メインメニューを開く

Uncyclopedia β

UnNews:福島第一原発一号機の暴走を爆破によって制止

爆破解体された可能性が否定できない福島第一原発一号機。

【2011年3月12日20時00分配信】

12日15時36分ごろ、東京電力は、東北地方太平洋沖地震によって稼動を停止していた福島第一原発一号機の炉心が融解して放射性セシウムやヨウ素が漏れ出していた可能性が否定できなかったため、水素爆鳴気(水素空気と混和し発火すると爆発音を出す状態の混合気体)によって「何かが爆発したような音」(音速を超えた燃焼)を発生させた可能性が否定できず、一号機を「何らかの爆発的事象」という方法を用いて解体処理という方法をとらせていただいたことになっている。

東京電力は当初、停止した炉心を液体水素によって冷却することを目指していたが、自発核分裂性核種の核分裂によるエネルギーによって発生する熱が想定以上に大きい事が否定できず、液体水素による冷却を断念。放射性物質同士の間隔を爆発による拡散によって広げて熱を下げる方式に切り替え、爆発的事象法を実行した。これによって周辺への放射能漏れ的事象が否定できていない。

ちなみに、爆破直後の時間当たり線量当量は1015マイクロシーベルト/時(約1ミリシーベルトで、一般公衆が1年間にさらされても良い限度)と、原発の非常事態の届出基準の2倍程度で、チェルノブイリ原発事故などと比べても微々たる量なため安全という見方である。

マスコミでは被曝者は9人との見方を示しているが、インターネットの情報では被曝者が120人に上るとの可能性が否定できていない。

関連項目編集