メインメニューを開く

Uncyclopedia β

UnNews:特定秘密保護法案成立を前に、内部告発が激増

安倍政権が成立を急ぐ特定秘密保護法案の成立を前に、日本中で駆け込み内部告発が激増している。特定機密保護法案では、国防上の機密情報等を知りえた人間がその機密を漏洩させてしまった場合に、重い罰則を科すことが特徴。なお、この法案ではどんな情報が機密に当たるかが非常に曖昧にされており、時の政治権力などによる恣意的な運用の懸念がある。この法案が成立し施行されると、数々の問題を明るみにしてきた内部告発が罰則対象となる可能性があり、内部告発者予備軍たちが、駆け込みで次々にリークを始めた模様。

最近明らかになった、リークされた(元)機密情報は以下の通りである。

この事態にマスコミ各社は、「平時だったら大スクープになるような情報が多すぎて十分な取材・報道ができないほど手が回らない」、「どのネタを報道するかニュースの枠を埋めるので手いっぱい」、「この駆け込みの反動で、特定秘密保護法案成立後はネタ切れが怖い」といった、悲喜こもごもの悲鳴を上げている。

なお特定秘密保護法案について、当サイトや、常に真実を鋭くえぐり出す新聞社非営利の財団として事件の真相を探求するサイトやらせとは無縁の絶対真実主義を標榜する大手マスコミ報道を通じてドコモからのiPhone発売の地ならしをした大手経済新聞社をはじめとする、国民へ真実を報道することを使命とするマスコミ各社が報道の自由を制限するおそれがあるとして、懸念を表明している。