メインメニューを開く

Uncyclopedia β

UnNews:米ハドソン川に旅客機不時着——“奇跡”報道に非難の声

【2009年1月16日 Eeegle News】

ニューヨーク=池蓮 陽】穏やかな休日の昼下がりを悲劇が襲った。ニューヨーク市のラガーディア空港を離陸したUSエアウェイズ1549便(エアバスA320型機)が15日午後3時半(日本時間午前5時半)ごろ、マンハッタン島の西側を流れるハドソン川に不時着した。この事故で、通りがかりの家族連れなど少なくとも4名が死亡。地元警察によると、機体表面や現場周辺に散乱した遺体は損傷が激しく、目撃者の証言がある4名以外の犠牲者については身元はおろか数も確認できていないという。なお、同機の乗客乗員155名は全員救助され、重傷者も出なかった。

GP通信によれば、離陸直後の同機は空路交通法に定められた警告や回避を行うことなく往来に突入した。保養地として有名なマンハッタン島周辺は、例年この時期になると多くの家族連れで賑わっており、犠牲となった家族も、南へ自由の女神像を見物しに行くところだった。目撃者の証言によると、一家は横から突然現れた鋼鉄の巨体になすすべもなく、双発のジェットエンジンに呑み込まれたという。昨年結ばれ出産、初めての家族旅行を楽しもうという矢先の出来事だった。

一方、同機の着水現場には救助隊が急行、すでに機外へ脱出していた乗客らの救出作業は事故発生からおよそ1時間で完了した。これが「ハドソン川の奇跡」などと大々的に報道されていることに対し、非難の声が上がっている。

事故当時現場上空にいた目撃者は「なぜ尊い犠牲に目をつぶるのか理解できない。開き直るのではなく、このようなことが二度とないようにしてほしい」と憤った。急遽開かれた記者会見では、息子を失った遺族が「今は悲しみでいっぱいです。奇跡でも何でも起こして息子を返してほしい」と涙する場面も見られた。 また、団体支援の傍らオンライン百科事典の管理者も務める ある専門家気取りは、本紙の取材に「中立的な観点が完全に欠如している。報道は様々な観点から行うべきだ。それに、言うまでもないが人間のそれと等しく尊いのだということも分からないような連中には鉄槌を下さなければならない」と語った。

95年の痛ましい事故の際にも抗議デモを展開した団体関係者は「航空機発着の増加や風力発電の普及に事故防止策が追いついていない状況で、我々の抗議も聞き入れられずこのような結果になり非常に残念」としている。

なお、外務省渡り課によると、今のところ犠牲者に邦人が含まれているとの情報はないという。

十大バ科ニュース

この記事は2009年十大バ科ニュースにて第八位を受賞しました。
いや、ただこれを貼っただけなのですが、なにか?