メインメニューを開く

Uncyclopedia β

Google Analytics

Google Analyticks(グーグル アナリティクス)とは、Googleによって開発された個人情報追跡収集システムである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「Google Analytics」の項目を執筆しています。

目次

概要編集

Google Analystickをサイトに設置することで、サイト閲覧者の個人情報を収集し、サイトの運営に役立てることができる。

サイト閲覧者から収集する個人情報は主に、閲覧者がサイトへ接続する際に経由しているインターネットサービスプロバイダ、そしてその情報によって特定されたものを始めとする氏名、住所、メールアドレスなどといった基本的なものから始まる。それだけに限らず、その閲覧者が前後にどのようなサイトを閲覧したか、普段どのような検索ワードを用いて検索エンジンを利用しているか、普段どのようなサイトを利用しているか、Twitterにどのような文章を投稿しているかなどの情報収集も可能である。

収集した情報はサイト運営者によって自由に閲覧・公開することが可能である。また、収集された個人情報はサイト運営者に開示される前にGoogleへ転送され、Googleの運営効率向上にも役立てられる。更に、Google Analstickをサイトに設置すると、サイトがGoogle検索による検索結果の上位にヒットするようになり、アクセス率が上昇するほか、アフィリエイトによる収入が向上する。

現在はGoogleニコニコ動画Wikipediaを始めとする大手ウェブサイトに設置されており、膨大な量の個人情報を収集し続けている。また、Google検索で単語を検索した際にWikipediaの項目が優先的に上位へヒットするのもGoogle Analyticksが設置されているためである。対して、Yahoo!gooがWikipediaを検索結果の上位にヒットさせるようにしたのはこれとは関係なく、Wikipediaの記事を検索結果の上位に表示すればより効果的な検索が可能であるという考えによるGoogleの模倣である。

収集される情報編集

サイト閲覧者から収集する個人情報は主に以下の通りである。

  • 閲覧者がサイトへ接続する際に経由しているインターネットサービスプロバイダ、及びその情報によって特定される個人情報全て
  • 閲覧者と閲覧者の親類、閲覧者の友人や知人の氏名
  • 閲覧者が居住している国、都道府県、市町村と番地、自宅の詳細な位置情報
  • 閲覧者が利用しているメールアドレス(複数利用している場合はその全てに関する情報が収集される。)
  • 閲覧者が過去2年間にどのようなサイトを閲覧したか、また閲覧後にどのようなサイトを閲覧しているか
  • 閲覧者がどのようなPCモニターを利用しているか、どのようなブラウザーを利用して閲覧しているか
  • 閲覧者がどのようなオペレーティングシステムを利用しているか、どのようなセキュリティを利用しているか
  • 閲覧者が利用しているファイヤーウォールが、どのようなプログラムを許可しているか、どのようなプログラムを拒否しているか
  • 閲覧者が普段どのような検索ワードを用いて検索エンジンを利用しているか
  • 閲覧者がどのような時間帯にインターネットを利用しているか
  • 閲覧者が普段どのようなサイトを利用しているか、どのようなサイトを運営しているか
  • 閲覧者がTwitterFacebookMixiなどといったソーシャルネットワーキングサービスを利用しているか、またそのサービス上でどのような文章を投稿しているか
  • 閲覧者がどのような画像・動画をハードディスクドライブへ保存しているか
  • 閲覧者がどのようなポエムを中学校の卒業文集に寄稿したか

閲覧者の対応編集

Google Analyticsは設置されているサイトに、Google Analyticksが設置されているというその旨や、それに関係する広告の一つも掲載することがない。このため、多くのインターネット利用者はGoogle Analstickによって個人情報が収集されていることを知らず、常に個人情報を収集され続けている。また、このツールによる個人情報収集を知ったネット利用者の多くが個人情報の収集に関して嫌悪感を抱き、Google Analsticksを設置しているサイトの運営者に対して個人情報の収集を停止するように要請したが、それらの要求はGoogleのプライバシーポリシーに違反していたため、ほとんど受諾されなかった。

個人情報の収集を遮断するにはブラウザーやファイヤーウォールを改造する必要があるが、これは多くの場合、開発元によるブラウザーやファイヤーウォールの利用規約に違反するため、基本的に許可されていない。従って、初めから通信関係のシステムを自作する必要がある。また、そのような技術力を持たない閲覧者は、サイトの閲覧をしないことで個人情報の収集を防ぐことが可能である。

関連項目編集