メインメニューを開く

Uncyclopedia β

UnNews:青森県が「生きやすい県」第1位に

28日に厚生労働省が発表した都道府県別平均寿命調査で、青森県は男女ともに最も平均寿命が短かったことから、日本一生きやすい県に選出された。

なお、青森県は、最短命記録を男性では30年以上、女性も3年連続で獲得しており、今後もしばらくは順位の変動はない見通しだ。

つらい老後を予防編集

「若いうちが花」「年はとりたくない」──年をとってからの生活は、体の自由がきかなかったり、働きたくても働き口がなかったりと、つらく苦しいことばかりだと言われている。特に、近年は少子高齢化の影響で、年金額が減るなど、高齢者にとって生きづらくなる傾向が増大している。

また、年をとってから病気になると回復が遅く、重篤な障害を負うこともある。そのため、多くの都道府県では健康志向が高まり、唐揚げケーキなどの高カロリー食品などは敬遠される傾向にあった。その影響から、本当は油っこい食事や糖質の高い食品が好みでも、周囲の目が気になって食べることができない、という事態も発生している。

しかし、多くの力士を輩出している青森県では、脂肪分の高い食品であっても周囲の目を気にする必要はなく思う存分食べることができるため、体脂肪率の高い人にも暮らしやすい条件が整っている。

ここで、「高カロリー、高脂質の食品ばかり食べていたら、老後に病気になるのでは?」との疑問を持たれるかもしれない。しかし、その心配は無用である。平均寿命の短い青森県では、他の都道府県に比べて早く寿命が来るため、つらい老後を迎える前に天国に旅立つことができるのだ。

好きなものを好きなだけ食べることができて、つらい老後を送る必要もない。まさに、青森県はこの世の理想郷ではないだろうか。

外部リンク編集