メインメニューを開く

Uncyclopedia β

UnNews:「あの店も名指しで晒して」乙武洋匡氏にオファーが殺到

【2013年5月19日 ブードリンクニュース】

作家の乙武洋匡氏(37)に、奇妙なオファーが殺到し始めているという。

事の発端は18日乙武氏が銀座のイタリアンレストランを事前に予約して訪れたものの、車椅子姿であることを予約時に店側に通知していなかったために入店を断られ、その事をツイッターで店名を名指ししてツイートしたら大拡散し、店側への非難が殺到して大炎上。炎上を受けて同店の店長が乙武氏にツイッター上で謝罪し、店舗のホームページに謝罪文を提示したが、炎上が収まる気配が無く、悪い意味で有名になってしまった同店は今後の営業に大きな不安を残すことになってしまった。

この事象を受けて、個人が経営する小規模店舗なら簡単に吹っ飛ばせる乙武氏の影響力に多くの人達が着目。「次はあの店も晒して欲しい」というオファーが19日未明から乙武氏の元に殺到し始めている。

オファーを出しているのは主に飲食店経営者達と見られる。評判が良く顧客を奪われている近隣のライバル店舗を潰して経営改善を図りたい飲食店や、居抜き出店(撤退した店舗が使っていた設備を流用して低コストで新規開店すること)するためのスペースを確保したいチェーン店の経営者らが乙武氏にラブコールを送っている模様である。

オファーを行っているとみられる、元おせち業者で現在は鳥料理のチェーン店を展開している、ある会社の取締役に話を伺った。

「ウチもそうですが、飲食店はどこもギリギリの所でやっています。通常の客とは大きく異なる特別な配慮が必要なお客様に突発的に来られても対応できる店は多くありません。今回乙武砲の餌食に遭った店はホームページに『障がい者の方は事前に通告して下さい』と明記するようですが、一文書いただけでは効果は望み薄。そこまで読んでくれる人はほとんど居ません。
なので予約時に確認する事が必要になるのですが、『お客様の中に障がいをお持ちの方はいらっしゃいますか』と店側が聞けると思いますか?その言葉を発した瞬間シラケムードが漂って、お客様が店から離れてしまうのがオチです。従って今回の乙武砲を回避する手段はありません。どうせ回避できないのなら、自ら乙武砲を使ってライバル店を次々と攻撃していくべきだと。
実際に乙武氏がターゲットの店に足を運ぶ必要はありません。一言『今日も入店を断られた。◯◯というお店です』とツイッターで書いてくれれば良いのです。そうすれば彼が率いる60万人のフォロワーの人達が勝手に風評を拡散し、ターゲットとなったお店は大炎上。あとは焼け野原となったお店が息絶えるのを待ち、息絶えた瞬間を狙って弊社が居抜きで出店する。所謂逆ステマの手法ですね。
ただこの手法はあまり何度も使えません。5回目くらいで『何かがおかしい』と感じ始める人達が出てくるでしょうから、多くても10回までが限度です。その10回の中に入るべく、大急ぎで乙武氏にオファーしています。こういう交渉になれば資金力に限界のある個人店舗よりも、弊社のようなチェーン店のほうが有利です。弊社は今のところ神奈川県だけの展開ですが、乙武砲を活用して是非銀座にも進出したいですね。次も仕掛けます」

小規模の個人店舗がますます苦しくなり、チェーン店しか存続できない飲食業界と化す日は、そう遠くなさそうである。

UnNews Logo Potato.png この記事は、バ科ニュースだと主張されています。
でも、私達は気にしませんし、あなたも気にする必要はありません
それとも、あなたはラジオ局か何かの関係者ですか?

関連ニュース編集

関連リンク編集