メインメニューを開く

Uncyclopedia β

UnNews:ローソンの今夏限定の涼しいサービスが大人気 他社も追従

【2013年8月23日(金)配信】

クールボックスの様子

大阪市が71年ぶりに猛暑日の最長記録更新するなど、今年の夏は高気圧の影響で猛暑に見舞われている。そんな暑いを乗り切ろうと今若者たちの間で人気となっているのが、「クールボックス」というサービスだ。クールボックスとはアイスケースの中に人が入り10分¥500で涼んでもらうサービスだ。

最初に仕掛けたのはコンビニ大手のローソン。このアイディアはもともと高知県出身の従業員が発案した。従業員が試しにやってみたところ地元で大きな話題をよび、ツイッターでも拡散し話題となった。このサービスは本部の許可をもらっていなかったものの本部はすぐさまこのサービスを全国展開させた。クールボックスはアイスの上に客が寝るので衛生上の観点から社内では反対意見が出たが、最初にクールボックスに入ったお客さんは特典としてアイスケースの中の商品を全部譲る事で解決された。また、コンビニなら必ず置いてあるアイスケースを使うサービスだったことから、初期投資が安くすんだ事も素早い全国展開につなげられた。今夏限定のサービスだが好評なので来夏も行う事を検討しているという。

ローソンの動きに他社も追従。取材で確認したところマックスバリューミニストップ、スーパーカスミなどがこのサービスを展開させたという。

関連ニュース編集