メインメニューを開く

Uncyclopedia β

Portal:特定アジア/新着記事

K11(正式名称:K11複合型小銃)とは2008~2018年まで韓国で実戦配備されたK1の発展型の銃火器である。開発以前に既に後継銃としてK2が量産されていたが、正統派なアサルトライフルではなく、次世代の銃というコンセプトで作られたことから位が上がって11と名付けられた。

「複合型小銃」と書かれてある通り、小銃以外の機能も備わった多機能型自動小銃として開発されている。この銃の場合アサルトライフルとグレネードが一つになっており、合体大好きなたちのロマンの塊のような武器に仕上がっている。

元々はアメリカが開発していたものを韓国がパクり参考に作り上げた経緯を持ち、通常のアサルトライフルの銃口の上部にグレネードの発射口をくっ付けたような構造になっている。普通は銃身の下にグレネード部分を装着すべきなのだが、参考元であるアメリカがそうだったからそのまま使わせてもらっている。

一応オリジナルな要素も持ち合わせており、銃身の上部にはレーザーサイトや暗視装置が備わっている。韓国は特にこの部分にこだわっており、レーザーで目標までの距離を測定したらそのデータをグレネードの弾に内蔵されているICチップに記録させて、発射時には記録された距離に合わせて自動的に弾が爆発する仕組みとなっているため、つまり理論上は標的に当たらなくてもその付近で爆発して相手に傷を負わせることができるというものである。なお、当初は偵察用の録画・中継可能な小型ビデオカメラを取り付けるつもりだったが、北朝鮮あたりに鹵獲された場合のことを考えていなかったのか実用化直前に急遽レーザーサイトに変えたため、2008年から量産されているが正式採用されたのは2010年からである。この他に、GPSや取り外し可能なナイフなども備わっている。


掲載基準編集

{{新着記事}}に準拠。ただし1件。

抽出結果
現在の時刻は 2020年09月29日 14:15 です。抽出対象は「特定アジア」にカテゴライズされている「通常名前空間」の記事です。150日前までに作成された記事を100抽出しています。
指定された条件に合致する記事はありませんでした。
抽出結果
現在の時刻は 2020年09月29日 14:15 です。抽出対象は「中国」にカテゴライズされている「通常名前空間」の記事です。150日前までに作成された記事を100抽出しています。
指定された条件に合致する記事はありませんでした。
抽出結果
現在の時刻は 2020年09月29日 14:15 です。抽出対象は「中華人民共和国」にカテゴライズされている「通常名前空間」の記事です。150日前までに作成された記事を100抽出しています。
指定された条件に合致する記事はありませんでした。
抽出結果
現在の時刻は 2020年09月29日 14:15 です。抽出対象は「韓国」にカテゴライズされている「通常名前空間」の記事です。150日前までに作成された記事を100抽出しています。
番号ページ名初版
1K112020/06/30 18:46
抽出結果
現在の時刻は 2020年09月29日 14:15 です。抽出対象は「北朝鮮」にカテゴライズされている「通常名前空間」の記事です。150日前までに作成された記事を100抽出しています。
指定された条件に合致する記事はありませんでした。