メインメニューを開く

Uncyclopedia β

UnNews:東大でブロッコリーが人気

【9/9付 東京(トンキン)日報】

言わずと知れた日本ぬるま湯集団最高学府、東京大学では今、ブロッコリーが人気だ。

ブロッコリーといえばアブラナ科の緑黄色野菜であり、キャベツの最も有名な変種であろう。ゆでた上でマヨネーズなどにつけて食べるのがポピュラーな食べ方として知られている。ところが、東京大学では食用ではない他の利用方法を編み出した。なんとこの野菜自転車サドルとして使用するというのだ。ある大学の栄養学の教授は「ブロッコリーはビタミンBや鉄分が豊富。勉強ばかりで食事まで手が回らない東大生にはちょうどいいかもしれない、ああ東大行きたい」とこの流行を称賛している。

東京大学のある学生は、「野菜のサドルというのは斬新である。違法駐輪も減って、学生も健康になるのではないか」と最近の流行に好意的な発言をしているが、自転車を使用して通学しているという別の学生は「ブロッコリーでは安心して座ることができない。帰りはどの路線を使えばいいのか」と途方にくれていた。

またこれとは別のある学生は「なんでブロッコリーなんだ。僕はカリフラワーのほうが好きなのに。今度同じ事態が起きたら、ブロッコリーを全てカリフラワーに入れ替えて報告してやる」と憤慨していた。なお「報告」は「報復」の間違いだと思われる。

関連項目編集