メインメニューを開く

Uncyclopedia β

2010年W杯症候群

医療情報に関する注意 ご自身の健康問題に関しては、ためしてガッテンDHCで何とかしてください。免責事項もお読みください。

2010年W杯症候群(-ねんだぶりゅーはいしょうこうぐん、英:the World Cup 2010 syndrome)とは、2010年に南アフリカ共和国で催されたサッカーの世界選手権(FIFAワールドカップ)の開催中および閉幕後に、体調不良や神経症などを訴える者が世界各地で続出・多発した事例のこと。

目次

概要編集

FIFAワールドカップは南アフリカ大会をもって通算19回開催されており、現在サッカーは世界的に注目が集まる競技として扱われ、観客層の分布も年々多様化している。2010年W杯症候群はこうしたピークとも言える膨大な群衆を襲ったものであり、これまでのW杯では発生しなかった点や、初めてアフリカ大陸において開催されたこととの関連性とともに議論を呼び、感染症呪術などが疑われ原因究明がなされた。その結果、議論が始まってからわずか3秒ほどで1つの要因が明らかとなり、ほぼ確定的なものとして参加者大多数の同意を集め、ブブゼラ症と命名された。

症状編集

発症者は耳鳴り、吐き気、めまい、高熱、神経過敏症、不眠や悪夢などに持続的に悩まされるが、それらはすべて幻覚症状が根本原因になっているとされている。WHOに対する報告では、患者の9割以上が同じ幻覚症状を訴えており、彼らの耳には「W杯観戦中、スタジアムに響いていたけたたましい音」が閉幕後も後遺症のように残っているという。

「けたたましい音」について編集

2010年W杯症候群の発症例はスタジアムにいた競技関係者や観戦者だけでなく、テレビ視聴者(日本ではスカパー!契約者に多い)にも広がっていた。それほど強烈なものだったのであり、実際にどのような音であったかは多くの観戦者が記憶していると推測される。現在では大群の虫、具体的にはハエの羽音であっただろうと考えられている。

当時の開催国である南アフリカ共和国、中でもヨハネスブルグという都市は特に暴力犯罪が多く、エリス・パーク・スタジアムとサッカー・シティ・スタジアムは常に黒いによって覆われていたという。

関連項目編集