく隣に座っていた小池栄子に答えさせようとしていた。そして、答えに窮した小池栄子に「試合を見ればすべて分かります!」と現地観戦を薦めるという、非常に高度な営業活動を行っていた。このように、全く自分の手の内を見せずに効率的なPRを行う高田のマネージメント能力の高さは、各界から注目を集めていた。

プロレスラーとしての活躍もすごいもので、ジャイアント馬場も若い頃の高田を評価していた。しかし、のちにケンカ別れ。

現在はファイティングオペラハッスルで「高田モンスター軍総統」・「ザ・エスペランサー」(レイザーラモンHGは、スペルマンサーと呼ぶ)として、楽しく活躍中である。

ザ・エスペランサーの必殺技は、「ビターン」。指から体液を出しているようである。

ちなみに、どっかのお笑い番組の司会もやっている。

新宿2丁目の高田評編集

「あの尻がいい」 50%

「かっこいい」  30%

「アニキになって」20%

関連事項編集

脚注編集