メインメニューを開く

Uncyclopedia β

UnNews:「緊急地震速報」本格運用スタート

2007年10月1日

大きな揺れがくる前に地震の発生を知らせる「緊急地震速報」の本格運用が10月1日午前9時にいよいよスタートした。最大震度5弱以上が推定される地震が発生した場合に、震度4以上の地域名を気象庁が配信する。

速報が出されてから実際に揺れるまでには条件によって数十秒の猶予があり、ガスなどを止め、避難ルートを確保し、頑丈なテーブルの下や家屋の構造的にタフな部分に逃げ込むなどし、さらに頭部を保護しつつ身構えるなど減災効果が期待される。ただし、場合によっては猶予時間がマイナスとなってしまい、タンスの下敷きになってから速報を聞くことになることもあるので、緊急地震速報を導入しても家具などの固定は普段から行っておき、耐震工事もしておいた方がよいといわれている。緊急地震速報は、地震発生直後に伝わる初期微動(P波)を政府が全国各地に放ったキジがキャッチし、キジの反応を気象庁の専用スーパーコンピュータ、NAMAZU-2が解析、地震の発生を予知、もしくは検知して速報する。