メインメニューを開く

Uncyclopedia β

曖昧さ回避 この項目では、「GAMEBOY」という携帯ゲーム機について記述しているばい! 似てないようで似ている投擲武器「ゲームボーイ」につ・い・て・は「ゲームボーイ」をCHECK IT OUT!! はい!!!
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情キノコが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
Bouncypotato.gif
この記事「GAMEBOY」は何故か「ゲームボーイ」とネタや題材がダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。

GAMEBOY(げぃむぼぅい)とは、忍天堂が開発した投擲武器ゲームボーイを模した電子機器である。様々なバリエーションが存在し、携帯ゲーム機カメラ、ライト、シャンプーとしての機能が付いているものが有名。モビルスーツコアブロックシステムを参考に開発された背面のカートリッジ換装システムや、NASAから流出したとされるブラックボックスが組み込まれており、それまで洗濯機程の大きさであったゲーム機が、一気にビデオのリモコン程度まで小型化された。 略称は「ゲムボ」、「ゲムボイ」、「ゲーム」等が一般的であるが、公式が推奨している略称は「GB」。コンピュータで扱われるデータの量のサイズ「ギガバイト」と、中華人民共和国の国家規格の通称である「GB規格」を掛けたトリプルミーニングである。


Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「GAMEBOY」の項目を執筆しています。

目次

概要編集

戦時下の日本において、兵士の持つ投擲武器「ゲームボーイ」は子供達の憧れの的であった。そのため子供達の間では、お菓子の空き箱などをゲームボーイに見立てて遊ぶことが流行った。それに着目した忍天堂は遊具として、ゲームボーイと瓜二つな携帯ゲーム機「GAMEBOY」を販売することを決定した。このGAMEBOYは遊具でありながら本物のゲームボーイと寸分違わぬ出来栄えであり、本物さながらの使い方が人気を呼んだ。ただし遊具であるため、耐久性が重視され、武器としての攻撃力は大幅に低下している。武器であるゲームボーイに様々なバリエーションがあるように、GAMEBOYも同型のバリエーションが存在する。

機能編集

カートリッジ換装システム編集

その時々の状況に応じ、背面にカートリッジを挿入することにより様々なゲームを楽しむことが出来る。このシステムにより汎用性が向上し、劣悪な環境下での運用も可能となった。なお、あくまで遊具であるため、オリジナルのようにカートリッジを手裏剣に代用することは不可能となっている。

機体換装システム編集

本体も自分の好みの色を選べるよういくつかのカラーバリエーションを出した。その他にも運用方法に合わせてオプションパーツを装備させることによりカスタマイズが可能となり、ファンの心を掴んだ。当時はい機体に角をつけたものなども見られたが、電池の消費が3倍であったため、すぐに見られなくなってしまった。以下、主なオプションパーツを挙げてみる。

ヘッドホン
卑猥な電子音もこれでばっちり。後に骨伝導式となる。
充電式アダプタ
実質、家庭用コンセントから電源を取れるようにするケーブルユニット。コンセントから充電した巨大なアダプタを装着することで活動時間の延長を図った。実際、コンセントに挿しっぱなしにして本体に繋ぐことにより、無尽蔵な活動が可能となる。しかし移動範囲が限られてしまうという難点を持つ。後に、人型決戦兵器にこのシステムが流用される。
通信ケーブル
データを通信するためのケーブルである。後のインターネットヒントとなった。途中の機体から赤外線通信機能が装備され、使用するものが少なくなったが、老兵は未だに使用している。
バッテリーパック
充電式アダプタの小型版。技術革新により常識的なサイズとなる。
振動カートリッジ
バイブ機能が欲しいという腐女子ニーズに応えて開発された。
ポケットカメラ
駅の階段などでの運用を可能とするオプションユニットである。


シリーズ編集

  • GBブロス
初代製品の色違い版。「ブロス」というのは「兄弟たち(Bros.)」という意味。
ホワイト、ブラック、レッド、イエロー、グリーン、スケルトンの6色展開。
  • GBポケット
初代製品を軽量化したもの。財布やハンカチ、携帯電話スマートフォンほどのサイズ。
光を発し、照明器具や懐中電灯として使用できる機能を持つ。
従来は豆電球を用いたものが多かったが、近年は消費電力の小さいLEDを用いた製品も見かけるようになった。
夜間や暗所での作業に活用できるほか、災害時にも威力を発揮するため、家電量販店やホームセンター、安価なものであれば100円ショップやコンビニエンスストアなどでも販売されている。
  • GBカラー
赤外線通信機能が搭載されたもの。
  • GBアドバンス
画面サイズが大きくなったもの。「アドバンス(advance)」というのは進歩、出世、前払い、立替金などという意味の英単語。
動画や音楽を再生できる機能や、カードリーダー機能を追加できる周辺機器がある。
  • GBアドバンスSP
折りたたみ型となり、携帯性と液晶保護性能を高めたもの。「SP」とは「セキュリティポリス(Security Police)」の略である。2003年度のグッドデザイン賞を受賞しており、持っていると少しばかり自慢ができた。
GBライト同様、発光して照明器具や懐中電灯として使用できる機能を持つ。
  • GBミクロ
さらに小型化・軽量化させたもの。「ミクロ」とは長さの単位である「マイクロ(micro)」のことである。
幅1µm(マイクロメートル)、奥行き1µm、厚さ1µm、シリーズの中で最小のGB。
頭髪や頭皮を洗浄するための液体洗剤が入った「ウォーターゲーム」。
浴室での使用が想定されている為、完全防水仕様である。
髪を洗えてゲームも楽しめるという斬新な機能が普段ゲームをしない層からも注目を集め、シリーズを代表する大ヒット商品となった。累計販売台数は1億台を突破している。
20世紀以前の日本では洗髪は1ヶ月に一度程度というのが一般的であったが、GBシャンプーの流通により日本人はほぼ毎日洗髪するようになったとされている。

関連編集

外部リンク編集


  この項目「GAMEBOY」は、執筆者が徹夜でやろうとしていたかもしれませんが一身上の都合により書きかけであれなんです。お願いです社員は悪くありませんから検閲により削除してくれたら検閲により削除なんですが… (Portal:スタブ)