メインメニューを開く

Uncyclopedia β

麻垣康三

麻垣康三(あさがき こうぞう)とは、自由民主党元総裁である。麻垣康三郎麻垣福三と表記される事もある。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「麻垣康三」の項目を執筆しています。

目次

任命編集

2006年9月に前総裁である小泉純一郎が麻垣を後継に指名し、自民党所属国会議員と党員による信任投票により、晴れて総裁、そして首相に任命された。ある長老議員はその様子を見て、かつての自民党総裁選の折には、三木武夫田中角栄大平正芳福田赳夫が、三角大福を売り歩いていたことを思い出すとつぶやいたという。

業績編集

今日まで、初めて経済企画庁長官になってから、兼任も含めて様々な仕事をしてきた。そのためかなりの政策通である。総理大臣になってからも外務大臣を兼任したりと、仕事への意欲は衰えなかった。時々刻々と変化する社会に対応するため、政策を徐々に軌道修正したりした。2008年以降、「あなたとは違うんです」と名言を生み出した。更に、「新しい漢字を制定」したことは記憶に新しい。

だが、「新しい漢字を作っていいの」とか「あなたとは違うんです」とか、無茶苦茶な言いがかりを、野党やマスコミにつけられた影響もあり、選挙にはめっぽう弱く、2007年の参院選、2009年の衆院選ともに惨敗を喫している。これは前任の小泉純一郎の後処理に追われたというハンデを考えても選挙に弱いと言わざるを得ないものであった。野党転落後の麻垣は野党の党首として、民主党と熱い論争をしてくれることを期待されていた。その点についてはあまりはかばかしい展開がなかったものの、民主党の方がそれ以前に自分から汚名を挽回し続けた結果、自民党は2012年の選挙で棚ぼた式に圧勝し、麻垣は3年ぶりに政権の座に返り咲いた。さっそく総理の他に4閣僚を兼任するハッスルぶりを見せた。それから8年経った2020年についに総裁の座は譲ったものの、副総理・財務大臣の職にはとどまり、休むことを知らない。

経歴編集

 
「小泉劇場」に続く「麻垣劇場」が開幕。左の4人が合体してスーパーヒーロー「麻垣康三」が誕生した。
  • 1979年 - 衆議院議員初当選。
  • 1996年 - 橋本内閣で経済企画庁長官、翌年には科学技術庁長官に任ぜられる。
  • 1999年 - 小渕内閣で金融再生委員会委員長に就任。
  • 2000年 - 森内閣で金融再生委員会委員長・官房長官を歴任。
  • 2001年 - 総裁選に出馬するもあえなく落選。しかし、小泉内閣では政調会長、国家公安委員会委員長、官房長官を兼任するという大車輪の活躍を見せる。
  • 2003年 - 小泉総理による内閣改造によって総務大臣、財務大臣、官房長官、幹事長の兼任という通常の国会議員なら倒れるような激務を任じられる。
  • 2004年 - 年金未納問題の影響もあるが、さすがに健康に支障をきたしたため官房長官と幹事長を辞任する。
  • 2005年 - 小泉総理がまた内閣改造をしたことにより、外務大臣、財務大臣、官房長官の職を任じられる。
  • 2006年 - 自民党総裁選でついに自民党総裁となる。その勢いで内閣総理大臣となり、外務大臣を兼任する。
  • 2007年 - 参院選惨敗の責任を取るために自慰を表明するも、同士たちに留意され、内閣改造を行うことでお茶を濁す。その際外務大臣の代わりに政調会長の職に就く。
  • 2008年 - 任期切れによる総裁選挙に勝利したついでに内閣改造をする。その際幹事長と国土交通大臣を兼任する。しかし、あまりの激務で体調を崩し、内閣改造時に自身の兼任を解く。
  • 2009年 - 衆議院を解散し衆院選に挑むも惨敗。総理大臣の座から退く。しかし、総裁の座にはまだ居座っている。
  • 2010年 - 参議院選挙で勝利。再び総理大臣になるチャンスをつかむ。
  • 2012年 - 再選が危ぶまれた総裁選挙で党員票で1位の石橋を逆転して勝利。衆議院選挙で圧勝(麻垣の長男・達夫が初当選)。総理大臣に返り咲き、副総理、財務大臣、金融担当大臣、法務大臣を兼任する。
  • 2014年 - 発足から1年8ヶ月経ったので内閣改造をする。法務大臣を辞め幹事長に就任。
  • 2016年 - 2020年の東京オリンピックまで総理大臣を続けるため、党規を改正し自民党総裁任期を延長することに意欲を示す。幹事長職を任期延長賛成の二階俊博に譲る。自民党内では、麻垣に限り特例で総裁任期を無期限に延長することが検討されているという[1]
  • しかし2017年以降は森友学園問題、加計学園問題などで基盤が揺らぎ始めている。後継者については太郎が有力視されている。また、実際には2012年の途中からは麻 垣三(あさ かきぞう)、2017年の途中からは麻 三(あさぞう)に改名しているとの噂もある。
  • 2018年 - 総裁選で上記の岸破聖太郎と争い、勝利する。
  • 2020年 - 14年間勤め上げた自民党総裁をついに辞任。しかし後継の菅義偉内閣でも副総理、財務大臣に再任される。

発言編集

ナチス編集

麻垣はナチスに譬えて話すのを好む。

  • 2008年8月4日民主党の台頭について「ドイツでもナチスにいっぺん(政権を)やらせてみようと選んで、ああなった」
  • 2009年10月26日鳩山由紀夫首相の所信表明演説に合わせて拍手や声援を送る民主党議員について記者団から感想を求められ、「ヒトラー・ユーゲントがヒトラーの演説に賛成しているような印象を受けた」
  • 2010年10月15日の米ハドソン研究所での講演で中国の軍事戦略について「極めて危険な論理で、ナチスドイツにおける『レーベンスラウム(生存圏)』を想起させる」
  • 2012年3月18日大阪維新の会への期待が高まる政治状況について、「政党政治が駄目だということで昭和10年代に日本で軍部が出てきた。ヒトラー、ムソリーニが出てきた時もそういう雰囲気だったのだろう」
  • 2013年7月29日の講演会で、憲法改正についてナチスドイツを引き合いに出し、「ワイマール憲法もいつの間にかナチス憲法に変わっていた。あの手口を学んだらどうか。」

これらの一連の発言から麻垣がナチスに対して否定的であるのは明らかであり、麻垣がナチスと同じ手口を使って憲法改正しようとしているなどという論はまったくの言いがかりであることがよくわかる。

総論編集

一度は総理ではなくなった麻垣だが、経歴をみてもわかるように衆議院議員となってから三十年近く、そして最初に総理大臣となった三年間、日本のことを考えて通常では考えられないほどの激務をこなしてきた。これは日本史の教科書に載るべき偉業であり、国民から一度選挙で不信任を突き付けられたにせよ、お疲れ様の一言ぐらいは言ってもばちは当たらなかったことだろう。そして三年のブランクを経て総理に返り咲いたことからみても、まだまだ麻垣は国民に期待されている存在であることがうかがえる。

出典編集

関連項目編集