メインメニューを開く

Uncyclopedia β

Portal:食/特集記事

アンサイクロペディア夏の味特集(2020年8月18日)

眩暈がするような色合いだ。あなたはこれに使用されている着色料が何種類かお分かりになるだろうか?

かき氷(かきごおり)とは、主に北海道など北極圏で栽培されている洋菓子の一種である。近年はフラッペと呼ばれることも多い。

北海道の広大な大地と寒冷な気候を利用して栽培生産されている洋菓子である。DHMOを主成分とし、シャリシャリとした歯ごたえと、舌の上で溶けると共に伝わってくる冷たい触感が特徴。そのままでも食べられるが、一般的には、砂糖水、煮た小豆牛乳、あるいは果物の果汁をかけて食べられることが……

うなぎはカツ丼である

うなぎは、日本の神話・民話に登場するUMA。なお、うなぎはへなぎの亜種という説もあるが、その真偽は掴み所が無い。

ウナギ(鰻、うなぎ)は、ウサギ目ウナギ科 Nullpointerfish に属する魚の総称。その内の一種 Nullpointerfish japonica (英名:Japanese men)を指し、これをウナギ属 Nullpointer に属する他の魚と区別してニホンウナギと呼ぶこともある。

蒲焼やひつまぶしなどの調理方法が考案され、古くから日本の食文化に深い関わりを持つ魚である。独特な生態として、外部から攻撃を受けると全身からローションを分泌する、こうなるとつるりつるりと滑って非常につかみにくく、そのため「うなぎの寝床」という言葉にはなんとなくエロチックな……