UnNews:コンビニ客が今度は電子レンジに入り補導される

【2013年8月2日配信】

警視庁は1日、大手コンビニチェーンのミニーソン八王子店に設置している電子レンジに頭を突っ込んだとして、器物損壊の非行事実で都内の中学生3人を補導したと発表した。3人とも非行事実を認めているという。

中学生の供述によると、1日午後2時半頃、コンビニのアイス用冷凍庫に入るためにミニーソン八王子店を訪れた。ところが店内に入ると冷房がかなり効いており「この室温で冷凍庫に入ったら風邪をひく」と思い、電子レンジに頭を突っ込んで寒さを凌いでから冷凍庫に入ろうと模索。中学生2人が当時いた店員2人をおびき寄せ、その隙に1人が電子レンジに頭を突っ込んだ。ところが電子レンジの「チン」という音に気付いた店員が中学生を取り押さえ、警察に通報。到着した警察官によって補導されたという。

ミニーソンは、先月何度かネット上を賑わせた「店員や客によるコンビニの冷凍庫侵入案件」[1][2][3]を受けて、先月30日に開いた臨時役員会で「現在設置しているエアコンで設定できる16℃にすれば、避暑目的で冷凍庫に入る人はいなくなるだろう」として全国の店舗に冷房の設定温度を16℃にするように通達。10月下旬くらいの涼しさならば冷凍庫に入る人はいなくなると予測していた矢先の出来事だったという。

中学生が頭を突っ込んだ電子レンジは新品に取り替えざるを得なくなったといい、ミニーソン幹部は会見で「中学生は十分に頭を冷やしてほしい」と語った。

関連ニュース編集