メインメニューを開く

Uncyclopedia β

Portal:人/新着

李信(り しん、Li Xin、紀元前259年 - )は、中国戦国時代末期の国の将軍。下僕の身から将軍にまで駆け上がった人物として知られる。元々は姓が無かったが将軍昇格に伴い「李」の姓を拝命した。信は幼い頃に戦争で両親を亡くした戦争孤児であり、城戸村の里典(村長)の家で「漂」と共に下僕として養われていた。常に要領良く仕事をこなす漂と違い不器用な信は「この穀潰し」と里典の子供にまで虐げられる状況であったが、いつの日か天下の大将軍になるという夢を漂と共有し、毎日漂と武芸の稽古に明け暮れていた。

漂との対戦成績は1253戦334勝332敗587引き分け+勝敗不明2。

ボビー・フィッシャー(Bobby Fischer)とは、チェス界の天才、偉人である。アメリカ合衆国初の元世界チャンピオン。6歳の頃からチェスに没頭し、毎日チェスをする日々を送った。当時から才能を発揮しており、フィッシャーの加入していたチェスクラブの同輩らからは、「早指しも強い」、「フィッシャーとチェスを指すと楽しい」といった評価を受けていた。その後、学校の勉強をサボって日々チェスを指し続ける生活を送ると、14歳でインターナショナルマスターになり、15歳でグランドマスターになった。これは当時最年少の記録である。

なお、15歳のときに出場したアメリカのチェス大会では、グランドマスターであるサミュエル・レシェフスキーを10手で負かせている[1](厳密には10手でほぼ勝敗が決した)。このことからも、彼が如何に化物だったかがわかるだろう。