メインメニューを開く

Uncyclopedia β

UnNews:フジテレビの女子アナ選考から目が離せない

【安西スポーツ 11月11日21:30配信】

一般に大学4年の春から始まるシューカツ(就職活動)。しかし2015年採用のアナウンサーの選考は既に始まっている。中でもフジテレビは学生に人気が高く、また将来的に芸能界への転身にも有利とあって、女子アナ選考は激戦だ。

かつては視聴率でも民放トップを走っていたフジ。最近は日本テレビテレビ朝日に押され気味だが、視聴率三冠を奪還すべく、現在進行中の選考では3人の女子アナを採用する予定という。

フジの関係者によると「千野志麻高島彩加藤綾子に続く人気アナを育てたい。そのため、人事部もアナウンス室も例年以上に気合が入っている」とのこと。

事情通によれば、既に水面下で応募者の絞り込みが行われている。中でも有力な3人の名前が挙がった。「慶應義塾大学の助川(すけがわ)美咲さんは本命でしょう。本人は隠しているつもりでも、自然と浮かび上がる彼女の姿は、バラエティーでも通用します」

それ以外にも2人の名前が挙がる。「成城大学の桧森(ひもり)愛さんも、ちょっと引いてみれば彼女の持つ良さがよく見える。そして上智大学の能年(のうねん)舞さんは、3人の中で一番大胆不敵。視聴者をあっと驚かす存在になれるかもしれません」

ほかにも有力な候補はいると言うが……。「他には安藤麻衣さん、インド人とのハーフのジャムル桃子さん、在日コリアンの姜(かん)杏奈さんも候補に挙がっています。とくに滝川クリステルさんの人気にあやかって、同じくハーフのジャムルさんということも考えられなくはないのですが…。しかしフジの韓流偏重への批判が高まっていることなどを考えると、姜さんは採用しづらいのではないでしょうか」

しかしまだ選考は始まったばかり。本当にここまで予想できてしまうものなのか。「フジの番組は、今も女性には根強い人気があります。そこでさらに男性の視聴者を増やすことを考えると、やはり男性受けのするタイプの助川さん、桧森さん、能年さんが有力でしょうね。安藤さん、ジャムルさんはどちらかというと子ども受けは良いのですが、男性受けはイマイチという印象。姜さんはいざというときには頼りになるタイプですが、フジの目指すものではないでしょう」

フジテレビ人事部によれば「選考内容については一切お答えできない」としているが、再来年の春にはどんな「~パン」が登場するのか、今から目が離せない。