メインメニューを開く

Uncyclopedia β

もしかして: ウィキペディア

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「Wiki」の項目を執筆しています。
2000px-Wiktionary-logo.png
ユーモア欠落症患者のために、ウィクショナリーの語学ヲタクたちが「Wiki」の項目を執筆しています。
2000px-Wiktionary-logo.png
ユーモア欠落症患者のために、ウィクショナリーの語学ヲタクたちが「ウィキ」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「Wiki」の項目を執筆しています。

Wiki(ウィキ)とは、誰でも内容の改竄が可能なウェブコンテンツ形式である。アンサイクロペディアもその一つ。たぶんワイキキ・ビーチハワイ語のWikiWiki(速い、の意)とは関係ない。なぜならこのアンサイクロペディアが非常に重く処理が遅いためである。

概要編集

ある種のウェブサイトは、誰でも自由に内容を書き換えられることを知ったどもの歓喜の声で埋め尽くされている。どんなに有為なことを書いても無下にされ、どんなに無意味なことを書いても有意味にされてしまうため、そういったウェブサイトには常に「曖昧」なコンテンツしか存在しない。ユーモアの定義すら曖昧なのだ。つまり自由を標榜しながら、全く自由でないということである。

これらの特徴は全ての暇人と荒らし自慰の場所を提供するほか、無垢な児童に「インターネットにある情報は、全て信用に値しない」という極めて論理的かつ合理的かつ妥当な事実を教えるために存在している。しかしそれすら理解できないほどの愚か者は、このWikiに掲載された記事をもって自身の論拠としたがるため、しばしば失笑を買う。

この形式をもつウェブサイトの存在意義は、テレビゲームアニメ漫画ポップソング流行歌アイドルタレント写真週刊誌価値を掛け合わせた結果と同じである。もう少し有り体に言えば、「ゼロはナンボ掛けてもゼロである(0×x=0)」といえる。

ウィキペディアのような一部のサイトでは、常に有志が巡回することで記事の品質が保てるとして一定の質が維持されていると自称しているが、荒らしの根絶には程遠い現状を見れば、そのような主張が全くのでたらめであることが分かる。多くの宗教同様、人間は狂っているため真理に到達することが不可能なのは明白である。

これらのウェブサイトでは、ほとんど「砂の山を高くしようとして、麓から砂をすくって頂上に載せる」ような状態が続いており、常に一定以上の高みを達成できていない。どちらかというと、この砂山にどうやってトンネルを穿つかを考えたほうが、より建設的だと言えよう。

簡単に言ってしまうと、ウィキは駄目ということである。そう言いつつ、真面目に記述と議論を繰り返すツンデレの姿がそこにはあった。

ウィキのシステムの細部が未だに更新され続けていることからも明確なように、システムとしては永遠に実験段階にあるはずだったが、管理者側や荒らしはウィキ利用における曖昧なローカルルールを強引に行動の正当化のためにこじつけては「絶対真理」だと主張してやまない。NRVなどは最たるものである。そうこうしているうちに現実の世論が一部人種の仮想世界での発言に引きずられていくのは匿名掲示板の場合と同じである。

だいいち内容が曖昧であってもまず関係者以外は気にしない。中には歴史学のように毎年学説が覆されたり、テレビで独自研究がさも本当のようにたれ流されているものだってある。そんなことよりも、管理者側の関心は「連続投稿によるサーバーへの負担」にある。よって、記述を増やすことよりも、項目の削除の方が運営には歓迎される。これはもちろんシステムの方に欠陥があるのだが、責任は投稿者へたらい回しされる。システムがデジタルでも運営の頭の中はいつの時代も決まってアナログなのである。従って、記述をはじめるやいなや、記述側は犯罪者として認識され、運営側や荒らしはとなり記述側に命令したり力作を手荒に扱うなど好き勝手に振る舞う。

複雑に言うと、システムも駄目だが、人間の方がもっと駄目だということである。

「ウィキって略すんじゃねーよ!」論争編集

詳細は「Wikiって略すな」を参照

ウィキペディアの略称を巡ってウィキペディアンの間では論争があるのだ。

関連項目編集