メインメニューを開く

Uncyclopedia β

Forum:投票による管理者決定を希望します

コミュニティ・ポータル > 管理者用伝言板 > 投票による管理者決定を希望します

議題提出編集

まず、以下の内容は某匿名巨大掲示板Uncyclopedia避難所に匿名で書き込まれた内容の受け売りであることをお許し下さい。

現在アンサイクロペディアの管理者は27人(このうちビューロクラット権を持っている管理者は24人)と、アンサイクロペディアのパクり元であるウィキペディアよりもかなり小規模なのにも関わらず、かなりの大人数であり正直言いまして過剰と言わざるを得ません。かといって特に何かやらかした訳でもないのにリストラするわけにもいきませんし、今後はウィキペディアのシステムに倣って立候補か推薦を経て投票によって管理者を決定するべきではないでしょうか。

現状では一人のビューロクラット持ち管理者が独断で管理者(ビューロクラット)に就任させることが容易ですし、ここまで管理者が膨れ上がってしまった現状をみると、これ以上独断で管理者に任命させるのはあまりよろしくないのではないかと思います。

あと、上のほうでいろいろと騒がれているビューロクラット権についてですが、仮に上記の投票制が導入されたとしたら管理者全員が持つ必要はないかと思います。多くても4,5人程度が持っていれば規模的にも十分かと思います。

言いたいことを要約すると以下の二つです。

  1. 管理者は、自ら立候補あるいは他者に推薦された後に投票で過半数を得て任命されるべき。
  2. 現状、ビューロクラット権を持つ人間は多すぎる。4,5人程度で十分ではないか。

以上にあげたことを理解していただければ幸いかと思います。乱文失礼致しました。--Amatias 2007年4月8日 (月) 17:04 (JST)

投票編集

  • その他(1)
    • Booska…最終的にAmatiasさんの判断に票を入れたため、賛成でも反対でもなくなっちゃいました。

議論編集

(反対)Amatiasさんは、何かとWikipediaと比較なさるようですが、そもそも比較する必要性はないと思います。また、投票制についてですが、これまたWikipediaの文化であり、アンサイクロペディアでは、他言語版でも指名制です。管理者が多すぎる、というご意見ですが、それに関して何の不具合があるのでしょうか?私自身は、まともな感覚の持ち主で、考え方がまっとうな方なら誰が管理者になっても(極論すれば全員がなっても)差し支えないものと考えます。-- by Muttley 2007年4月8日 (月) 17:21 (JST)
(コメント)制度は現行のままでも今のところは構わないと思うんですけど、もうこれ以上独裁者を増やすのはちょっと待ってもらいたいです。せめて、誰かを管理者に指名する際はここで投票とは言わないまでも意見を聞いてから、にしても悪くはないと思います。--吹石 2007年4月8日 (月) 17:57 (JST)
(反対)Muttleyさんに書きたいことをあらかた書かれてしまったんでアレなんですけど、僕も明確に反対します。それやったらアンサイクロペディアがアンサイクロペディアじゃなくなっちゃうと思う。指名制なのも、管理者に指名されちゃったらもれなくビューロクラットもついてくるよ!ってノリもひっくるめてアンサイクロペディアなんだと僕は思ってます。もちろん、他にいろんな意味で整備なければならないことはあるでしょうけど、それとこれは別なんじゃないかな。
管理者でもない僕がこんなこと言うのはとっても気が引けるんですが…、みなさんちょっとカタく考えすぎなんじゃないかと思います。BCを降りる降りないというのはその方の考えだからとやかく僕が言う筋合いはないとしても、そんな後ろ向きなことをする場所なんかい、ここは? という思いを最近強く持っています。ハナっからここはパロディなんですからして、パロディならパロディらしく前向きにバカやりましょうや、という場所だと思うし、それが理想形なんじゃないでしょうか。知的にバカやる場所なんですよね、アンサイクロペディアって。じゃ、前向きに頭使いませんか?
この規模ならまだ修正はぜんぜん利くでしょう。知的にバカがやれる貴重な場所なんだからこそ、後ろ向きに歩を進めるんじゃなくて、前を向いて歩きましょうよ。まだ5000ちょいしか記事がない、登録者だってやっと1000の大台を超えたばかりですよ。今後ろ向きになるのはあまりにも早すぎると思う。規模の点からしても、ウィキペディアを引き合いに出すのはナンセンスとしか言いようがないです。ウィキペディア(特に日本語版)がああなっちゃってるのはひとえにデカくなりすぎて、システムが追いついてないからだと僕は思っています。デカくなったがための問題に管理者の皆さんは苦しんでいて、さらに管理者が少ないときている。アンサイクロペディアはどうですか、これだけ豊富な管理者がいる状況はむしろ恵まれてますよ。それでいて、決めるべきことは多々ありながらも、管理者の皆さんの努力で(あえてこう書きますが⇒)火急な大問題を依然として抱えていません。管理者の皆さんの尽力でこれまでの問題を今のところ「大方」解決できている。残っている問題も今から皆で話し合うなりなんなりして解決できる段階でしょう。
まだ皆で話し合いをする空間もあれば時間だってあります。避難所の書き込みも読みました。気持ちはわからないでもないです。でも、今からソレ言っちゃったら、アンサイクロペディアの未来は決して明るくならないと思いますよ。--ブースカ。 2007年4月8日 (月) 18:26 (JST)
「船頭多くして舟山に登る」と言います。それを一度見てみたい。よって(反対)。でも皆がどんどん推薦や立候補をしてくれるなら船頭もどんどん増えるので(賛成)。参考までに****ペディアの管理者構成を載っけておきますが、何人ぐらいなら妥当なんでしょ。
サイト ページ総数 利用者数 管理者 ビューロクラット チェックユーザ ステュワード
アンサイクロペディア 13,048 1,593 27 24 - -
uncyclopedia 144,493 47,679 46 9 0 2
ウィキペディア 831,977 124,249 54 4 4 1
wikipedia 8,321,428 4,061,325 1,165 21 14 13
うーん、やっぱ投票が良い気がして来た。現在の「勝手に指名制」も「勝手に推薦、投票制」にすれば良いんじゃないかなぁ。でも問題は投票率が低いことだなぁ。--話切徒(詰めない方) 2007年4月8日 (月) 19:14 (JST)

この問題を引き起こした張本人です。ここに参加したのは2006年7月のことですが、私が管理者とビューロクラット権限を頂いた事を鑑み、その延長で「相応しそうな人物」を十数名任命した結果、現在の状態に至ってしまいした。

アンサイクロペディアの場合、ウィキペディアと違って当初は削除の方式がNRV貼り付けのみであったなど、管理者権限が相当強いものであったと思います。よって管理権限に関しても独裁者の現れる傾向が強いものと見られ、結局「個人の暴走を食い止めるためにも、管理者は多くいたほうがいいのではないか」ということでたくさんの管理者を作ろう…と考え、かかる行動を致しました。

しかし、削除についても議論方式などウィキペディアに類推する動きも出てきたので、管理者任命方式も改めた方がいいかもとは感じています。指名投票方式の導入についても特に反対はしません。--Asakaze 2007年4月8日 (月) 21:00 (JST)

(コメント)吹石さん同様管理者もある程度は数がそろってきている訳ですし、またこれまでにあった例はありませんが(少なくとも自分はそうあって欲しいと信じている)独断によって危険人物を管理者にしてしまうことの予防のためにも、投票までは行かなくても任命する際には他の管理者数人に声をかけて意見を参考にする程度はしても良いのでしょうか。--Road ( ノート 投稿記録 )2007年4月8日 (月) 21:16 (JST)
(賛成)正直言わせてもらうと、この案には賛成です。私のような危険人物(知ってる人は知っている)が管理者に任命されることは、投票制にすれば、絶対になかったはずです。ちなみに、私も一回管理者に任命したことがありますが、きっぱり断られました。(これについては、ただ、任命する前にその人に聞けばいいだけかもしれないが)それに、ほかの人の意見も聞いてほしいというのもあります。--獲加多支鹵大王 2007年4月8日 (月) 21:44 (JST)
  • (コメント、なんて編輯競合……)いまでもかなり管理者の数が少ないといわれている日本語版のウィキペディアと比較して、日本語版のアンサイクロペディアの管理者が多い、というのは、どうでしょうか。なんてブースカ。さんと似たような発言を前提として、つまり管理者の数が問題なのではなく、管理者兼BCの独断で新たな管理者ができてしまうことが問題なんでしょう。さて良識ある管理者のみなさまのことでしょうから、うんと熟考してそのひとを管理者にすることをきめたことでしょうし、大した問題もおこらないのではないか、なんておもうのは、甘いのかな。最近アンサイクロペディアに参加して、たしかにこの管理者の決め方にはおどろきましたが、これこそがアンサイクロペディアのノリなんだなあ、と感心したものです。日本語版のアンサイクロペディアを象徴する大切なもの(だとおもう)なので、投票にするにせよ推薦にするにせよ、「一方的」やら「適当」(にみえる)やら、そんな遊びの要素は残って欲しい、と希望をかいておきます。「形」「制度」と「遊び」がうまく両立する方法はないのかしらん。--Mobnoboka 2007年4月8日 (月) 22:03 (JST)
  • (コメント)Muttleyさんの「アンサイクロペディアでは、他言語版でも指名制です」との発言が気になったので一言。他の言語版は知りませんが、少なくとも英語版では日本語版とは違って、管理者あるいはビューロクラット一人の裁量で管理者を任命できるようにはなっていません。英語版の管理者の選出の過程はちょっとややこしいのですが、既存の管理者により登録利用者の中から管理者候補の選出が行われ(最低でも二名の管理者の賛同票が必要になります)、選出された候補者に対し登録利用者が投票を行い、新規管理者が選出されるというシステムになっています(詳細は英語版のページ、en:Forum:New Administrator Nominationsen:Forum:New_Admin_voteを参照してください)。
    あと管理者とビューロクラットの人数に関してですが、管理者はともかく、ビューロクラット権限のこれ以上のバラ撒きはもう勘弁して欲しいところです。そもそもビューロクラット権限というのはそう頻繁に行使されるものではありませんし、話切徒さんの作成された表を見る限りでも、やはりこの規模のwikiで24人のビューロクラットというのは異常です。--  | Kasuga | Talk | 2007年4月8日 (月) 22:51 (JST)
  • (賛成寄り)話切徒さんのコメントのように投票率の低さから来る偏りが想像されます。某掲示板の匿名意見のように現在の一般ユーザーと現行管理者の間に投票権のみを持つユーザーを新設しては如何でしょう?投票期間を一週間程度にしておけば一度くらいはログインして気づくでしょうし、その間に充分に意見が交わされるでしょう。

独裁者というギャグはあくまでもギャグであり本当の独裁者であってはここの衰退も懸念されます。現行の管理者がどのような過程で就任したかは存じませんが、ここが大きくなってきた現在、一度見直して見て万人が納得いくようなシステムになればいいのでは?--たぬよし 2007年4月9日 (月) 06:19 (JST)

  • (一部賛成)現状で極端な問題が起きている感じはしませんし、大規模な改革が本当に必要かいな? とは思いますが、せめて「任命の前に何らかの手続きをする」ことは必要だと思います。管理者の人数も増えて来ていますし、任命が安易すぎる気がするのです。同時に「任命の目安」くらいはあって良いのではないかと。ただ、単純な多数決には反対です。「こいつが管理者かよ」みたいな人が混ざったほうが空気の入れ換えには好都合だと思うのです(なので、管理者2~3名程度の賛成で任命できちゃうようにするとか)。その意味でビューロクラットを極端に減らす必要も無いとも。まだ現状ではという限定付きですが。--額田倫太郎 2007年4月9日 (月) 09:58 (JST)
  • (コメント)皆さんのご意見を拝見しまして、現実的なことを考慮に入れつつ、改めて考えてみました。うーん、まあ、たしかにBC権限については…たしかに考えたほうがいいのかもしれないなぁ、と。減らすというよりは、ある時期からは管理権限のみの付与にするとか、ですか。いきなり減らしちゃうのはアレなような気がしますけど、まあkasugaさんの仰るとおり、異常っちゃあ異常かも…。仕方ないのかな…。ただ、管理者の投票制はやっぱり時期尚早だと思います。どうしても作らないとアカン!というのであっても、事前報告→異議申し立て期間のシステムをつくるくらいにとどめるべきでしょう。ひとえに今回の七星さんの件も含めて、まだ大掛かりな整備をするほどの状況ではないし、ぶっちゃけ、制度をつくることでこの空気が一変しちゃうことの方が怖いです。んむ。まだ早い。問題が顕在化してからでは遅いという意見はわかります。でも、その前にやれることはかなりあるんじゃないかと切に思うぶーすか。なのでした。--ブースカ。 2007年4月10日 (火) 03:47 (JST)

(コメント&賛成)横槍を入れるようですが、是からのアンサイクロペディアの運営に関する重要な事ですから、このページの他にメインページなど目に付き易いページなどで他の一般ユーザーの方々からも広く意見を募った方が良いと思います。それと私もこの案にはAmatiasさん同様の意見で賛成です。それに最近の某掲示板ココのスレでも今の管理者任命制の話が多いです。本家みたくかなり多くのユーザーがいるなら分かりますが、今のアンサイクロペディアは本家に比べてユーザー数は全然少ないですし、全員がBC権を所持しても「宝の持ち腐れ」状態かと思うので、BC権を所持するのは4~5人の管理者の方たちで事足りると思います。それに最近もココもユーザー数が増えていますから、是からの事を考えて今のうちにきちんとした管理者任命システムを確立しておくの宜しいかと思います。--おでん 2007年4月10日 (水) 21:45 (JST)

  • (コメント)投票で決めるなら、英語版のような制度にしてほしいとも思います。ウィキペディアのように自ら立候補する制度であると泡沫候補が多数でてくるような気もするので。あと、管理者任命の目安は投票するしないにかかわらず必要とも思います。目安があれば一管理者の暴走も多少止められるはずですし。--誰か 2007年4月10日 (水) 21:57 (JST)
(提案者コメント) 言いだしっぺのAmatiasです。議論の参加ありがとうございます。
投票による管理者の選出につきましては、管理者一人が独断で管理者を指名するのはあまりよろしくないという意見が結構ある上に、そろそろシステムを確立しておくのも悪くないという意見も出ていますが、まだ時期尚早という声があるのも事実。皆さんの意見を考慮したところ、現時点ではガチガチの投票システムを定めなくとも"一般ユーザーを管理者にしたいときには他の管理者にあらかじめ声をかける"くらいはやっておいたほうかなぁと意見を変更させていただきました。規模がそれほど多くない現状を鑑みても(といっても急激に成長はしてきていますが)、これが妥当なのかなと再考してみた次第です。
管理者の話はここまでにして、話切徒さんの作成されたデータによると、そんな規模がそれほど多くない日本版アンサイクロペディアのBC保有者が何百倍も規模が大きい英語版wikipediaのソレよりも多いのは流石にどうかと思いました。まさかそんなにも高い比率だったのかと予想以上の展開に驚愕しています。やはりここは、BC保有者を大幅に削減する必要があるのではないかと再提起します。
それとたびたび話題を変えてしまい恐縮ですが、おでんさんの仰せられているように他の一般ユーザーの方々からも広く意見を募るためにも、メインページのお知らせ欄にこの節へのリンクとその旨を追記しても宜しいでしょうか? 多くの提議を並行して行い申し訳ありません。--Amatias 2007年4月11日 (水) 02:00 (JST)
メインページに書いておいたほうがいいと思います。多くの方に参加してもらったほうがよりよい意見を出すことができると思います。
  • (コメント)Wikipediaのパロディーサイトとして(?) Wikiとして規模は違っても参考に出来ることはあると思います。もちろん何でも参考にしたらいいとは思いませんが。私はあの人とあの人が管理人をしている限りとかなるだろうからいいんじゃないかと、どうしょうもない他力本願なので、今のところ特にこれと言ってすべきことはないと思います。ただ、ユーザーが増え記事が増え続けることが予想されるわけですから、先の予定まで決めておいても先走りすぎとは思いません。今の10倍くらいの規模になったら、投票じゃないとどうにもならなくなってくるような気がします。--はとはと71 2007年4月11日 (水) 11:14 (JST)
  • (お知らせ)そういうことでメインページに追加しておきました。--獲加多支鹵大王 2007年4月11日 (木) 18:42 (JST)
  • メインからきました。理由はAmatiasさんと同じで、ビューロクラットのこれ以上のばら撒きについてはあまりよくないと思いますし、むしろこの先大幅に削減する必要があると思います。ただ、管理者は24時間監視できる程度に多いことに越したことは無いと思います。そのときは当然、管理者を選ぶには厳正なチェックが必要ですし、そのためにも投票・立候補制度は賛成です。以上、たいしたこと無い1ユーザーの意見どころかここまでわけわかんざきで理解できず、支離滅裂な意見でした。失礼。--Tmortar 2007年4月11日 (木) 18:53 (JST)
  • あ、あとついでに。何でもかんでも元ネタだからとWikipediaの文化を輸入したり、それにとらわれたりする必要はないと思います。たしかにWikipediaをパロディしたサイトで、Wikipediaのやり方でやってますが、結局その中身は「アンサイクロペディア」というWikipediaとは全く違うサイトなんですし、外れることによって起こるデメリットが少なければ、こちらはこちらの状況にあわせた最善の方法を取るべきだと思います。Wikipediaというのを大きく外れない程度に。--Tmortar 2007年4月11日 (木) 18:58 (JST)
(賛成?)私は管理者権限が無限にばら撒かれる一時のアナーキーさが気に入っていたのですが、一人が複数の管理者権限をもてたり、極端な場合荒らしにも管理者権限が手に入る状況は改善すべきでしょう。wikipediaほど厳しくない、なまあたたかい管理者立候補制度や管理者タッチ交代制などがあってもいいかもしれません。ビューロクラットも今の人数から、この人ならという数人にまで絞る必要もあるかと思います。--Nopira 2007年4月11日 (木) 19:19 (JST)
(賛成)まず七星氏に一言、管理人任命システムまでユーモアいらねぇよない。サイトの管理はきっちりやろうぜ、剥奪騒ぎとか起こす前に。そもそも無責任に管理人増やしすぎだと思うんですが、どうでしょう。こう、過去ログ読むとなんかそんな感じ。いや人手が多いほうがいいのは知ってますよ、アンサイクロペディアは質より量な方針なら別に咎めない、現状でいい。でも変革したいなら投票制にすればいいんじゃないですか、アンサイクロペディアだし。まぁ今後、BC返す返さないとかそんな見るに耐えない電波的な騒ぎが起きないことを祈ります。--八月十五日 2007年4月11日 (木) 20:32 (JST)
(大大大大賛成大反対)だいたい、そもそも、日本って民主主義が機能してないでしょう。投票なんかしても、儀式的な意味しかない。日本語版ウィキペディアを参考にするなんて愚の骨頂。あんなもんは反面教師にすべきであり、わざわざパロディーにしなくても、すでにwikipediaはギャグの領域に達しています。
 実のところ、管理者をコントロールする為には、指名制の方がいい(つまり批判しやすいんだ)。投票は投票だけにして、管理は管理者がやって、緊張感ある関係の方がいい。ウィキペディアは投票に媚びすぎるんだ。投票やりたきゃ人気投票でもやってりゃいい。
 デモクラシーなんて信頼できません。こんなもんは歴史上、ろくな評価をされてない。好評になったのは極最近です。デモクラシーは機能さえすれば健全でしょうが、機能不全に陥れば最悪の制度です。民度を上げたり教育の徹底をするなど、下準備をしなくてはならない。しかし日本で健全に機能するとは思えない。実際に機能してない。
 究極の選択です。ブッシュを取るか、フセインを取るかです。私としてはフセインの方がマシ。侵略者よりは独裁者の方が賢い。
 『箔付けの為の大卒』なんてのもありまして、要は裏口卒業。似たようなもんで『箔付けの為の投票』なんてのもある。あとになって言い訳させない為のやり方です。「自分で選んだんだから文句言うな!」となる。情報の非対称性によるモラルハザードです。裁判員制度もです。「国民が選んだんだから、裁判所に文句言われても困る」という風潮になるのでは無いかと危惧されてます。
 私的には、『管理者の談合』で決めちゃうのを推します。マスコミでは批判されてますが、日本人は談合は上手です。不得手な民主制より、その方が安心できる。管理者には、この投票で賛成多数になっても盛大に蹴っ飛ばして下さい。キリカ 2007年4月11日 (木) 21:36 (JST)バカバカしくなった。転向します。キリカ 2007年4月14日 (日) 23:45 (JST)
そうだ。投票で何かを決めるなんてのは、自分で何も決められないバカがすることだ。俺のような天才肌の人間がすることじゃないね。全くその通り。よって俺はここの結果に関わらず、自分の思った通りにやらせてもらいます。という事で俺は勝手に投票制に移行します。あしからず。--話切徒(詰めない方) 2007年4月11日 (木) 23:47 (JST)
投票制そのものもいいんですけど、既にBC兵器を保有している人から強制的に取り上げる為にBC兵器を使うような事はしないでくださいです。全体に混乱を招くためにBC権限を放棄した訳ではなく、あくまで「自分はもう絶対に使わないから返上した」ってだけですので…。--だいひまじん 2007年4月12日 (木) 01:01 (JST)
>>話切徒さん
 じゃあ、あんたもうイラナイよ。やめちまえ。投票で決めるってことは、もう管理者はいらない。プログラムで十分です。投票数に応じて動くだけじゃないか。
 あなたは「言ってる事とやってる事が違う」と言うのをネタにしてるつもりでしょうが、まったく笑いになってません。ただ臆病風に吹かれただけの《不真面目》です。砕けたしゃべり方をすれば〈冗談〉になると思ってるだろ?
 天才だと思うなら考えなさい、そして見下しなさい。これは別に冗談で言ってるんじゃない。力を持つ者は、大衆に媚びることなく、時に見下してでも権威を保つ必要がある。帝王学であったり、紳士であったり、と。多少の強引さはリーダーシップであり、時に羨望と尊敬の眼差しを集まることにもなります。こんなバカな管理がありますか? 文字どおり自分で物を決めなくなって行く。見下すのは「本音」だけにして下さい。「建前」で見下されたら悪平等になる。キリカ 2007年4月13日 (金) 05:59 (JST)
(賛成)どうも先のことを考えるとこうした方がよいと思えてきたので、今更投票に賛成します。--はとはと71 2007年4月12日 (木) 01:51 (JST)
(賛成)これ以上、ピューロクラットぶち撒けまくったら、アンサイクロペディアが世紀末覇王伝説やら、マッドマックスな世界になっちゃいますからねぇ(みんな「汚物は消毒だー」ってな感じでw)。でも管理人を増やすのはいい事じゃないかな?議会民主制の制度をモデルにして、もし、ある登録ユーザーが管理人権限欲しいと思ったら今居る管理人には絶対加盟の管理人組合みたいな所に投票所作って一定数以上の賛成が得られればなれる。さらにピューロクラットになるなら、その該当する管理人が一定以上の記事作成と管理人と住民からの投票できめるとかさぁ?だめかな?--翠星石 2007年4月12日 (木) 08:58 (JST)
(条件付賛成)念のため立場を明確にすると、賛成です。ただし、管理者を減らさないのと、ビューロクラットを減らすのが条件ですが。理由前述。--bytmortar(迫撃法)(Talk|投稿記録|WP) 2007年4月12日 (金) 18:50 (JST)
  • (賛成・一部反対)確かに、管理者が多くても結構であることは確かです。というより、我々一般ユーザーからすれば、多いに越したことはありません(いつ何時何が起こるか分からないのがまだ成熟していないホームページであることだから)
それに、Peacementhol氏の言うとおり、ユーモアの見方や削除のラインなど、厳しい人もやさしい人もいろんな人がいるのが当然であることには同意するのが当然です。
でも、管理者を利用者の人が選挙で決めるなどと言うのもどうかなと思います。それでは管理者に特権がないことになってしまいます。管理者は利用者の代表者という立場なのですから、管理者のすべての人が議論を繰り返すというのが妥当であると思っています。
ですから、管理者さんも自分に責任を持ってもらえば、これから減らすというのは必要はないと思います。一理容赦の出しゃばった発言をお許しください。--旧千葉王国元国民(刺客)ダウンロード33(Downroad33) 2007年4月12日 (金) 17:53 (JST)(書き込み代行--by広東糸瓜共和国民★七星(Talk|投稿記録|WP) 2007年4月12日 (金) 21:33 (JST))

管理者が多いのは悪いこととは思いません。このサイトでは荒らしも多いと思われますし、荒らしではなくても削除対象になってしまう言葉もかなり出やすいと思われます。また、少々的の違った記事や優秀だがこのままでは削除対象という記事を修正する人、警告する人など恐らくは管理者のパトロールの必要性がWIKIよりもはるかに多いと思われます。

しかし、誰かの独断だけで組まれた管理チームというのも確かに心配だというのもわかります。投票制を取るにしても我々一般ユーザーがその人がどんな人であるかをできるだけ明確に知りたいという本音も確かに存在します。どこのラインまで許してくれるのか?警告はちゃんとしてくれるか?うっかりやさんで間違って削除されては大変だなど・・・。

結論としては管理者は特別減らす必要は無いと思われる。そして我々にも管理者を選ぶ権利を持たせるという場合はそれなりのアピールは必要である。という提案です。いっその事おまかせ表示の下の段とかに立候補者の特徴とかアピールのページを設けてはどうでしょうか? アピールの内容からしてあぶないという意見が多ければリストラもありえるでしょう。逆にこの人こそという声があれば管理者として昇格すればいいと思います。投票自体はいいことだと思います。 --Peacementhol 2007年4月12日 (木) 01:27 (JST)

管理者がどんな人であるか、あえて知りたいとは思いません。というよりも、だんだん分かってくるものじゃないですか。たとえば獲加多支鹵大王さんのような危険人物(本人がそう仰っているのであえて書きますが)が立派に活動されていることも、ここにいる人は知っているはずです。わざわざアピール文を見て云々なんて、選挙公報だけを見て都知事選で誰に票を投じるか決めるくらいばかげていると思います。
今の状況では、1人とんでもなく変な人が管理者ないしBCとなったときに大変だという話ですよね。そして、そのような状況を未然に防ごうと。だったら何人かの意見を聞くための「適当な」投票制でいいんじゃないですか。あえてWikipediaに目を向けてみても、適当な投票をしているところがあります(たとえば便所飯の削除依頼-存続票のほうが多いのに削除された)。賛成票が何%で何日経過して…なんて堅く考えずに、こういう適当な投票制なら賛成です。今のBCは信用するとして、今後はBC就任も適当な投票制にすれば、とんでもないことも起きないと思います。
BCだって多すぎることが直ちに問題につながるわけじゃない。ただ「1人の」独断で管理者やBCを増やすことだけをやめましょう。しっかりルールを決めずに投票所だけ設けてみるのもいいかもしれませんね。利用者:話切徒/管理局員募集なんて、個人的にはよいと思いますが。--かぼ 2007年4月12日 (金) 21:40 (JST)
 (保守主義的に)私は、その投票が悪いことだと考えてるんですよ。何を根拠にコミュニティーを信頼してるのか、分かったもんじゃない。管理者が暴走した際のダメージはとても大きいです。しかし反面、暴走のしやすさはコミュニティーの方が圧倒的に高いのです。投票なんて不安定なものを拠り所にするのは慎重であるべき。
 制度(システム)に頼るようになれば、管理者なんて飾りになります。誰でも出来ちゃえるんですよ。そしてフラフラと票数に尻を振るようになる。まして、立候補者を管理者にする? とんでもない。やる気のない無能ならまだしも、やる気のある無能なんてのは事態を紛糾させるだけで、始末が悪い。
 【賛成・反対】やら【削除・存続】なんて二元論は、思考停止を蔓延らせるだけです。何にも考えなくなって行く。こんな馬鹿げたものより、【批評・感謝】で動かした方が、よっぽど論考的だし知的です。票数なんか無視して、とにかく説得力ある、中身のある主張や論議を採用した方が人間味はありますね。そうやって管理者は、時に頭の悪いコミュニティーに喝を飛ばして貰わないと困る。コミュニティーは我侭放題。管理者はだらだら投票任せ。これでは互いに腐って行き、最後には馴れ合いになっていくんですよ。
 あと、2chで話すなら、ちゃんと紹介しとけ。やっぱり票の操作があるじゃないか。やっぱ駄目駄目。本当にろくな事にならない。投票が公正だなんて勘違いは、ティーンエージャーだけにしてもらいたい。公正な投票を期すために、民主制を機能させる為に、どれだけの下拵えと骨組みが必要なことやら、それがない状態で民主制を導入すれば、絶対に衆愚になります。こんなもんは少しでも、歴史を齧ったことがあるなら常識です。
 根本を言わせてもらえば、『管理者』って投票で決めないでしょ?。投票で決めるのは運営者や社長などのトップであり、管理者は人事です。普通は『方針』を投票で決めるんですよ。あとはその方針に従って管理者が動くんです。キリカ 2007年4月13日 (金) 05:59 (JST)

(賛成)とある島国のように管理者の任期を決めて任期が切れたら総選挙という風にしたら良いと思います利用者:Road/Template:署名忘れ1

(提案者コメント) 管理者については多すぎても困ることはないという方が結構多いため、もし投票制が可決されたとしても管理者のリストラは特殊な事情がない限りは行わないことにしたいと思います。よく考えれば管理者リストラはムチャがあったような気がする

とりあえず、現時点での明確な賛成票と反対票をまとめてみます。条件付だったり一部○○というのはここでは省きました。敬称は略しています。


余談ですが、話切徒さんが勝手に投票制を実行したようですが……個人的にはメッチャクールです。シビれます。ガチガチにルールを固めなくとも、こういう形で個人的にやらかしてくれるのは個人的には憧れてしまいます。--Amatias 2007年4月12日 (金) 22:00 (JST)

 んなわきゃない。これは投票を見て判断したんだよ。それくらい見れば分かるだろ? どこから本気のゾーンなのか見極めろよ。勝手でも何でもない、票数で動いたんだ。それを「勝手」と言ってるだけだ。キリカ 2007年4月13日 (金) 05:59 (JST)
(コメント)話切徒さんカッチョイイ!に同意。いやあ、恐れ入りました。その大胆さが素晴らしい。ルーリングにもらしさが現れててイカス! こういうのは全然アリだと思いますし、僕の考えるアンサイクロペディアらしさに合致するんで、ぜひ立候補について前向きに善処させていただきたいとかように思う次第であります(お役所言葉)。どっかのスレに俺の名前あるしなw。
マジメに話の舵を切ると、もっと柔軟な発想を皆さんにお願いしたいと思っています。投票制!という形ありきで進める段階ではないと思うのですね。今回の提案自体はこれほどの意見が出てきたんですから、提案した意味は大きいと思うので、なおさらその議論をガチガチにしたくないという思いが強いです。その観点だけについては、キリカちゃんに同意だな。
もちろん、話し合いの末に投票制という形で決まるならそれに従いますけど、まだ案は出てくるでしょう。その意味でも、話切徒さんの試みは非常によい例なのではないかと。
僕からは、前にも書いた「事前報告→異議申し立て」のシステムあたりをまず導入してみて、その一方で話切徒さんの試みは試みで実践してみて、平行して議論を進めていくのはどうかしら♪ と提案してみます。たとえば、現在のBC権限を持つ管理者(自らBCを辞退した方はとりあえず除いてみますか)が、何らかの方法で管理者候補を決めたら、Uncyclopedia名前空間のどっかに作った「やあやあ! 俺はコイツを独裁者に推薦するぜ!」欄に記載すると。で、一定の期間を決めて(たとえば1週間)、ある一定(特に例はないですけど、5票とか、全登録ユーザーの200分の1とか。テキトーです)の反対表明が出なければ、その推薦が通った(カタブツ事典で言うところの信任ってヤツ?)ことになって、晴れて独裁者の仲間入り、と。反対票を投じることが出来るのは登録ユーザーのみにするとか(別にどっちでもいいですけど)。これなら、指名制を維持できて、投票制を導入したい管理者は自分のポリシーの下に実施が出来て、それでいてチャチャ(反対表明という意味ね)もできると。
どうでしょ? 悪くはないんじゃないかな~なんて思ってますけど、自信もありませんです。全てはアンサイクロペディアの未来のために。--ブースカ。 2007年4月14日 (土) 09:12 (JST)

そろそろまとめましょうか編集

言いだしっぺのAmatiasです。この話題を提起してから一週間たちましたし、そろそろ〆てみようかなと思います。

まず、この一週間で管理者投票制に賛成の方は9人と反対の3人を大きく上回っていますのですぐにでも導入……するわけにはいきませんね。ガチガチなルールを定めるのにも抵抗がある方も結構いらっしゃいますし、当面はアポなしで管理者に勝手に任命するのはやめて、あらかじめ他の管理者から意見を参考にするという方針にしたいなと思っております。それか話切徒さんによる勝手に投票制丸パクり参考にした投票制をアンサイクロペディア全体に導入する方法もありますね。思いついた限りではこれくらいでしょうか。

次にビューロクラット削減についてですが、現実的に考えてもだいひまじんさんが仰るように、今持っている人からむリやリ剥奪するというのは現実的ではないと思います。現実的に出来ることは、新しくビューロクラット権を持つ管理者は作らない程度でしょうか……。もう少し期間を置いて考えてみます。--Amatias 2007年4月15日 (月) 18:30 (JST)

投票による管理者決定やビューロクラット削減についてなかなか決まらないようですが、そういうことこそ投票制で皆の意見を聞くべきではないでしょうか。投票自体があまり行われないアンサイクロペディアでは、重要な問題についての決定・結論に大衆の意見が反映されていないことが起こります。「投票による管理者決定の希望」という議題とは少し異なりますが、特に難しい(なかなか〆らない、結論が出ない)議論こそ、投票による大衆の意見が必要なのではないのでしょうか。-- 2007年4月16日 (火) 20:15 (JST)
賛成多数なら賛成が多数なのだから投票制を導入すればいい。反対多数なら反対が多数という投票結果を認めてしまい、これでは投票制度を導入する事になってしまう。なので、反対多数の結果を反映することなく、投票制を導入すればよい。どちらにしても投票制を導入すればよい。--どっかの錬金術師 2007年4月18日 (水) 02:22 (JST)キリカ
 あんたら、規則とか拘束されるのが好きですね。自由すぎるのは手に余りますか? システム化していくと人証性がなくなって行きますよ。負担免除でありシステム任せです。
 何が現実的なのかも意味不明。自分を指名したBCに権限を返上すれば自然でしょ? そんな意見は権力欲に酔ってる証明なのです。こんなの話し合いで決めりゃ良いんですよ。そもそも発想が保身的なんです。何ですか?『現行のBC所持者は継続で、今後は新たに作らない』って? 頭悪いでしょ? 真似事であっても、民主主義をやりたいなら任期制にしなさい。でなかったら、指名制を維持して直接民主制の方がマシです。uncpはアクセス数が見えるから分かるけど、82回アクセスされて投票数が12票って、どう考えてもでしょう。
 私が言いたいのは「愚を繰り返すな」って事です。こいつら、さも『投票権』をエサにして利用者を欺いてますが、肝心のBC権と管理権を、永続的に手中にするつもりです。しかも無自覚だから性質が悪い。『まとめ』と称して『既成事実』を作るのは、為政者がよく使う手法です。キリカ 2007年4月17日 (火) 01:24 (JST)
 2ch言いたい事はこっちで言えっつーの。しかもバカ丸出し。『アクセス数が票数を上回ってる、と言う事は投票制そのものに疑義がある』と最後まで言わないと分からないんですか? 最後まで説明されないと分からないのは子供です。キリカ 2007年4月17日 (火) 01:43 (JST)
すいません、ぼくこどもだからよくわかりませんでした。よくわからないのですが、アクセス数が票数を上回るという状態がおかしいのであれば、票数がアクセス数を上回るほうがいいんでしょうか?それって、利用者が1回の閲覧で2票以上入れていないとできませんよね。ほんとうによくわからないので、できるだけ凡愚にもわかるようにおしえてください。 --by(あ) 2007年4月17日 (火) 01:56 (JST)
(コメント)キリカちゃん! キーリーカーちゃん! そのくらいにしときなさいね。議論かく乱にもなってませんにょろ(ちゅるやさん風)。仮に82アクセスのすべてが別IPからのアクセスだと無理やりな仮定をしたとして、12票以外のアクセスはいわゆる「棄権」ってことでしょう。つまりは出た結論に従う、と見るのが肝要。意見できる場所で意見してないんです。それも立派な意見の一つなんじゃない? というか、アクセス数が票数を上回ってる、と言う事は投票制そのものに疑義があるってこと自体かなりの飛躍ですな。あ、これの続きは僕のノートでね。議論、かけ離れてきてまっせ。
で、僕も考え直したんですけど、とりあえずはAmatiasさんの仰る落とし所が懸命かもしれないですね。議論は継続するとして、ちょっと変えてみる、という按配がちょうどいいのかも。というわけで、僕もAmatiasさんのご意見に1票いれときます。--ブースカ。 2007年4月17日 (火) 07:36 (JST)
ブースカさんは名前が変なので不快感を表明するとともに、ちゅるやさんの真似をしてることから、対話不能と判断します。--AphaiA 2007年4月18日 (水) 02:22 (JST)キリカ

2CH面白いですね。私は別に管理者やりたいとは思ってないので構いませんよ。実際にしちゃいかんとも思いますし。 さて、議論が平行線になってきている気がしないでもないので一つ爆弾でも落してみますかね。

投票制に関しては賛成派が大多数、BC権を持つべき人物の是非・・・ ならばいっその事王様を決めたらどうだろう?王様がBC権を持ち後はサービスなりボランティアなりで一般利用者からのインフォメーションを引き受ける。パトロールや修正係も当然存在すればいい。 そんな彼らが修正や、一般からの意見、判断に基づいて王様に連絡をすればいいという寸法。 無論こんなことをすれば王様がくたびれる。そこで王様を含めBC権を持つ人を決める。これを投票制にすればいい。BC権保有者の人数は手間と見合いで王様が決めれば結構。 俺みたいに書くだけ書いておいてあとは放置って人じゃなくて、見回りやルールをしっかりわかっていて守れる人、つまりは現在の管理者が投票権を持てばよろしい。一般利用者まで範囲を伸ばせば組織票でどうにでもなる。 問題はその後王様が辞めちゃった場合だな。現在の管理者はようするに大臣なわけだから大臣は信頼できそうな一般人に投票権を与えたらいい。誰か同じようなこといってたな・・・。ただし、人数制限を設ける。大臣の利用者ページに「大臣認定投票権利者」とでも書いておくか。これで公平に現在大臣をしている人が王様の世継ぎになるわけだ。 んで、王様に格上げされちゃった人は自分が認定した人のうち誰か一人を大臣にすればよろしい。王様は常にひとりで大臣は常に一定人数。 大臣が辞めちゃう場合も後継者を一人選べばよろしい。 ながったりぃ文章じゃない書き方をするなら

  • 王様→大臣A、大臣B、大臣C・・・・・
  • 大臣A→部下 A 部下B 部下C
  • 大臣B→部下 D 部下E 部下F
  • 大臣C→部下 G 部下H 部下I・・・
  • 王様はBC権を持ち大臣のいいなりってほどでもないな。
  • 大臣は部下の愚痴とか部下が聞いた情報を参考に暗躍する。そして王様決定選挙に投票する権利を持つ。王様に命令された人はBC権を振り回せる。
  • 部下どもは民の愚痴を一身に受けて大臣に愚痴る。どこぞの大臣に任命されて仕官する。同じく王様決定選挙に投票できる。

大臣がサブID使って全員を任命したところで仕事が膨大な量になっててんてこ舞いになるだけだからより公平になるだろ。それに極端な人数も要らないだろうからせいぜい管理軍は王様一人、大臣3人に部下が3人ずつ。しめて13人。おっと今は27席必要だったな。

手が赴くままに書いてしまいました・・・。汚い言葉になってしまいましたが私が思いついたシステムです。わずかでもヒントになれば幸いです。

あまり複雑なのも如何なものかと。上にも似たようなことを書きましたが、重要なのは現状で何が問題なのかというその一点で、某所でも話題になってるように(そして恐らく、多くの人が感じているであろう通り)、「一人の独断で管理者が任命されるのはどうよ?」が発端だろうと思います。
それ以外の共通の問題意識は「BCが多すぎ」あたりかと思いますが、現実的な対応として「予め意見を聞く(だけ)」案は適切かと思いますし、それ以上に複雑な話は今後、大改革の機運が高まってから改めて議論しても十分では無いかな、と思うわけです。
そういう意見も含めまして、とりあえずは「次の管理者は意見を聞いてから任命する」をやってみれば良いと思います。グズグズになる恐れもありますが……(その時はその時?)。--額田倫太郎 2007年4月18日 (水) 09:15 (JST)
今行っている議論がどう決まろうと、次の推挙の折には(よっぽど空気の読めない人ならともかく)誰しも慎重になりすぎて、なかなか候補者を挙げられない雰囲気になってしまうと思うのですよ。その状態で先頃までの適当な基準のままだと、おそらく次の管理者は永遠に選出されない気がします。だから選挙制の是非はともかく、「とりあえずは」はやめたほうがよろしいかと。
個人的には、ウィキペディアのパロディなのだから立候補して質疑して投票して、というのをやってみたいです。どうなるかわからないというか、質疑が大喜利になりそうな気がするというかそういうのに期待しているというかそれが狙いというか、うん、なんかごめんなさい。 --by(あ) 2007年4月18日 (水) 11:31 (JST)
えーと、ここが議論?の最後かな。この前も投票率下がってましたよ選挙。それはともかくここでは、告知不足が致命的では? トップページじっくり見る人は、編集する人じゃなくて、訪問者の方が多い気がするのですが。ノート一斉配信システムみたいなのを作って、少なくとも登録ユーザーには「投票が行われます」とお知らせしないと、投票がある事は知らず、投票権があることも知らないかも、そもそもどこで投票できるのかも知らないんじゃないだろうか。重要な投票ならこれらを連絡しないと、誰も来ないでしょうと。実際来てないですよね。韓国の謎のアカウントの方も。私が気がついたのはたまたま声優ネタ禁止OK? の話で書き込んでいたからです。ちゅるやさんも素晴らしいですが、やはり人型ユーノくん無印がかわいいですね。お話しできなくなるのは悲しいですがキモオタの宿命なんでしょう。--はとはと71 2007年4月18日 (水) 12:04 (JST)

システム化したいんでしょ編集

システム化すると顔が見えなくなります。9票の賛成と3票の反対した人たちが、どんな人か分かる? こうして少しずつ冷たい家畜になっちゃうんです。自由の女神は左手に書物を持ってるのですよ。盲目になると己に自由がない事も分からなくなってしまうから。

総理大臣や法律を作った人たちに会うのは大変でしょ? でも、ネットはそれが簡単にできる。方針も手軽に変えられるし提案も容易なのに。折角のネットのいい所が台無し。キリカ 2007年4月18日 (水) 02:22 (JST)

いやはや、強烈なボディブローのような意見ですね。 これはあくまで仕組みです。王様だって民と会話くらいするでしょう。 むしろ王様に一般からの意見が集中するのではないでしょうか・・・。 だからこそ王様の代わりに意見を聞く人がいて、同時に王様の判断をラクにする存在もいればなお良いということです。投票にしても上記のとおり全ユーザーに投票権を与えるのはよくないということで投票権は王様のヘルプ役が「こいつならちゃんと判断できるべ」という人を選んで「投票あるときゃ投票しとけ」と話をつけておくという風にすればいいということです。少々カタブツな考えではありますが、発案者の意思にダラダラな管理の仕組みをシャキっとさせたいという気持ちを解釈して提案させていただきました。

↑のひと書名忘れてるってば! ……おもしろいから放置。 そろそろ春も中盤というところでしょうか、うーん、温くなって来ました。オイラは生粋の日本人なので自由の女神が何ちゃらなんてユーモアが高尚過ぎてわからない。んーでも、まぁ一言言うならそんなガチガチ考えずにゆっくりいこうよ、ってこと。別に投票制度になったからって死人が出るわけじゃないし、少しはキーボードから離れてお日様の下に出て深呼吸でもしてはどうでしょう。葉桜の季節になりましたが、まだ桜は咲いています。少し立ち止まって周囲の景色を見渡し、ゆっくりお花見でもしてみてはどうでしょうかね。八月十五日 2007年4月18日 (水) 08:49 (JST)

他者の話に向き合わずに、新規に節を作って話を逸らす人が「相手の顔が見えなくていいの?」とは、ありえん!ありえんがゆえにアンサイクロペディアの論壇か!まずは「言葉のキャッチボール」というものを憶えよう!話はそれからだ!
でも、顔の見えない投票ってのはドキドキじゃない?素性の知れない相手が自分を罵ったり嗤ったりするのもワクワクじゃない?もっと顔の見えない暗がりを楽しみましょうよ。闇鍋はそれからだ! --by(あ) 2007年4月18日 (水) 10:30 (JST)

「こうして少しずつ冷たい家畜になっちゃうんです。」とか言っちゃうキリカさんってとってもポエマーですね。ていうかぶっちゃけ、私キリカさんのしたい事がイマイチ理解出来ないんですけど???「民主主義」だとか「愚を繰り返す」とか、普通にこんなウィキペディアのパクりパロディサイトの新しいシステム如きそんな熱く語られても場を乱すだけだと思う。そもそも「総理大臣や法律を作った人たちに会うのは大変でしょ?」て言っても、誰も好き好んで合いに行かないと思うし合いたく無いと思う。--おでん 2007年4月18日 (木) 16:00 (JST)

(・∀・)「キリカは、いつ返信するんだ・・・早くしろ!」とか思ってたのでしょ〜 キリカ 2007年4月21日 (日) 18:44 (JST)

「管理者になりたーい」という人をあぶりだす発掘する意味で投票所はあってもいいんじゃ無いかと思います。投票所という明確な目標があればがんばりやすいんじゃ無いかと。強権発動に第三者が不満に感じたときは投票所にまわしてみる…なんてやり方もありそうです。問題は投票の参加率でしょうね…。こればっかりはやってみないとわからないです。(票数集まらなかったらforumで話し合うだけでもいいかも)

BC権は使う人と使わない人が分かれてるっぽいので、管理者でほしい人だけ事後申請でもらえるようにしておけばよいんじゃないでしょうか。そんなに大勢いないと思います。

これからユーザーが増え、あわせて管理者も増えていくのを考えると、管理者の個人行動だけに頼ってビシバシ管理者を指名していくのは、いつか管理者同士把握できなくなってこんがらがるんじゃないかという気もしてきました。投票所にしろ、メインページにしろ、公共の場で新しい管理者をお知らせする必要があると思います。--トノ 2007年4月22日 (月) 15:59 (JST)


この案件に関わる気はさらさら無かったものですが、初めて表立って行動します。
投票率は問題ないと思います。実験の結果、そこそこの票が入りましたし。それとまだ未完成ですが、実験の第二段階に移行してみようかと思っています。これがまともに運行できるようになれば管理者の選抜どころか、記事の是非・利用者/独裁者の裁判・その他もろもろの決め事の投票など応用が利くようになると思いますしね。





・・・別にあなた達のために作ったんじゃありません。
あくまでアンサイクロペディアのためですからね。--大阪民国民A 2007年4月22日 (月) 22:51 (JST)
それって「アンサイクロペディアでの投票」ではなくて「2ちゃんねるでの投票」が成立したって事ですよね。そいつをコッチに輸入するにあたっては、「匿名で一人何票でも入れられる投票と、記名で一人一票の投票の結果が一致するのか」ってあたりが問題かと思います。コッチでもソックパペットを作れば多重投票は可能ですが、過去の投稿記録などからある程度ソックパペットかどうか推定できますが、完全匿名ではそれも不可能です。そんなわけでプロキシ経由で投票を頑張った結果、見事当選いたしました。これも皆様のご支援のお陰です。これからも自分の利益を第一に考え、売名行為に勤しむ所存であります。ありがとうございました。--話切徒(詰めない方) 2007年4月23日 (月) 00:52 (JST)
「2ちゃんねるでの投票」という意味合いより、匿名投票は成立するのか・また、その場合どれぐらい票は入るのか、といった意味合いを置いてます。1回目はよそ様のサイトなので、多重投稿の対策などは行えなかったのはどうしようもない結果でした。2度目のほうはその点を踏まえて、わざわざ自前で投票サイトを立ち上げて多重投稿の防止策を施しています。
それでも、cookieを消して・ルータぶっこ抜いたり、プロキシを通したりすれば多重投稿の防止策なんて役に立たないかもしれませんが、そこまで行けばソックパペットの危険性とさほど変わらないと思います。
若輩者の意見ですが、記名投票だと、IPユーザ/新参/シャイな子が票を出しにくく・管理者/古参/荒らしに惑わされやすく、一票の重さが不公平になってしまうと思っています。
その点、匿名投票にすれば不正投票の頻度は上がるでしょうが、少なくとも誰の票も同じ重さであり、誰でも投票しやすい形だと思います。登録ユーザのだけでなく、IPユーザにも積極的に参加して欲しいから私は匿名投票を推しています。--大阪民国民A 2007年4月23日 (火) 21:39 (JST)
「匿名投票の方が公平」という意見には同意できません。一人一票の保証がないネット上の匿名投票では現実の選挙のような公平性を実現する事は不可能です。多重投稿を防ぐ事ができない以上、一票の格差は匿名でも存在しますし、むしろ格差は広がると思います(プロキシを知っているか、CGIのソースを読めるかどうか等…)。ネット上で投票にある程度の公平性を持たせるには記名制を導入するしかないと思います。
そのためにIPや新参の人が投票できない事については公平性を保つために払わざるを得ない代償だと思います。彼らに対しては「アカウント取れよ。取りたくないならあきらめろよ」「今回はごめんなさい。また次があると思うのでそれまで記事でも弄っておいてね」と言いたい。選挙で本当に重要なのは投票そのものじゃなくて、投票前の選挙期間に候補者が自分の意見を言って、選挙人がそれを聞いたり意見を言ったりする事じゃないかなと思うので、新参の人とかIPの人はそっちに参加することで自分の意見を選挙に反映できると思う。記名で投票もできないほどシャイな人については知らん。言いたい事があるなら投票ぐらいしろ、と思う。
多重投稿とソックパペットですが、多重投稿かどうかの検証は投票所管理者しかできません。一方ソックパペットかどうかは過去の投稿履歴を調べたりして一般ユーザでも検証可能です。ソックパペットを排除しようとすると新参者も排除されてしまいますが、より多くの人が検証に参加できる事で排除の基準が明確になりますので公平感は増すと思います。投票結果を参考にして何かを決めるだけあればどんな方法でも良いと思いますが、投票結果がそのまま決定事項になるのであれば「不正の排除」と「選挙結果の検証性の確保」は必須だと思います。--話切徒(詰めない方) 2007年4月24日 (火) 01:27 (JST)
  • (コメント)ウィキペディア日本語版で行われていることが民主主義的かどうかはさておくとして、民主主義の実行にはコストがかかる(人的資源やら)わけですよ。あそこは人口12万人の、いわば都市です。民主主義的な事を実行する意義も有るかと思います。現状のアンサイクロペディアはそれと比較すると人口2000人足らずの村です。果たしていわゆる民主主義が成り立つような規模でしょうか?(投票数だって極めて少ないですし)


無理というか背伸びをしてまでシステムのためのシステムを作らなくても良いと思うのですが。アンサイクロペディア利用者が増加して、現状では対処出来なるから準備しなきゃね、というタイミングまで待っても良いと思います。
BC多すぎの問題ですが、確かに比率的にBCが多い感はあります。BCの権限はあまりに強大です。ですが、少なくとも現状ではBCが多い事で問題は発生してませんよね?(詳しい方、ご教示ください)まあ、当面の対策として、BC権を重荷に感じている人はBC権を返上する、新しくBC権を撒く時は慎重になる。これぐらいでしょうか。
管理者を減らすこと(リストラって単なる解雇の意味じゃ無いですよね)については反対です。現に害は有りませんし、むしろ記事の数が増えるにつれ、管理者不足(どこかほど深刻ではありませんが)が起こりつつ有ると思われます。管理者個々の負担軽減も必要ですよね。
仮に投票のようなことをしても、現状では準備不足かと思われます。もし投票を導入するなら、信任と同時に解任の手続きも定めておかないと、ちょっとおかしな人が運悪く管理者に信任された場合、危険かと思われます。
当面はBC権無しの管理者を増やす方向でいかがでしょうか?
任期制、試験採用の管理者を導入するのも悪くないと思います。
「王様システム」も一考の余地有りと考えます。
WikipediaはWikipedia。アンサイクロペディアはアンサイクロペディアなのですから、違うあり方で良いと考えます。

--Nisehoka 2007年4月23日 (月) 04:57 (JST)

誰かをモデルとして、投票方式をやってみたらどうですか?--219.111.108.91 2007年4月25日 (木) 19:47 (JST)

い、一応ながら人柱やってみてるんです・・・よかったら清き一票を・・・ --by(あ)信任投票中 2007年4月27日 (金) 00:14 (JST)

本当に、ウィキペディアの丸パクリですね・・・。話切徒さんも、威勢はいいけどやってる事は模倣に過ぎないです。jawpはブロガーに叩かれて、海外からも懐疑の眼差しを向けられ、スチュワードが解任動議にかけられると言う、バカげた事態になっているのです。あんなもんは、真似するもんじゃありませんよ。参考程度にした方がよい。キリカ 2007年4月28日 (土) 02:14 (JST)

投票制度のあり方編集

投票ですが『拒否権』については、どうするんですか?『全会一致』を目指すのか、『多数決』で済ますのか、でも大分違うでしょう。キリカ 2007年4月28日 (土) 02:14 (JST)

ふつうは投票といったら多数決を指すと思います。有効票の3分の2以上などといった規定なら分かりますが、全会一致や拒否権を導入することにメリットはありますか?それこそ、1人の困ったちゃんのために投票がスムーズに行かなくなるデメリットのほうがはるかに大きいと思いますが。国際連盟や、冷戦下の国連安保理から学習しましょうよ。--かぼ 2007年4月29日 (月) 21:30 (JST)
ふつうは投票といったら多数決を指すと思います。有効票の3分の2以上などといった規定なら分かりますが、全会一致や拒否権を導入することにメリットはありますか?それこそ、1人の困ったちゃんのために投票がスムーズに行かなくなるデメリットのほうがはるかに大きいと思いますが。国際連盟や、冷戦下の国連安保理から学習しましょうよ。-- 2007年4月30日 (火) 17:21 (JST)
ふつうは投票といったら多数決を指すと思います。有効票の3分の2以上などといった規定なら分かりますが、全会一致や拒否権を導入することにメリットはありますか?それこそ、1人の困ったちゃんのために投票がスムーズに行かなくなるデメリットのほうがはるかに大きいと思いますが。国際連盟や、冷戦下の国連安保理から学習しましょうよ。--話切徒(詰めない方) 2007年4月30日 (火) 23:19 (JST)

ふつうは多数決を指しません[要出典]。全会一致が基本です。多数決とは切捨ての論理ですから、特殊な制度です[要出典]。また、「1人の困ったちゃん」の意味が不明。困ったちゃんとは何を指してるのか言ってください。(相変わらず何も考えちゃいないんだろうけどさ)。メリットはともあれ、デメリットは簡単です。何も考えずに、気分で投票権を振り回す、思考停止ヤロウが出てくる。あと、『拒否権』と『全会一致』は微妙に違うと思う。『拒否権』は一部の特殊な人が、「投票で決める様な案件ではない」と判断した際に行える、強権的な権限です。ビューロクラットには、『拒否権』を与えてもいいと思ってる。根拠はBCに対する信頼です。キリカ 2007年5月15日 (水) 21:14 (JST)

「1人の困ったちゃん」について、どこかの辞書みたいにいちいち堅苦しい説明が必要ですか?たとえるなら、もしリットン調査団の報告を受けての措置に全会一致を求めていたら、日本票のために結局なにもできなくなってしまうということですよ。国際連盟と国連安保理を例に挙げたのも、きちんと全会一致と拒否権に対応させてのことです。いちいち説明されなくても拒否権と全会一致の違いくらい分かります。要するに、議論をまとめたくないと思っている一般ユーザーのことです。圧倒的賛成多数によって信任されかけた候補者が、そうした1人の反対票によって信任を得られないのはよくないでしょう。某辞典の秀逸選考でも全会一致を規定していますが、不文律として特定票排除の方針があるためなんとか秩序が保たれていますが。
ところで、拒否権は全会一致の議論においては不要ですね。変革(新管理者選出を含む)か現状維持かの議論においては、全員が拒否権を有しているのと同じですから。それともキリカさんの意図される拒否権とは、議論の終結を命じる権利ですか?
さて私からも質問ですが、「何も考えずに、気分で投票権を振り回す、思考停止ヤロウが出てくる」と思われる根拠と、それがデメリットである理由を提示していただければと思います。投票数が多くなれば、気分屋がいたところで統計的にその効果は相殺されると思われますが。
いろいろ書きましたが、折衷案として某辞典の秀逸再選考のような制度までは譲れますが、全会一致は納得できないとだけ申し上げておきます。(追記。要出典タグを貼らせていただきました)--かぼ 2007年5月15日 (水) 21:42 (JST)
無思考って、それ自体がデメリットだと思うんだけどな。考えなしに権限を行使する・・・。そういえば《全会一致の妨害をする困ったチャン》と《何も考えず投票するヤロウ》は、どちらも疎まれていて、似ています。制度が違うだけで本質は同じかもしれません。
何が一般的だと言えないのですから、どれも特殊な制度です。切捨ての論理が一般的だと思えません。ですから、多数決は特殊な制度です。
「1人の困ったちゃん」の説明は必要です。この場合の《必要》とは、限定的かつ必然的な「困ったちゃん」の説明ではなく、偶然的で恣意性に基づく、意味を決定する必要性です。「困ったちゃん」の定義が、空をフワフワと漂っています。キリカ 2007年5月17日 (木) 01:55 (JST)
さらに議論がまどろっこしくなってきましたね。
まず、無思考での投票が歓迎されないことは認めましょう。しかしこれは投票制度に依らず普遍的に存在する弊害であって、全会一致・3分の2・過半数という可決の要件とは無関係ではないでしょうか?
次に、特殊な制度云々と仰っていますが、「ふつうは多数決を指しません。全会一致が基本です」というご意見と、「何が一般的だと言えないのですから、どれも特殊な制度です」は矛盾ではないですか?今回のご意見では、多数決は特殊な制度だとしても全会一致も特殊な制度であると解釈されます。
「1人の困ったちゃん」についてはすでにご説明しております。一見高度に学術的そうで文になっていない文でご質問される前に、私の前回の書き込みをもう一度ご覧下さい。それでも説明を求められるのであれば、それはすでにキリカさんが別の意味でこの言葉を使っていらっしゃる証拠です。
さて本題ですが、「信任の要件としては過半数を推すが、3分の2以上や4分の3以上でもよい」と私の意見はすでに述べました。キリカさんはどのようにお考えですか?拒否権については立場をお示しいただきましたが、信任可決の要件についても明確にお答えいただきたいと思います。--かぼ 2007年5月18日 (金) 00:25 (JST)

えー だって書きたい事はもう書いたし、立場とかどうでも良いや。キリカは思った事が書ければ、それだけで十分です。信任は、発言さえ許されるなら、信じられない人がなってもいい。

かぼさんと、キリカの「困ったちゃん」の意味は別ですよ。キリカは、「困ったちゃん」の意味に具体的な説明は欲してません。何か特定の状態を指す言葉ではないからです。「言ってください」は、ちょっと意地悪しただけです。ごめんなさい。キリカ 2007年5月20日 (日) 08:22 (JST)

他の方からもご意見はないようですし、とりあえず利用者:話切徒/管理局員募集の様子を見てみましょうか。立候補者が信任の用件をどう判断するか。--かぼ 2007年5月20日 (月) 22:36 (JST)

さらに議論編集

ここでちゃぶ台返しが来ましたよ。以下提案。

  1. 管理者権限はビューロクラットが独断と偏見で与えてよい。でも本人が固辞したら固執しない。ここで出来た新管理者を以下のびたと呼びます。便宜的に。
  2. のびたは3ヶ月間のびたのままです。管理行為は普通の管理者と同様に行うことが出来ます。
    1. 「やーい、のびたのくせに」といわれるのがいやになったら、いつでもやめることが出来ます。
    2. のびたが道具を不当に使ったと思う利用者は、ビューロクラットに文句を垂れて下さい。ビューロクラットが後始末をします。3人以上から苦情がくるようなら、道具を取り上げたほうがいいでしょう。
    3. 3ヶ月の終わりに、管理者・ビューロクラットから賛否をつのります。反対がなければ、のびたを卒業して管理者になります。おめでとう。

某ウィキメディアプロジェクトの某所で実際に使われている昇格システムをベースにしていますが、案外ここになじむのではないかと思います。ビューロが勝手に管理者を作れるという爽快さはなかなか素敵なので、それをうまく残せないかなと思って考えてみました。--名無し 2007年6月1日 (土) 23:00 (JST)

これは意外といいかもしれませんね。管理者になったのに、飽きたり発狂したり2ちゃんねるで叩かれたりして遁世してしまう人もいますし。幾多の試練に耐えて3ヶ月残ったのなら立派な管理者と呼べるでしょう。--かぼ 2007年6月8日 (土) 19:09 (JST)
選挙管理委員(代理)のMuttleyです。現状、このままだと全員落選がほぼ確実の状況。そこでどうでしょう、結果如何に関わらず、アクティブなひとを「のびた」にしては?正直、立候補したくせに最近の投稿がほとんどなかったり、ひどい場合は立候補以来顔を出していない方もいます。まだ投票は終わっていませんが、案外とPeacementhol氏あたりに実験台になっていただくのが良いかも知れません。ただし彼の場合は時々暴れますので「暴れたら即刻のびた取消し、問題なければそのまま正式採用」という条件付で。もちろん当選の場合はそのまま任命。-- by Muttley 2007年6月24日 (日) 13:21 (JST)
実験ですか。アルバイトみたいなモンですね。なんかすんご~~くさげすまされているような気がしなくもないようなそうでないようなそんなこんなではありますが・・・。じゃあ、ご氏名をいただいたということでステータスみたいなものでも書いておきますのでMuttleyさんの考えに対する意見の参考にしてみてください。
  • テンプレ、カテゴリの把握→50%(未だに探し回って迷う場合がほとんど)
  • テンプレ作成→不可(コピペして色を変える程度が精一杯です)
  • HTML→<ビーアール???>
  • JAVA→プログラム言語・・・ですよね?
  • 使用言語→日本語一辺倒どころかタイミングという言葉さえ嫌悪して機会とか好機という言葉を使いたがる。
次に削除に対する基本的な考え方
  • NRV期限切れは早く始末したい
  • 一行記事は1時間待つのが精一杯
  • NRVと即時の境界線がよく見えない。とりあえずある程度長ければNRV。
  • クレームの際はいかなる記事でも議論のために復帰して、そのノートで議論する。
荒らしに対する考え方
  • 荒らしのパターンは揚げたらキリが無いでしょう。ですがぺだる氏のような場合は別として、ブロックは短い期間から徐々に伸ばすつもりです。というかむしろ最初のうちは余り手を出したいとは思いません。あきらかにアンサイクロペディアにケンカ売ってるという場合はともかく、自分で施してきた加筆のことごとくが後ろめたいものになってきて仕方なくまとめて全部改めようとしていたなどという場合はブロックするのはいけないことだと思いますから。ひとつ現在の管理者の方々にはブロックした場合の理由をもうひと言詳しく書いていただければ教科書代わりになるかなと。とにもかくにもしばらくは「あ、コイツ!」と思ったら削除記録を開いてよ~~~く考えた後に最近更新したページに「ああ、先を越された。手柄を取られてしまったorz」というパターンになるんだろうと思っています。
言い換えればこれが自分自身で把握出来ている全てとなります。その点も余すことなく参考にしていただければと思います。もしかしたら、これで「なんて奴を指名しやがるんだ!」と思われる方が現れるかもしれません。というわけで今のうちに謝っておきます。申し訳ありませぬ。--Peacementhol 2007年6月24日 (日) 14:29 (JST)

のびたシステムの試行について編集

面白い試みだと思ったので、ムシャクシャして勝手に試行を始めました。Forum:のびた君掲示板をご覧ください。反省はしていません。-- by Muttley 2007年6月24日 (月) 18:28 (JST)