メインメニューを開く

Uncyclopedia β

UnNews:日本中で謝罪による坊主頭がブームに

体罰に続き、またも日本の奇妙な風習が世界を騒がせている。

先日、日本の人気アイドルグループAKB48の初期メンバーである峯岸みなみさんが「恋愛禁止」のルールを破ったとの報道に対して坊主頭になって謝罪したことが世界を驚かせたばかりだが、その後も不祥事などで有名人が続々と坊主になって謝罪を行っている。

18日には、ニューヨークヤンキースのイチロー選手が2年連続でシーズン200安打を下回るなどの不振をファンに謝罪するために坊主姿でキャンプイン。19日には、虚構新聞社主のUK氏が、掲載した記事が現実化してしまった責任を取って坊主になって謝罪した。これ以外にも、市川海老蔵氏が世間を騒がせる前からいつでも謝罪できるように坊主にしていることは有名である。また、後輩の澤村投手に対してテレビ中継中に体罰をくわえた阿部慎之助選手が坊主になることでWBC日本代表に選出されるよう、泣き落としに利用するなど、反省の色が見えない人物もいる。そのほか、CMで世間を騒がせたとして謝罪のためにCM中に髪を剃り落としたICONIQさんも記憶に新しい。

今後も、まったく強くないくせにに変なキャラだけで人気が出た挙句、大した成績も残せなかった責任を取って高見盛関が公開断髪ショーを行うことが決定している他、への謝罪外交を党是とした民主党の元代表で元首相の菅直人氏が坊主になってお遍路に出るなど、日本の「ストレンジルール」は収まる気配を見せない。

なお、現在霞ヶ関界隈では、安愚楽牧場問題で訴訟に発展した海江田万里民主党代表が前々任者にならって坊主になるかと、タカ派の安倍晋三政権の発足に危機感を抱いて中国までわざわざ謝罪に行った加藤紘一元自民党幹事長がさらなる謝罪のために坊主になるか、が注目されている。ただし、同じくわざわざ中国まで謝罪に行った鳩山由紀夫元民主党代表・元首相は、坊主にする髪の毛がないのでこの件に関しては注目度が低い模様だ。