メインメニューを開く

Uncyclopedia β

Portal:人/特集

自身をとにかく実力者として強調するトランプは、たとえ誰かに髪型のことを言われても決して屈しない。

ドナルド・ジョン・"ザ・ドナルド"・トランプ・シニア™1946年6月14日 - )は全米を代表する叩き上げの実業家億万長者投資家、社交界の名士作家テレビタレント政治学者、ときどき共和党候補、歴史上で随一のバーコード頭を持つ人物の一人。現在は次期のアメリカ大統領に立候補中…だったが、2016年11月の選挙でまさかの勝利を果たして世界中を震撼させ、ついに先行き不明の第45代大統領となってしまった。

2011年、もしバラク・ケニヤッタ・オバマが再び選ばれれば、アメリカは新たな革命に直面することとなると予想し、「やがて銀行とカジノ経営者が蜂起して多数派をも圧倒する」と主張。そして、2016年には合衆国の大統領選に出馬。支持者たちに対しては「偉大なアメリカを取り戻そう」と呼び掛け、ひたすら支援を求めていたが、メキシコからの不法移民やムスリムをひたすら非難するという持ちネタでアメリカ衰退まっしぐらの運動を展開していた。

休暇などには、今や自分のものとなったアメリカのマンコを弄繰り回していることがもっぱら多いようだが、資本家の子供たちに向けて童話の本を書くこともあるという。もっとも有名なものとしては「Seal the Deal」という作品が挙げられる。この「Seal」とはアザラシという意味で、作品名通り、アザラシがスコットランドの高額なマリーナを買収してゴルフ場を開くという

≫記事全文