メインメニューを開く

Uncyclopedia β

J-WAVE

J-WAVE(ジェイウェイブ)とは、東京都毒電波発射組織ラジオ局である。周波数は81.3メガヘルツ。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「J-WAVE」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「J-WAVE」の項目を執筆しています。

目次

概要編集

開局までの経緯編集

1980年代前半まで、東京都にはNHK-FM放送エフエム東京の二局しかFMラジオ局が存在しなかった。両局は「折角ステレオ放送で音質が良いんだから、ロックやポップスなんかには勿体無い。」とクラシック高校通信教育講座など堅苦しい番組を構成していたため、中二病患者予備軍思春期に少年から大人に変わるお年頃の少年少女は仕方なく、しゃべり中心のAMラジオに避難していた。1985年に隣接する神奈川県FM横浜が開局、少ないしゃべりと洋楽中心の選曲で当時の少年少女に洋楽中心でしゃべりの少ないFM=神! 邦楽中心でしゃべりの多いAM=クソ!の価値観を植えつけるに至ったのである[1]。この作戦の成功から二匹目のどじょうを狙うべく東京都に第三のFMラジオ局を設置することになり、1988年エフエムジャパン(通称J-WAVE)が開局したのである。

開局から1990年代前半まで編集

開局から数年は、AZ-WAVEと言うノンストップで音楽を流すゾーンが人気の中心だった。従ってしゃべりは二の次とも言われたが、ジョン·カビラキャロル久末ジェームス天願、そしてクリス·ペプラーなどナビゲータと称するDJにも神レベルのメンバーを投入していた。となりの何処かと違いアイドル歌謡はご法度、それ以前に邦楽が殆どオンエアされない時代だった……。が来る頃までは……。

1990年代後半編集

しかし1990年代中期以降の不穏な社会情勢で、「誰かのしゃべりがないと不安になる」といったチキンなリスナーの急激な増加から、一時はTOKYO FMに人気を奪われかける。テコ入れとして開局時よりもしゃべりと邦楽オンエアの比率が徐々に増加して来るのだが、それが1996年新規開局のInter FMに音楽番組絶対主義者リスナーと一部ナビゲータの流出[2]を招いている。そして開局10周年を迎えた1998年に、既存のJ-WAVEのイメージを見事に破壊した番組であるGROOVE LINEが誕生する。

2000年代以降編集

ピストン西沢の策略によりアイドル歌謡が(GROOVE LINE中心に)実質解禁となる。ここで旧来のリスナー完全死亡。それだけならまだしも、一部のユーモア欠落症患者によりGROOVE LINEの直後の時間にJAM THE WORLDなる超電波番組が産み出されてしまった。かくして月曜~金曜の19:59と20:00の間には巨大な壁が立ち塞がるに至ったのである。2003年にそれまでの西麻布からテレビ朝日と共に現在の六本木ヒルズに移転、その後J-WAVEを正式社名とするも、昔の面影は···。
開局時から変わらぬ人気番組は、月曜未明の試験放送。

特徴編集

前述の様に開局から数年は邦楽自体殆ど相手にしていなかったが、1990年代後半にスガシカオをブレイク[3]させてきたあたりから邦楽が強くなり、遂には平日の深夜番組はRIP SLIMEJUJUなどの邦楽勢に占拠されている。この他平日昼間と金曜午後はスイーツ(笑)、土曜朝はお子様の限定番組にそれぞれなっており、アンサイクロペディアンが最も安心して聴取できるのが、実はGROOVE LINE Zだったりする。開局時の人気番組であったAZ-WAVEは開局20年を待たずに消滅、2009年4月からは火曜~金曜未明のJ's selectionがノンストップゾーンになっている。但し火曜~木曜にはこの時間の後にハムの人が出現するので注意!

池田大作ファンクラブからのお布施を断っている。但し選挙期間中の公明党の政党CMは選挙公報としてオンエアする。[4]

2009年4月より「TOKIO HOT 100」が世界最大の宗教法人、ドナルド·マクドナルド教に乗っ取られる。名古屋共和国でも同様の状況に陥ったが、大阪民国ではNTTドコモが完全乗っ取りを阻止している。

2010年3月に首都圏限定でradikoによるインターネット上での同時放送を開始したのに続き、翌4月からはインターネット放送「Brandnew-J」で平日(月~金曜日)の大半の番組をネット経由で日本全国において聴取可能にしたものの、「Brandnew-J」はauがスマートフォン上で全国のFM局を聴取できるサービス「LISMO WAVE」を2011年に始めたためにやめてしまった。

禁則事項編集

J-WAVEにおいて、以下の項目に言及することは禁則事項となっている。

  • NTTドコモの提供番組が極端に多いことと、そのCMの作りが軒並みアレであること。
  • 朝鮮玉入れ池田大作ファンクラブのCMがNGである一方、金貸しや法律事務所、怪しい語学教材のCMについては許されている事実。
  • ていうかスポンサーが改編期ごとに減っていること。
  • Jam the worldの存在。
  • 某氏の過去の番組とその内容。
  • 日曜朝のLOHAS SUNDAYの歴代ナビゲーターが長続きしないこと。
  • みうらじゅんに関する話題。
  • ハッピー☆マテリアルに関しての森山直太郎の発言。
  • この局でかかるJ-POPの大半が、実はK-POPであるのを指摘すること。
  この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

そして最大の禁則事項は、開局時のmore music,less talkというコンセプトを平気で無視している事実に言及することである。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 因みにジョン·カビラはCBSソニー勤務時代に同局の番組に「ジョン·ウィーバー·カビラ」名義で出演した。なお、「ウィーバー」は母·ワンダリーの旧姓である。
  2. ^ しかしInter FMは数年で経営が行き詰まり、テレビ東京系列になってからは      な状態であったが、radikoサービス開始で持ち直しつつある。
  3. ^ 同時期に姉妹局のFM802から同じ事務所山崎まさよしがブレイクしている。
  4. ^ MBSラジオも同様。尚、MBSはFM802の大株主である。


この項目「J-WAVE」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)