メインメニューを開く

Uncyclopedia β

Portal:生物/注目

特集項目

二本足で歩く人間、その姿はまるでペンギンの様だ。

人間とは本来、言語を現在(いま)在る様な状態で使用し、心の中で言語を用いて思考し、言語を道具として、相手の関心を自分に惹き付け、言語の間に隠れている心情を考えて読み取り、以てコミュニケーションを成立させるサルであった。しかし20世紀後半に思考能力を自発的に完全に放擲し切った為に、1950年代当初は団子状のタンパク質に認知機能がつけた便利なラベルだったが、1970年頃から無機的で空っぽで、中間色でニュートラルな空の器と化しており、21世紀も10年経過した現在では手前らが創り出した物体に所有されるだけの存在に成り果てている。

生物学者

小保方晴子日本コピペ専門家イラストレーター2014年からは論文査読に対するリスクコンサルタント、早稲田大学受験生特別応援団長も務めていまぁ~す。また理系は詐欺師であるという事実を勇気を持って世間に暴露したことで知られてまぁ~す。母校早稲田大学と所属機関である理化学研究所の名を世界で失墜させ、国宝級の科学者を自殺へ追いこんだり、日本の科学者の評判も落とすという日本科学史上最大級の騒乱を行ったことで有名(オボコの乱・おぼにゃんの恩返し)になるべきですねぇ。えへ。

分野紹介

生物学は、ありとあらゆる生物を分類し、生態を調べ、その進化の軌跡を追い、解剖し、仕組みを調べ上げ、遺伝情報を解析し、分解し、捏ね繰り回し、人工的な生物の進化を起こすための研究を行う学問である。最終的にはそれを人間に応用し、人間の枠組みを超えることを目的とする。