メインメニューを開く

Uncyclopedia β

UnNews:勝谷誠彦氏 そこまでしか言えない事実を受け そこまで言って委員会降板へ

厨二知新聞

2013年3月5日、世間はスチュワーデスの日で、記者を含む世のお父さんたちは、飛行機内でスチュワーデスのお姉さんに目を引かれている真っ最中であるというのにも関わらず、女性に縁のない一人の男がたかじんのそこまで言って委員会をクビになったことに気づかず番組を降板したとを報告した。その男の名前は、たかじんのそこまで言って委員会の核弾頭の異名を取る、勝谷誠彦である。

しかし、勝谷はクビになった降板した事実については明らかにしたもののその理由については明かさなかった。そこで、我社よりも暇人記者ニュースをつかむことに積極的な記者を多数抱える産経新聞が取材で得た情報によれば、当該番組収録中における勝谷の過激な発言が、スタッフとの間でしばしばトラブルを生んでいたことが原因であるという。表向きは、そこまでしか言えないのなら、番組をやる意味はないとしてさらにトラブルとなりクビになったとみられている。これに対して今日の衆議院本会議ではそこまでしか言えないのにそこまで言って委員会という番組名を付けている事について、商品掲示法違反の疑いもあるのではないかという意見が、野党議員から出され集中審議となった。これに対し、この番組に何度か出演し司会のやしきたかじん氏とも裸の付き合いがある安倍晋三首相は、もしそうであるならば、早急に対処し、「なんでも言える環境を総力を挙げて とりもろす必要がある」という談話を発表した。 


一方で降板理由について、勝谷自身も「『あれだろうな』というものはもちろんある」と、その理由は明かさないと言いつつもかなり積極的に記者に対してこぼしていたのである。この場合、「あれ」というのはすなわちあれの事であり、それ以上は大人の事情なので明かせないものの、たかじんが無類の女性好きなのに対し、勝谷はあれだというのがその遠因になっているというのが真相のようである。

今後、勝谷氏自身は、自称保守でありながら小沢一郎の支持者という政治的少数派としてだけではなく、その他の分野でもマイノリティとして活躍していきたいとしている。


この項目「勝谷誠彦氏 そこまでしか言えない事実を受け そこまで言って委員会降板へ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)