メインメニューを開く

Uncyclopedia β

Hatten är din

この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情砂糖が必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

Hatten är din(ハッテン)とは20世紀末頃に制作されたプロモーションビデオ。全編をFlashアニメーションという形式で表現したことで、インターネットを通じて流行した。

目次

概要編集

爆発的流行をむかえた2000年当時の日本は、Flashが各企業によって宣伝の手法として採用されはじめた頃であり、アニメーションをつくろうとしていた個人ユーザーらも表現方法を模索している段階であった。そのため、曲をフルコーラスでFlashアニメに仕立ててしまった本作は革新的であり、スウェーデン語の歌曲であるものの、各ユーザーらに熱狂をもって迎えられたのである。

作品概要編集

民族調の音楽と共に、全体がペルシャ調にコーディネイトされた煌びやかな部屋(以降、一貫した背景となる)が映し出され、そこへ民族調の衣装を着た笑顔の男女が合成写真で登場してくる。6~7人そろったところで急に音楽のテンポが上がるとともに歌唱が始まり、合成写真が歪み始める。テンポが上がってから4小節ほど経過すると男女が消え、帽子を被った年配の男性が合成写真で現れ、次第に大きくなって画面上を動き回る。年配男性が消えたかと思うと、彼の帽子だけが先程の男女の頭上を浮遊し、任意に彼らの頭に収まっていく。その後、別の男性や先程の年配男性を指差す手、別の男性、先程の男女、先程の別の男性、瓶入りのコカコーラ、男女、年配男性、別の男性、年配男性を指差す手、男女、レコード、何かのチューブと肉などが動きの穏やかなアニメーションをともなって坦々と映し出されていく。

なお歌唱中は、画面下部に歌詞が表示される。

作品の見どころ編集

この作品が流行していた当時、数々のサイトで「おもしろ系動画」として紹介されていたことを記憶しているビューアも多いはずである。たしかに、当時は一曲丸々Flashアニメにするなど考えられない行為であり、多くの者の好奇心を誘っていたのだろう。だが歌詞が英語ならまだしも、多くの日本人に馴染みのないものであったため、その意味が知られていなかった。また、見慣れない異国文化を用いたFlashであったため、「なぜ帽子が浮遊するのか」や「指差す手」について日本文化的な観点から解釈するのは憚られた。つまり当時のビューアは、楽曲やFlashのストーリーの真意を除いた部分について面白味を理解していたと言える。

後述のような解説サイトが登場した今、「あの歌詞はどんな意味だったのか」「あのFlashは何を意図していたのか」「結局のところ本当に面白かったのか」を具体的に検証することが可能になっている。

余波編集

Flashアニメのパイオニアとなった本作は、後のFlash作品に計り知れない影響をあたえた。とくに、「モーションを付けるには画像を歪ませるだけでok」「キャラクターをゆっくりとズームアップさせて間を持たせる」といった表現方法は、多くのFlashアニメ作者に好んで引用されている。また本作のような長時間の大作が相次いで生まれたため、2000年当時に発売されたWindows Meがこぞって震え上がった

関連項目編集